FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
マングローブウエディング の記事一覧
ブラボー!マングローブウエディング ~R.Iさんからの寄稿~ 
2010.11.19.Fri / 22:22 
 青い空に白い雲。

 そして緑に囲まれた西ネグロス州のバラリン村でマングローブウェディングに出席してきました。

IMG_1299.jpg

 車を止めて、 緑の木立の中を歩くこと3分。 目の前にマングローブの木が見えてきます。 そして、 陸とマングローブの木を繋ぐのは、 竹を縦に二つに割ってロープで編んだ手作りの橋ならぬ道です。 その道を5分程歩いて行くと展望台がありました。


IMG_1305.jpg

 そこには、 イカオ・アコのスタッフの方、 そして村の方々が用意してくださったチャペルならぬ心のこもった式場がありました。

 バージンロードには、 緑と白の風船が飾られていて、 新郎新婦が入場です。 誓いの言葉、 指輪の交換、 そして村の方が二人の首にロープをクロスしてかけてくださり、 おごそかな雰囲気の中、 滞りなく式が終了。


IMG_1307.jpg


  そして、 海の中へ新郎新婦と共に参列者も入場です。 広くどこまでも続く遠浅な海にマングローブの苗木を何本も植樹しました。 村の方達が程良く掘ってくださる穴に、 新郎新婦が仲睦まじくそして末永く幸せでありますようにとの願いを込めて植樹をしました。 その時見た二人の幸せいっぱいの笑顔が忘れられません。

DSCF4334.jpg



 この日植樹したマングローブの苗木が立派に成長し、 緑でいっぱいにしてくれるように、 新郎新婦も家族を増やし、 あたたかい家庭を築いてくれるようにと願います。

DSCF4346.jpg


 このバラリン村で、 村の方々のあたたかいおもてなしと笑顔に癒された私でした。 また、 チャンスがあれば是非、 訪れたい場所です。

DSCF4389.jpg


 二人の前途に、 幸多かれとお祈りいたします。
最高の幸せ ~マングローブウエディング~  
2010.11.18.Thu / 00:01 
【いつの日か自分の手で植えたマングローブの成長を見るために、結婚したら奥さん・子どもと一緒にバラリン村に戻ってきて欲しい】

IMG_8566.jpg

 この言葉は私が初めてイカオ・アコのツアーに参加した2001年に後藤先生が参加者のみんなに向かって伝えたメッセージだった。

 あれから9年・・・。

 イカオ・アコの初代現地駐在員としてフィリピンに約1年滞在し、大切な仲間と出会い、多くのことにチャレンジして、多くのことを学んだ。その後もイカオ・アコの副代表として、後藤先生と共に多くのことに取り組んできた。大学を卒業し、社会人になった後も会社の仲間の理解と協力を得ながら今日まで活動を続けてきた。


IMG_8569.jpg


 日本・フィリピンの仲間や家族、そして、イカオ・アコを支えてくれる多くの人々がいなければ、今の自分はないのは間違いない。自分自身の結婚という人生の節目に当たり、多くの仲間に感謝の気持ちを伝え、この幸せな瞬間を共有したいという想いがこのマングローブウエディングの始まりだった。

 
何より人生の伴侶となる妻にも自分が全力を尽くして取り組んできたイカオ・アコの活動を体感してほしい、大切な仲間に会ってほしいという気持ちがマングローブウエディングを実現に向け自分を動かしていった。

DSCF4291.jpg



 当日のマングローブウエディングでは、自分が植えたマングローブの中で、そして、大切な仲間・家族に見守られて、結婚式を挙げることができ、本当に幸せだった。

 DSCF4302.jpg


 当日は今まで見たことの無いような青空が広がり、これから始まる新しい人生の門出を祝ってくれているようだった。ウエディングの最中には様々思いが鮮明によみがえってきた。辛かったこと、嬉しかったこと、苦しかったこと、そして、何よりもみんな笑顔で過ごした日々。


DSCF4321.jpg


今まで熱く熱く走ってきてよかったと心から思えた。と同時に今度は自分の子どもが大きくなった時にお父さんの頑張った活動の証として、見せることが出来るように今後もイカオ・アコの活動を今より情熱的に頑張ろうと決意できた。

DSCF4326.jpg


 今回のマングローブウエディングについて語りだしたら、いつまでも語り続けられるくらい思いは尽きない。

 しかし、その中からどうしてもこの場を借りて伝えたいことがある。

 それは今まで私を支えてくださった皆様への感謝の気持ち。 

 このマングローブウエディングも現地駐在の倉田さん・奥村さん、現地スタッフのレオやレオの家族・アーミン、そして、多くの友人が支えてくれなければ実現しなかった。私の夢に賛同してくれて、現地で準備を進めてくれた仲間がいるから、こうして歴史的なイベントも実現できた。


IMG_1351.jpg


 私たちイカオ・アコの絆(日本―フィリピン)はバラリン村のマングローブのように力強く根付き、これからさらに大きく成長していくことは間違いないと確信できた。

【今まで大切な仲間がいるからこそ私は様々な困難を乗り越えて頑張ることができた!】

 そう、私の情熱のルーツは仲間なのです。本当にみんなありがとう!

IMG_9332.jpg



 そして、後藤先生。私は後藤先生と出会えた奇跡に感謝しています。後藤先生と過ごした日々のお陰で大きく成長することができました。後藤先生の自信作(教え子)第一号はもっと上を目指して情熱を原動力に挑戦を続けますので、今後ともよろしくお願いします。


IMG_1370.jpg



 最後に、私の妻へ。日本の結婚式でも披露されて驚きましたが、人生のパートナーとなる妻は、

【友人がNORIさんにとってのフィリピンは?】

と聞かれたときにこう答えたそうです。

【第二の故郷・情熱のルーツ・自分を見つめなおす場所】

 実はフィリピン行く前に全て見抜かれてたんですね(笑)。

 私の事を理解してくれて、新婚旅行の行き先にフィリピンを選んでくれた妻には本当に感謝しています。ありがとう!


 本当に幸せだった2週間。この幸せを今からの力に変え、明日から全力で走ります!!


<NORI記>
 
* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /