ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
マングローブの植樹 の記事一覧
イチゴの産地「バギオ」に行ってきました 
2017.06.02.Fri / 11:23 
 
5月上旬に、イチゴ生産で有名なバギオへ視察に行ってきました。

国際協力財団の支援を受け、パタグの農家の4名と一緒でした。
彼らもイチゴ生産に興味を持っています。

パタグのBaliguwan Agro-Foresters Association は、JICA草の根技術
協力事業において、協力を行った住民団体(30名)です。主に環境保全に
焦点を当て、植林技術の移転、環境教育(高校生の植林活動への受け入れ)
と植林活動の連携、及びアグロフォレストリー有機農業の技術指導を
行っってきました。

住民1人1人の収入をさらに底上げするためには、有機農業と有機的に
結び付けながら、新たな取り組みとして付加価値の高いイチゴ栽培を
導入し、それを実行できる人材を育成することです。

パタグは高地であり、平均気温は23度で、イチゴ栽培に向いています。

バギオの大学が指導する農場では、農民の生計向上の目的が前面に出すぎて、
化学肥料に頼っている点や栽培技術の未熟さが目につきました。

バギオの苺


個人の有料農場では日本株を導入し、日本の肥料で6,000株を育成しており、
株が青々と育っていました。山を切り開き、莫大な投資を行っているよう
でした。この方法はパタグではマネができないと感じています。

3つ目の農場はイチゴや野菜を有機肥料で大規模に育てている優良
農家です。木酢も含めて有機肥料を自作しており、学ぶべき点が
多くありました。

パタグの農家は3番目の農家を目標にイチゴなどの果樹と野菜を
有機肥料で育て、それらを素材にして観光化も指向することを
ということを学んだ、すばらしい研修となりました。

パタグでは、これからビニールハウス4棟の建設が始まります。
第6回フォレスターズ・スクールで話題提供しました 
2017.04.02.Sun / 10:55 
 
ちょっと古い話ですが、オイスカ中部日本研修センターにて、講演させていただきました。
森林管理の実技もあるようです。

毎年、中部電力とタイアップして開催しておられるようです。

P3310298.jpg


表紙
イオン環境財団から活動助成金 
2017.01.31.Tue / 19:09 
第26回イオン環境財団環境活動助成をいただくことになりました。
ありがたい話です。

採択団体名が新聞紙面にて紹介されますので、お見逃しなく。

【新聞】
①日本経済新聞朝刊
■掲載日:2月4日(土)
■エリア:東京本社版

②読売新聞朝刊
■掲載日:2月5日(日)
■エリア:全国
■掲載面:東京、中部、北海道、大阪、北陸、西部
地球環境基金は3年目 
2016.11.25.Fri / 21:18 
 
 28年度は持ち上がりの5年生に対して授業を行う予定でしたが、
エスタド高校とガストン分校では、5年生が開講されず、卒業することに
なりました。

 その代替手段として、今までの成果を取りまとめたESD教育
マニュアルを作成し、各高校で教員がESDを継続することにします。
どのようなマニュアルができるか、期待していてください。

 そもそもこのプロジェクトは山村における有機農業をベースとした
持続可能な開発を担う若者の育成を目的として、フィリピン西ネグロス州
ビクトリアス市の農村部に位置するエスタド高校及びビクトリアス高校
ガストン分校の農業専攻の生徒約80人を対象に、持続可能な開発の
ための教育(ESD)を実施するものでした。

 平成28年度は、教員マニュアルを作成し、教員向けのセミナーを行い、
教員が高校でのESDを自主的に実施できるように指導・モニタリングを
行います。

 配布する際には、マニュアルの趣旨や利用方法を説明するための
セミナーを開催する予定です。

 3年目は、地域にESDを広める事業目的を達成するために、新しく
CPSU(フィリピン中央州立大学)と提携して事業を進めます。

 フィリピン中央州立大学(CPSU)は、市内唯一の農業の高等教育・
研究機関です。CPSUで有機農業ビジネスプランコンテストを行い、
有機農業に関する起業に興味を持ってもらうようにします。本大学の
試験農場を整備し、簡単な土壌調査が行える実験器具を提供しています。

 12月には日本で成果報告会があります。
佐野高校スタディツアー感想文(18) 
2016.01.30.Sat / 10:00 
2015年11月10日(火)~15日(金)5泊6日で
佐野高等学校 国際教養科の生徒さん合計77名が
スタディツアーでネグロスに来てくださいました!


<ツアーを通しての感想>
Oさん/女性

 フィリピンの修学旅行で一番楽しかったことは友達ができたことです。友達と市内観光したり植林したりしました。お別れ会でたくさんプレゼントをもらったことも嬉しかったです。また、ホストファミリーと過ごした時間も楽しかった。ホストと一緒に市場やBata地区遺産や教会に行ったことが楽しかったです。ホストのお父さんが作ってくれた料理はおいしかったです。
 また、印象に残っていることは授業の前や食事の前にお祈りをしていたことです。私も二回教会に行きました。フィリピンの人はみんな優しく、初めて会った私たちのことを「家族だ」と言って温かく接してくれました。
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /