ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボホール・ウバイ市・トリスレイエス島を視察しました! 
2010.01.07.Thu / 10:51 
1月6日ボホール州ウバイ市ファティマ村トリスレイエス島に行ってきました。

IMG_1150.jpg
船から島を望む

この島に行くのは通算で3回目。(まだ3回目なんだ)
小さい島なので、島のほとんどのところはもう歩きつくしました。
一周は約4km、マングローブで囲まれている(いた)小さい島ですが、
約300人ほどが暮らしています。

なんか聞いたことがあると言う人、そうです、先月ボランティアを募集していました。
http://negros.blog48.fc2.com/blog-date-200912.html#794
幸い、私の大学の後輩たちが興味を持ってくれて、任務を引き受けてくれました。
なので、この募集は締め切りです。
無償(すべて自己負担)のボランティアはまだ受け付けますので、興味がある人はご連絡下さい。

この島でも、3世帯が私たちのプロジェクトに興味を持って、苗木作りを始めてくれていました。
市役所の担当者からは、この島は村の人を教育するのが大変だろうと言っていたので心配していましたが、
とりあえず数人でも興味を持ってくれているということはいいことです。
これから少しずつファンを増やしていきましょう。

IMG_1172.jpg
3家族で作ったナーサリー

ということで、学校へ突撃。
まずは子供から。
幸い、先生たちも興味を示してくれて、協力してくれそうでした。
お昼前、子供たちが変えるところに出くわした私は、プレゼントがあるから午後にまた学校に来てね。
と伝えました。

そのあと、お昼が待っていると思ったら、携帯が壊れていて連絡を受け取っていなかったようで、
これから食材を買いにいって料理をすることに。
めっちゃおなか減っていたから、泣きそうだったけど、ないものは仕方がない。
そこで、子供たちにあげようと思っていた折り紙を折って時間をつぶすことに。

IMG_1187.jpg
やっと出てきた食べ物。ゆでバナナとハムの缶詰。

お腹がすいている時は何でもおいしい。

IMG_1192.jpg
次々と出てきた。けど、バナナでもうお腹いっぱいだった。

これは、Tさんに寄付してもらった折り紙なんだけど・・・
久しぶりに折り紙なんてやった・・・
折り紙は日本の心ですね。
幼稚園の時毎日のように折っていた。
牡丹色が一番好きな色だった。

そんなことを思い出しながら、もくもく通り続けました。
作品たちです↓
折り紙

1年生から6年生まで一つずつ作ろうと思って、なんとか6個作りました。
2時間くらいかかった・・・

でも、基本を知っているから、何とかできるものですね。
子供のときの経験も無駄にはなっていない!

ここは6学年で先生が3人しかいない。全校生徒は90人強。
2学年が1つの教室で勉強していました。

3・4年生の教室から。

これは何かな?
答えてくれた人に、折り紙をプレゼント。

IMG_1208.jpg
3年生には、クジラ。4年生には、バナーフィッシュ。

IMG_1212.jpg
1年生には、金魚。2年生には、タツノオトシゴ。

IMG_1226.jpg
5年生には、イカ(笑)。6年生には、クジャク。

何気なく選んだけど、1年生から6年生まで、私が作った順番でした。
クジャクが一番苦労した・・・

5・6年生へメッセージ。
「私は、ご飯を食べてからクジャクを作ったよ。おなかが減っていたらこんなことはできなかった。みんなも勉強する前はまず何かを食べてから始めなさい。そして勉強が終わったらよく寝なさい。勉強したことが頭に残るように。」
これはおじいちゃんの言葉。
「腹が減っては戦はできず」「よく遊びよく学び」「寝る子は育つ」

私が言いたかったこと、子供たちに伝わったかな・・・

子供と戯れたあとは、海へ。

生計向上支援プロジェクトの一つとして、グソ(海藻)の養殖が提案された。
そこで、実際にやっているところを見ることに。
船で養殖場へ出て、シュノーケルで観察。
なるほど、ビニールに海藻をくくりつけただけのシンプルな養殖。
めちゃめちゃ簡単だ。私にもできそう。

IMG_1238.jpg
グソファーム

そのあと、30分くらいシュノーケルで海を観察。
フィンがなかったので、手でこがないといけなかったからちょっと疲れたけど。
あまり移動せずに、そこにいる魚を観察。

ところが、ほとんど魚はいなかった。
見つけたのは10種類くらい。
食べられなさそうな小さい魚ばかり。
ま、浅いから大きい魚はいないだろうけど、それにしても寂しい海だ。
年末のシキホールと比べたら天国と地獄の差。
この海も、きっと昔はサンゴでいっぱいだったんだろうなと思うと、寂しい。
私たちのプロジェクトが少しでもサンゴを取り戻す手助けになればいいなと思う。
以下、見られた魚とカニの一部を紹介。

IMG_1265.jpg

IMG_1271.jpg

IMG_1281.jpg

IMG_1290.jpg

IMG_1296.jpg

5時になって、もう帰る事に。

IMG_1304.jpg
同行のスタッフと一緒に。

IMG_1313.jpg
絶景の夕日。

IMG_1316.jpg
夕食は市長さんと。

IMG_1319.jpg
これがグソです。おいしいし、化粧品の原料など工業材料にもなるそう。

More pictures here!
http://picasaweb.google.co.jp/kuratamari/TrisRayes

(マ)

おまけ:
夜は、8時半~10時半までテニス…!
ボホールはテニスが盛んです。
11歳のキッズと組んでダブルス。
めっちゃ真剣勝負。
スコアはなんと タイブレーク(8-8)までいって、6-6の引き分け。
こんな試合初めてだ!!!
今日もやるので、今日こそは勝ちたい!

IMG_1325.jpg
ペアを組んだキッズ

IMG_1326.jpg
キッズの父親たちと
スポンサーサイト
* テーマ:環境 - ジャンル:福祉・ボランティア *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトボホール・ウバイ市・トリスレイエス島を視察しました!のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。