ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
現地ボランティア募集 
2009.12.10.Thu / 11:08 
南の島で、村人と一緒にマングローブの苗木を作るボランティアを募集します!

フィリピン・ボホール島のウバイ市からボートで約15分の電気の通っていない小さな島、トリスレイエス島。かつて、3人のレイエスさん(王)によって所有されていたプライベートの島ですが、今ではあちこちから流れ着いた人々が近海での漁業を生活の糧に村の暮らしを営んでいます。この島には電気がなく、学校も小学校までしかありません。人口は約300人、そのうち約半分は小学生以下の子供たち。出産年齢が低く、多産のため、子供の人口が多くなっています。しかし、漁業以外の仕事がないため若い働き盛り層は外へ出て行っているといういびつな人口構成です。島の主な産業は、天然の魚に頼る漁業です。人々は、漁に出ている時以外は他に仕事がないため、住民どうしで賭け事をしたり、お酒を飲んだりして過ごしています。

この島は、かつて島一周マングローブの森で囲まれていました。しかし、人々が現金を得るために密伐を行った結果、島を守っていた森が消滅しつつあります。この村では、人々がまだマングローブの大切さを知りません。今後、イカオ・アコとWITHが共同してこの島で植樹を行っていこうと考えていますが、その基盤を作るためには、現地の人々と生活を共にし、苗木作りを行うことなどを通して現地の人々にマングローブの大切さを伝えることが必要であると考えます。

そこで、この島に1ヶ月ほど住み込みでボランティアを行ってくれる方2名程度募集します。条件は以下のとおりです。皆様のご応募をお待ちしています。


活動地:フィリピン・ボホール州・ウバイ市・トリスレイエス島及びその周辺

対 象:環境問題・国際協力に関心のある若者(大学生以上)

募集人数: 2名 (友達通し2名で応募していただけるとありがたいです。男女は問いません。)

資 格:TOEIC600点又は英検準2級程度以上の英語力がある又は、タガログ語又はセブワノ語が話せること
(資格はお持ちでなくても、英語で自分の意思を伝えることができればOKです。)
*現地の日常語は、セブワノ語です。

期 間:1ヵ月以上2ヵ月未満、2009年1月~3月の間

内 容:現地の東屋に住み込んで、現地の方々と身振り手振りのコミュニケーションで、マングローブの大切さを伝えること。マングローブの苗床・苗木作りを現地の人と一緒に行うこと。現地と日本との友好関係を築くこと。

待 遇:航空券・査証更新費用はイカオ・アコが負担します。宿泊場所は、イカオ・アコが提供します。始めの1週間程度、駐在員が現地で研修を行います。

選考方法:履歴書と志望動機をイカオ・アコの事務所までE-mailで提出してください。責任感があり、村の生活になじめ、体力と忍耐力のある方を歓迎します。


その他詳しい条件等は、お問い合わせ下さい。

NPO法人イカオ・アコ
〒470-3295 愛知県知多郡美浜町奥田 日本福祉大学内
代表:後藤順久
TEL:0569-87-2319
FAX:0569-87-2319
E-Mail:mha01557あっとnifty.com
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
現地ボランティア募集のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /