ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
フィリピンスタディツアー感想文(第12回桜丘高校スタディツアー)  
2017.09.18.Mon / 19:14 
 
僕は初めてフィリピンに行き、自分が想像していた以上に現地の人が優しく、食べ物も美味しくて、一週間とても満喫しました。フィリピンに行く前は、両親からフィリピンは治安が悪いと言われ不安に思うところもありました。でも実際に行ってみたら、街がきれいで、車も普通に通っていて、これのどこが治安が悪いんだ、と思いました。

今回の目的だったマングローブの植樹をしました。初めてでしたが苗は想像してたより小さかったです。マングローブを土に植えるとき、地面がドロドロのため、植えるための穴が掘りにくかったです。短い樹林だったけど、フィリピン一番の思い出になりました。現地の人との交流は最初は緊張したり、会話がなかなか進まなくて仲良くなれたのかなと思いました。自分は人とのコミュニケーションが苦手でした。でも、少しずつ会話するたびにどんどん慣れてきました。この体験を生かし、将来海外旅行行ったときや、また新たな友達ができたときに積極的にコミュニケーションをとっていきたいと思います。

P9194416.jpg


フィリピンのスタディツアーで一番楽しかった場所はビーチです。なぜかというと、サンゴでできた島がすごくきれいで、海が透き通るような透明色でした。途中泳いでいるとき、流れ着いた木やカニや魚がいました。最後は、みんなで写真を撮ったり、ちょっとした遊びをしました。

たくさんのツアーや交流をさせていただきありがとうございました。次もこういう機会があれば参加したいです。
フィリピンスタディツアー感想文(第12回桜丘高校スタディツアー)  
2017.09.18.Mon / 13:33 
 
今回フィリピンスタディツワーに参加して日本と違うと思ったことは、フィリピンの人たちは皆んなとても親切で初めてあった僕にも色々と話してくれました。しかし相手との会話が全て英語なので、英語が喋れない僕は本当に会話が出来ませんでした、然しバーディーの子は頑張って僕に伝えようとしてくれました。フィリピンの人々の優しさを感じました。とても嬉しかったです!そして僕はを英語を頑張ろうと思いました。

タワー


そしてマングローブの植樹は思った以上に大変でした、一度壊した自然を元に戻すことはとても難しいという事が分かりました。このような活動がいかに大切かこのツワーを通して分かりました。この経験が今後生きていけばっと思います。

本当に有難うございます! (RM 記)

 
フィリピンスタディツアー感想文(第12回桜丘高校スタディツアー)  
2017.09.17.Sun / 10:00 
 
今回、私はこのスタディツアーを通して様々なことを学ぶことができました。

毎日新しい発見がありよく考え学ぶことができたと思います。最初の2.3日は自分の英語の聞き取りの上達やコミュニケーションの取り方がつかめたことを深く実感しました。

二日目DADDJISの学校へ行き彼らと初めて会った時日本との考え方の違いや生活の違いにはとてもおどろきました。バディの子と話したとき彼はとても英語が流暢で積極的に自分の気持ちを伝えてくれたのに対して私は簡単に伝えることしかできずとても悔しかったです。その日は聞き取るので精いっぱいでしっかり集中してないと聞き取れませんでした。

けれど三日目の有機農業体験や滝、神社、いちごを食べた時にはしっかり自分の意見や気持ちを伝えることができました。そして意識しなくてもバディの言葉や移動の車内でのIKAW AKOのスタッフさんの会話も自然と頭にはいってきました。

足跡


 四日目、五日目からは考え方の違いはもちろん環境の違いも深く実感しました。
四日目 この日はDADDJISのバディたちと会えるのは最後といわれていたのでみんなで最後の交流をしました。みんなでフィリピンで学んだことを共有したりもしました。

五日目のサンゴでできた島へ向かうとき車内から見た町の景色や人々の生活風景を見たときは何とも言えないものを感じました。日本人のように毎日時間に追われておらずゆったりと穏やかに流れているように感じました。

六日目は今回のツアーのメインとなるパガパットフェスティバルの日でした。

DADDJISのバディの子たちがサプライズできてくれ、一緒にマングローブを植えました。とてもうれしかったです。今回バディの子と植えた小さな苗を私はまたバディと一緒に見にいきたいです。


七日間本当に一日一日がとても濃くてあっと言う間でした。バディの子はわたしに「なぜ彼ら(先生方)は君をこの建物に連れてきたと思う?」や「君は今の話をどう思う?」「今の話を聞いてぼくはこう思ったけれど君は今の僕たちに必要なものは何だと思う?」などいつもこのツアーの意味や目的を思い出させてくれ痛感させてくれました。ただただ楽しいではなくありとあらゆるものからたくさんのことを学ぶことができました。ただの旅行ではなくこのツアーだったからだこそ出会うことのできた人たちや経験することのできたものがたくさんあります。本当に感謝しています。このツアーに参加できてよかったです。

ありがとうございました。
フィリピンスタディツアー感想文(第12回桜丘高校スタディツアー)  
2017.09.14.Thu / 09:31 

今回のスタディーツアーで学んだことはたくさんあります。

まずは、挨拶と感謝することの大切さです。
フィリピンで1週間過ごしてる中で朝起きたら「おはよう」と言い、相手に何かしてもらったら「ありがとう」と言う日常では当たり前のことでも大切だということを学びました。

次に伝えることの大切さです。
2日目にダジェスの学校でバディの子たちと初めて会って交流をしていく中で、バディの子と会話するときに英語でなんて言ったらいいかわからなかったり、「もっと言いたいことあったのにな…」とすごく悔しい思いをしました。この経験で、「もっと英語を話せるようになりたい」「もっと勇気を出して積極的に話したい」と思いました。

壇上


最後に、1番フィリピンに行って強く感じたことは、現地の人たちの笑顔や優しさです。
今回一緒にいてくれたバディの子たちは、いつも明るくて、たくさん話そうとしてくれて、一緒にいるときは必ず手を繋いでくれてたり、マングローブの所や山に行ったときには必ず手を貸してくれました。パガパットフェスティバルのときは泣いてお別れしてくれました。イカオアコの方達は、ずっと1週間お世話になって、いつも英語を聞き取ろうとしてくれて、本当に心広い方達でした。
毎朝作ってくれた朝ごはんも夜ご飯もすごく美味しかったです。

本当にフィリピンに行かしてくれた両親や先生に感謝します。また、シライ市に行ってバディの子たちやイカオアコの方達に会いたいです。
本当にありがとうございました。(MK 記)

 
フィリピンスタディツアー感想文(第12回桜丘高校スタディツアー) 
2017.09.13.Wed / 10:19 
 
今回フィリピンのスタディツアーに参加して、日本との様々な違いを知ることができました。僕自身、フィリピンに行くのは初めてで心配もあったけど、フィリピンの自然の美しさや人々の温かさを感じ、フィリピンへの印象が良いものに変わりました。

現地では一人一人バディがつき、一緒に活動をしました。全て英語で会話するので、言っていることが理解出来なかったり、伝わらなかったりするなど、大変な部分もありました。それでも、現地の人は一生懸命伝えようとしてくれたり親切にしてくれたりと、とても優しく接してくれとても嬉しかったです。

特別支援学級


また、マングローブの植樹をして、マングローブはフィリピンにとってとても大切なものだと実感しました。これからもたくさんの人があのマングローブを植えていかないといけないと改めて思います。

今回フィリピンに行って得た経験は日本では出来ない新しいものだと感じました。これからの世の中で、もっと世界のいろいろな国と交流していくなか、他国の文化を理解し合うことはとても大切なことだと、今回改めて気づかされました。この経験を自分の中で生かしていけたら良いと思います。 (KK 記)
フィリピンスタディツアー感想文(第12回桜丘高校スタディツアー) 
2017.09.12.Tue / 14:37 
 
今回のツアーに参加することができて本当によかったと思います。

1週間のプログラムを通して、言葉や食事、建物をはじめとするフィリピンの文化を学ぶとともに、現地の人との交流やマングローブ植樹のボランティアなど、とても良い経験ができました。

その中でも、わたしが一番心に残っているのはDADDJISの高校生たちとの交流です。なぜかというと今回のツアーに参加した目的のひとつとして、フィリピンの人との交流がしたいという思いがあったからです。

フィリピンの人たちは、英語を話すのがとても上手なので最初は聞き取るのに苦労しました。しかし、会話をする中でジェスチャーを使ったり、自分の知ってる単語を精一杯使って話すことで、少しずつ理解できるようになれました。

そして、最後には涙を流して別れるほど仲良くなることができました。このツアーで得た多くの人との繋がり。この繋がりを大切にして、これからも交流を続けていきたいです。
そして、このツアーで経験したことを少しでも多くの人に伝えていきます。

交流

最後に、Ikaw Akoのスタッフの方をはじめたくさんの人たちの協力のお陰でずーっと思い出に残るような1週間を過ごすことができました!
本当にありがとうございました。 (AI 記)
フィリピンスタディツアー感想文(第12回桜丘高校スタディツアー) 
2017.09.11.Mon / 16:02 
今回フィリピンのスタディーツアーに参加して私は、たくさんのことを学んだし、たくさんの経験もしました。

最初は、ご飯はどんなだろうとか英語がはなせるかとか友達ができるのかなど少し不安でした。けれどフィリピンのご飯はとても美味しくて安心しました。さらに英語は、聞き取れてない部分もありましたが、聞き取れたり自分が言ったことが通じたりするととても嬉しかったです。友達はダジェスの生徒の皆さんがとても優しくしてくれて自分も心を簡単に開くことが出来ました。

1日目は、ほとんど飛行機の移動でしたが、フィリピンについてイカオアコの方々が、待っていてくれた時自然と笑顔がこぼれました。
2日目は、ダジェスの生徒達と会いました。生徒の人たちは、ずっと笑顔で盛り上げ方も日本とは、全然違うなぁと思いました。日本では拍手が多い中で、フィリピンの人たちは歓声をあげたりしていて凄く心が和みました。ゲームも楽しんでくれて嬉しかったです。そのあとシティーツアーに行きましたそこではフィリピンの歴史を知りました。たくさんのことを聞きましたがいろんな事があったんだなぁと思いました。その中にエコバックの工場見学もしました。普段普通に購買に売っているエコバックは、こんなふうに作られていることがわかりました。ひとつひとつ人の手で作られていてすごく大変だということが分かりました。

3日目は、有機農業体験をする予定が雨で出来ませんでした。けど牛糞やいろいろなものが混ざっているものをまぜました。臭いがとても臭かったけど日にちがたったやつは、匂いがしなくてびっくりしました。その後ハイキングで滝を見に行きました。そこには、大きな自然が広がっていてとても綺麗でした。緑はいいなぁと思いました。でもすこし滑りやすく、道も険しくて大変でした。フィリピンでは珍しいイチゴも食べました。日本では、普通に売っているものがフィリピンでは、なかなか食べれないということにびっくりしました。私達は、本当に恵まれているなぁと実感しました。夜には、市民スーパーに行きました。スーパーの人は、少し怖かったです。

集合写真


4日目は、特別支援学級にいきました。そこには、障害を持った子がいました。けどみんな笑顔でとても楽しそうでした。叩いてかぶってジャンケンポンでたくさんの笑顔がこぼれていたのをみて嬉しかったです。その後フィリピンのゲームをしました。その時もずっと笑顔が絶えなくて楽しそうな雰囲気が私達も自然と笑顔になっていきました。その後は、少し時間が余ったのでペンションに戻りバディーの子達とお菓子を食べました。フィリピンのお菓子は、とても美味しかったです。その後は、外でゲームをしました。最初は、ルールが理解出来ていなくてどうすればいいかわからなかったけどすぐにルールがわかり、楽しることが出来ました。そのあとTシャツの後ろに名前とメッセージを書き合いました。なんだか別れが近ずいている気がして寂しい気持ちになりました。お別れをした後は、パガパットフェスティバルのダンス練習をしました。その後大きいモールに行きました。そこでは、何を買っていいかわからずウロウロしている間に時間が過ぎていました。けどなんとかお店を見つけることが出来てお土産を買うことが出来ました。そのあとみんなでスムージーを飲みました。とても美味しかったです。

5日目は、サンゴでできている島にいきました。いくまでにすごく時間がかかったけどついたら海がすごく綺麗で、感動しました。海では、たくさん遊びました。とてもしょっぱかったです。けれどみんなでワイワイ出来たことがとても嬉しかっです。日本では、絶対に見ることが出来ない景色だなぁと思いました。帰りも長い時間かけて帰りました。この日の夜ペンションでご飯を待っていると停電しました。私達は、とてもビックリしました。けれどペンションには、たくさんの懐中電灯や、ろうそくが灯されました。少し怖かったけど、いまでは、いい体験だったのではないかなぁと思っています!その日は、一緒に海に行った大学生の方々と一緒にご飯を食べました。最初は、緊張していたけれど大学生の方々が、気軽に話しかけてくれて緊張は、すぐにほぐれました。

6日目は、朝少し早く起きて集合をし、最後のダンス練習をしました。最終確認がおわり朝ご飯を食べ、パガパットフェスティバルの会場に行きました。そこでは、大音量で音楽が流れておりたくさんの人が集まっていました。時間が近づくにつれて人が増えていきました。そのあとは、植樹活動をしました。バディーの子達と木を植えて写真を撮りました。周りには、たくさんの人がいました。その中には、日本人の方々も沢山いました。植樹のところは、貝がいっぱいあって少し痛かったです。でも現地のひとは、素足で歩いてる人もいてビックリしました。その後会場にもどり、ツナサンドとジュースを貰いました。その後車で移動をして海に建ててある竹でできたレストランに行きました。そこでは、イカや魚などの料理が沢山出てきました。とても美味しかったです。その後また会場に戻りダンスコンテストに出るみんなで準備運動をしました。現地のダンスをみていよいよコンテストが始まりました。現地のひとは、とても凄くてビックリしました。自分たちの番が来て緊張していたけど審査員に人は、笑っていたり動画を撮っていたりしてビックリしました。バディーの子達が盛り上げてくれたおかげであまり緊張することなく踊ることが出来ました。その後は、現地の方々と大学生と一緒にゲームをしました。最初は、靴紐を抜いてまた元に戻すゲームでした。とても苦戦をしました。

Patag村


そのあとは、ストローをびんにさすげーむをしました。そこでは、1位になりましたとても嬉しかっです。商品のお米は現地の方々にあげて帰ってきました。ほかにもたくさんのゲームをしました。日本にはないゲームがたくさんありました。会場にいる人がすごく盛り上がっていていい雰囲気だなぁとおもいました。パガパットフェスティバルがおわり、バディーとのお別れをしました。お別れはとても辛くて涙が出てきました。また会えるといいなぁと思っています。その後最後の夕食を食べにレストランに行きました。そこでも軟体動物、甲骨類、魚介類がたくさん出てきました。とっても美味しかったです。そこで終了賞も貰いました。そこでは、1分間スピーチをしました。1分という短い時間でしたが思いを伝えれていたら嬉しいです。イカオアコスタッフさんからも言葉をいただきとても嬉しかったです。必ずフィリピンに戻ってこようとおもいました。その時スコールが降っていてなかなかペンションに帰ることができませんでした。無事にスタディーツアーを終えることが出来ました。

7日目は、朝食を食べ帰る準備をしました。日本に帰れる嬉しさもありましたが、フィリピンから離れる悲しさもありました。
今回スタディーツアーに参加して学んだことは、日本に住んでいるとなかなか感じられないことが沢山ありました。けれどフィリピンに行けたおかげで日本は、本当に発達しているなぁと感じました。日本人にとっては普通のことが、フィリピンでは、できないことが沢山ありました。けれどみんな凄く楽しそうで、とっても笑顔でした。ずっとおしゃべりをしていたりと日本では、あまり見られない光景でした。日本は、デジタル化が進んでいて歩いている人も携帯を見ていたり、会話がLINEや、メールだったりと話をしている人が少ないと思います。けどフィリピンの人は、ずっと誰かと話しているという光景多く見られました。ほんとにみんな仲がいいんだなぁと感じました。フィリピンスタディーツアーは、とてもいい経験になりました。(S.H記)
イチゴの産地「バギオ」に行ってきました 
2017.06.02.Fri / 11:23 
 
5月上旬に、イチゴ生産で有名なバギオへ視察に行ってきました。

国際協力財団の支援を受け、パタグの農家の4名と一緒でした。
彼らもイチゴ生産に興味を持っています。

パタグのBaliguwan Agro-Foresters Association は、JICA草の根技術
協力事業において、協力を行った住民団体(30名)です。主に環境保全に
焦点を当て、植林技術の移転、環境教育(高校生の植林活動への受け入れ)
と植林活動の連携、及びアグロフォレストリー有機農業の技術指導を
行っってきました。

住民1人1人の収入をさらに底上げするためには、有機農業と有機的に
結び付けながら、新たな取り組みとして付加価値の高いイチゴ栽培を
導入し、それを実行できる人材を育成することです。

パタグは高地であり、平均気温は23度で、イチゴ栽培に向いています。

バギオの大学が指導する農場では、農民の生計向上の目的が前面に出すぎて、
化学肥料に頼っている点や栽培技術の未熟さが目につきました。

バギオの苺


個人の有料農場では日本株を導入し、日本の肥料で6,000株を育成しており、
株が青々と育っていました。山を切り開き、莫大な投資を行っているよう
でした。この方法はパタグではマネができないと感じています。

3つ目の農場はイチゴや野菜を有機肥料で大規模に育てている優良
農家です。木酢も含めて有機肥料を自作しており、学ぶべき点が
多くありました。

パタグの農家は3番目の農家を目標にイチゴなどの果樹と野菜を
有機肥料で育て、それらを素材にして観光化も指向することを
ということを学んだ、すばらしい研修となりました。

パタグでは、これからビニールハウス4棟の建設が始まります。
★★ JICAプロジェクトの紹介とフィリピンスタッフとの交流会のご案内 ★★ 
2017.05.12.Fri / 19:30 
JICAプロジェクトの紹介とフィリピンスタッフとの交流会のご案内
    -イカオ・アコ設立20周年記念事業-

 皆様、いかがお過ごしでしょうか。環境NGO「イカオ・アコ」は設立して20周年を迎えました。皆様のおかげで、イカオ・アコはマングローブの植林の取り組みから、環境関係のプロジェクトをフィリピンにて展開できるようになりました。

 さて、来たる5月19日(金曜日)、名古屋にて標記のセミナーと交流会を開催します。ゲスト講師は、JICAプロジェクトにかかわって、HON. Constantino H. Reyes市長をはじめ9名のフィリピン人と、そして、みなさん参加者全員です。JICAプロジェクトでは、ごみの減量化に取り組んでいます。活動の報告をさせていただきます(通訳者配置)。

 後藤が簡単に20年の歩みを振り返ることができる資料を準備します。「イカオ・アコ」の会員と、今までイカオ・アコに関わりのない方、そしてフィリピンスタッフの間で、熱き想いをもう一度語り合いませんか。お友達、ご家族お誘いあわせの上、ご参加ください。宿泊施設手配をご希望される方は会場のグローカルにお問い合わせください。

 なお、お手数ではございますが、ご参加希望の場合、メールで倉田か、後藤までご連絡くださるようお願い申し上げます。

        記
1 テーマ:JICAプロジェクトの紹介とフィリピンスタッフとの交流会のご案内
              -イカオ・アコ設立20周年記念事業-
2 日 時:2017年5月19日(金曜日) 18:00~
3 場 所:グローカル 052-446-6694
名古屋市中村区則武1丁目21-3

4 現在の出席予定者:理恵・ハロルド+ゆうみ・あさこさん+お子さん2名・佐藤さん+お子さん2名・美紅・ジョージさん・田嶌さんご両親・平松先生・インターン応募中の中山さん・通訳の神田さん・マリ、後藤、大人14人+フィリピン人9人=23人、2歳以上3人2歳未満2人+トモトモ
第6回フォレスターズ・スクールで話題提供しました 
2017.04.02.Sun / 10:55 
 
ちょっと古い話ですが、オイスカ中部日本研修センターにて、講演させていただきました。
森林管理の実技もあるようです。

毎年、中部電力とタイアップして開催しておられるようです。

P3310298.jpg


表紙
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /