ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マングローブ植林セミナーin ラサール大学 
2009.07.22.Wed / 11:52 
7月20日、21日マングローブの植林に関するセミナーがラサールで開かれ、BAMPAとイカオ・アコも招かれました。シパライ出張が入っていたので、21日は参加できませんでしたが20日だけ参加してきました。

ラサール大学はバコロドでも有名な私立大学です。そこが、社会貢献事業として、植林事業を考えているそうです。マングローブもその一つで、はじめてみたけどなかなかうまくいかないということで、Primavera先生を招いてセミナーを開こうとしたそうです。植樹予定地のポンタタイタイ(バコロドとバゴの行政区界にあるバランガイ)の村役場の人たちとBAMPA、そしてラサールのこの事業の担当者が参加していました。

午前中が講義で、午後からバラリンの私たちのサイトに来て苗木作りのデモンストレーションとサイトビジットをしました。プリマベーラ先生に私たちのサイトを見に来ていただけるというのがすごく嬉しかったです。

先生は、こんなに古いパガパット(マヤプシギ)の植林地は初めて見たと感動しておられました。バラリン村には、1990年に植樹されたパガパットの森があります。そして、2002年からイカオ・アコとしてもパガパットを植えてきました。フィリピンの各地では、マングローブの植林といえば種を採るのも植えるのも簡単なバカウ(ヤエヤマヒルギ属)が植えられていたので、パガパットの植樹地は本当に少ないです。プリマベーラ先生の講義でも海岸線にはバカウを植えるなを強調されていたので、それを実践している私たちのサイトに感心されたと思います。

私が去年からやってきた苗床作りと苗木の育成は正解でした。

先生はもっと大きい苗木を作ることを薦めていました。私もそうしたいのですが、BAMPAのメンバーは早く収入を得たいので、最初に指導した時よりも段々苗木の集め方がルーズになってきています。やはりセオリーはあっても実践は難しいなと痛感しています。

今新しい苗床を作っている途中なので、それができたら私のできる分だけでも大きいポットに移して大きい苗木作りに挑戦してみようと思っています。

苗木が十分に育っていないので、次回のツアーでは植林本数が大幅に減ると思いますが、あまりがっかりしないで下さい。少しずつでも確実に育てていくことが大切です。せっかく植えても育たなかったら意味がないので、しっかり育った苗だけを植えようと思っています。苗木が育つまでは、みんなで海をきれいにする作業を頑張りましょう!


P7200405.jpg
講義をするプリマベーラ先生

P7200406.jpg
受講生たち。バンパのメンバーも。

P7200410.jpg
日本・ネグロス友好の橋を渡るプリマベーラ先生

P7200413.jpg
苗木の採り方を実演

P7200419.jpg
集合写真

P7200421.jpg
泥に足をとられる先生

(おまけ)

P7200424.jpg
5月に植えた苗木。強い風にも耐えて生き残っています。

(マ)
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
--海をきれいにする作業も楽しみです--

50回ツアーに参加します。
木を植えるだけでなく 海をきれいにする作業も楽しみです。
テレビで見た有名な先生にイカオ アコの植林地
を見てもらったなんて すごいですね。

- from とちぎ -

   非公開コメント  
スポンサーサイトマングローブ植林セミナーin ラサール大学のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。