ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
58回植樹ツアーの体験(58T.Oさん) 
2010.08.28.Sat / 11:51 
904.jpg 904-2.jpg
 
私は、正直なことを言うと、フィリピンに行くまでとっても不安でした。英語が喋れなくて話しかけてきてくれないんじゃないか、日本人ということで警戒されるんじゃないかなど、他にもたくさんの不安がありました。しかし、フィリピンの子達がたくさんよってきてくれて、一緒に遊んだりしているうちにその不安はなくなりました。完璧な英語じゃなくても、単語を言えば通じたし、話さなくても自然と打ち解けられました。

正直、フィリピンに行くまでは、ぜんぜんフィリピンの事を知りませんでした。勝手なイメージで、貧しくて、かわいそうな国だと思っていました。行ってみて私は貧富の差に驚いてしまいました。日本人のような生活をしている人もいれば、私のイメージしていたのよりひどい生活をしている人もいました。でも、かわいそうだと思っていたのは間違いで、貧しくてもほとんどの人が笑って、楽しそうに生活していました。

マングローブ植樹や観光の時に一緒だったフィリピンの学生の人たちや、子供たちのことは一生忘れません。植樹をしたり、一緒に遊んだり、私のあやふやな英語を真剣に聞いてくれたり、とても優しい人たちでした。

フィリピンでは、植樹もそうですが、日本では体験できないような貴重な体験をたくさんしました。日本にはないような形のフルーツを食べたり、生きたニワトリをさばいたり、ジャングルの中の道がないようなところを歩いたり、いろいろなことをしました。とくに、ニワトリは改めて食べることの大切さを感じました。

植樹では、現地の人たちに混ざって楽しく植樹をすることができました。英語ばかりだったので、最初は分からなかったけど、だんだんわかってきて、植樹がとってもたのしくなりました。

まだまだ沢山の素敵な思い出があって、書ききれません。ただ、一つだけ言えるのは、行ってよかったです。後悔はないです。フィリピンに行くまでは、「英語は通じるかな」などという心配をしていたのに、向こうに行って思ったのは、「英語が出来ないのが何なんだ、心があればいいじゃないか。やろうと思えばなんだってできる。」という考えに変わりました。また機会があればフィリピンに行って子供たちと遊んだり、植樹をしたりしたいです。

 
スポンサーサイト
* テーマ:イベント情報 - ジャンル:ビジネス *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト58回植樹ツアーの体験(58T.Oさん)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。