ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
個人ツアー ネグロス・ボホール横断プラン ボホール編 
2010.07.31.Sat / 17:26 
ネグロス・ボホール横断ツアー ボホール編です。

12日シライーセブータグビラランーパングラオと移動して、パングラオのアロナビーチ、ココグルーブに宿泊。ここは、このロケーションにしては格安の宿です。4人部屋1500ペソ、2人部屋800ペソです。コテージに分かれているのでプライバシーも確保。節約派におすすめの宿です!

13日、14日は、念願のダイビング!2人はライセンスあり、1人はライセンスなしだったので、体験ダイビングということに。ライセンスありの2人も久しぶりだったので、リフレッシュダイビング(ファンダイビングの前に基本を復習する)から。

IMG_6926.jpg
ダイビングの合間のお昼の時間。

ダイブマスターは、第55回ツアーのときにお世話になったエマールさんと、彼のいとこのマティさん。2日間、合計4回ダイビングをしたあと、すっかり仲良しに。14日の午後にウバイまで送ってもらうことに。

IMG_6938_20100730172350.jpg  IMG_6949.jpg
ギリギリの時間でしたが、何とかターシャとチョコレートヒルを見ることができました。

ウバイに着いたのは7時くらい。遅くなってしまったので、ダイブマスターの二人もウバイに泊まることに。

15日は、タグムサール村での植樹。ダイブマスターの二人は、植樹地まで送ってから帰るつもりが、なんと植樹にも参加することに。川をボートで移動して、新しく作ったニッパハットへ。

IMG_6964.jpg

ここでご飯を食べたりお昼寝をしたりして1日を過ごしました。4時になってもまだ潮が引ききらなかったのですが、覚悟を決めて植樹を開始。肩まで水につかりながら植樹をしました。水の中に沈んだ苗木を手探りで探しながらの植樹。こんな植樹は私も初めてでした(笑)

IMG_6988.jpg

1時間くらいで私たち4人は、4本しか植樹できませんでしたが、エマールさんは24本も見つけたそうで、そのすごさに、エマ師匠という称号が与えられました。


16日は、トリスレイエス島での植樹。
この島での植樹は、NPO法人WITHさんとの協力で行っており、1年間で1万本分の苗木代等をWITHさんからいただいています。

この日は朝ゆっくり過ごし、お昼ご飯の後、島へ。

IMG_7045.jpg  
引き潮の時間が遅く、待ちながら植えるという感じでした。

IMG_7035.jpg
待っている間に、学校へ。すごく景色がきれいなところに学校があるのです!

IMG_7058.jpg
引き潮を待っている間、砂山を作ることに。子供たちを横目に「負けへんで~」と大阪弁でガンを飛ばしながら山を作っていました。しかし、子供たちの勢いはすごく、1山作っている間に、3つも4つも作っていました。負けてないのは気合だけ!?

IMG_7062.jpg  IMG_7065.jpg

最後にみんないっせいに並んで植えましょう!そして、植え終わってからおやつを配りました。
この日は、潮が引ききらなかったため、2700本以上用意された苗木のうち200本くらいしか植樹できませんでした。

この日は島に泊まりました。夜は蚊と戦いながらも、1時間くらい星空を眺めていました。チラホラですが、蛍も見られました。


17日、張り切って早起きをして植樹地に行ってみましたが、残念ながらまだ潮が引ききっておらず、一度家に戻って朝食。食後植樹地に戻りようやく本格的な植樹へ。子供たちが一生懸命苗木を運んで一緒に植えてくれました。子供たちはみんな一斉に動くので、なかなか効率よくは行かなかったのですが、一緒に植えてくれるので、すごくかわいかったです。

IMG_7093_20100730180132.jpg IMG_7087.jpg

9時半くらいまで粘りましたが、あと900本くらい植え残りました。しかし、帰りの飛行機の時間が迫っていたため、帰ることに。手伝ってくれた子供たちにおやつを配りお別れ。

島をあとにし、タグビラランへ。タグビラランに着いたら大きなデパートに。みんなから、「このギャップが信じられない」という感想。確かに、電気も水もない島から、エアコンの効いた大型ショッピングセンターへ約3時間で移動したんだから、そう感じるかもしれません。

IMG_7105.jpg

ショッピングを大急ぎで楽しんだあと、空港へ。私は空港に先回りしていたのですが、大きな買い物袋を持ってきたのにびっくり。お土産かと思いきや、島の子供たちへのお土産でした。子供たちのために短いショッピングの時間にお菓子を買ってくれたあゆみさんたちの優しさにしばし感動しました!

IMG_7109.jpg

最後は涙のお別れ。すごく内容の濃かった、1週間の思い出が頭をよぎったのでしょう。8年間、いつか帰ってこようと思っていて、ようやく帰ってこれたフィリピン。思う存分楽しんだ3人は、次の人生への飛び立っていかれました!

ありがとうございました!!!

*おまけ*
3人からいただいたお菓子を、7月29日にトリスレイエス小学校で”Nutrision Month”のプログラムのときに配らせていただきました。

IMG_7672.jpg  IMG_7671.jpg

子供たち・保護者の人たちにいきわたり、子供たちの笑顔が見られました!!

*イカオ・アコでは、このようなツアーのアレンジを行っています。お気軽にお問い合わせください。あなたにぴったりのツアーをアレンジします!

(マ)
スポンサーサイト
* テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
個人ツアー ネグロス・ボホール横断プラン ボホール編のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /