ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Patag村植樹&日本神社・スカイライン落成式 
2011.05.10.Tue / 10:16 
5月2日、パタッグ村で、JICAプロジェクトの一環として、植樹イベントを行いました。

日本から、代表・副代表・他2名が参加してくださいました。
また、協力隊の菅野さんもお手伝いに来てくださいました。

IMG_2091.jpg
バリグアンまでの道のりは波乱万丈!
一番に滑ってくれたのは、副代表ののりさんでした(笑)

IMG_2099.jpg
BAFAのメンバーとペアになって植樹

IMG_2104.jpg
BAFAのメンバーは、新しいおそろいのユニフォームで!

約1時間で300本の苗木を植えることが出来ました。


昼食後は、日本神社とスカイラインの落成式。
日本神社はトムさんからの寄付金、周辺のランドスケープ・看板等はJICAプロジェクト、エコツーリズムの一環で建設されました。

IMG_2114.jpg
市長、村長、ネグロス州環境局の局長、シライ市観光課スタッフ、イカオ・アコ代表・副代表が参加しました。

IMG_2119.jpg
副代表から市長へひしゃくの贈呈

プロジェクトマネージャーからプロジェクトの説明を行った後、市長、村長、環境局長、代表からお祝いの言葉を頂きました。

IMG_2136.jpg
スカイラインは少し離れているので、写真で紹介しました。

IMG_2144.jpg
BAFAのメンバーもそろって・・・

落成式の後は、空いた時間で「森林の機能」についてBAFAのメンバーへレクチャー

IMG_0578.jpg
つたない講義を真剣に聞いてくださいました・・・

さて、まじめな会はここまで。
夜は、交流会で盛り上がりました。
BAFAは12月に誕生したばかりの新しいグループ。
JICAプロジェクトに協力してくださっています。
今回は、イカオ・アコとBAFA絆を深めるために、友達の助けも借りて、楽しい交流会を企画しました。

第1部では、挨拶のほかにBAFAから、ダンスと歌の披露がありました。

IMG_2175.jpg
おばちゃんたちが、元気いっぱいに踊ってくれました。

IMG_2183.jpg
おじちゃんも負けていません。マイク無しでもギターと歌の披露!!

第2部は、おもしろミニゲーム大会。
身近にあるものを使って出来る、ユーモアあふれるゲームをBAFA×イカオ・アコで行いました!

IMG_2196.jpg
ペーパーダンス

ペアになった二人が、音楽にあわせて紙の周りで踊ります。
音楽が止まったら、二人とも紙の上に乗らなくてはいけません。
紙を半分ずつに折っていき、、、最後までクリアしたペアの価値です!

IMG_2204.jpg
ジャパニーズウォーク

わきの下、股、あごに段ボール紙を挟み、右手にさらに1枚もって、うちわのようにして仰ぎながら歩きます。
少し離れているところにあるいすを周ってきて次の人にバトンタッチ。
ですが、途中で紙を落とすと最初からやり直しになります。
O脚の日本人にとっては、難しいゲームです・・・

IMG_2216.jpg
プランティングライス

まっすぐに並べて立てたジュースのビンにストローをさしていきます。
いすを周って帰りは、ストローをとって次の人に渡します。
このゲームは、日本の運動会でも似たようなのがありますよね!
唯一このゲームだけ、イカオ・アコチームが勝ちました!!

こんな感じで、大爆笑のうちに夜は更けていきました!!!

(マ)
スポンサーサイト
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトPatag村植樹&日本神社・スカイライン落成式のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。