ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パナイ島での植林プロジェクト 
2009.07.22.Wed / 11:47 
7月17日 隣の島パナイ島に行ってきました。
マングローブの植林活動家で有名な、Dr. Primavera Jurgenne先生がZSLというイギリス系のファンドをとってマングローブの植林事業を始めたところで、その新しいプロジェクトサイトを見学に行くのに参加させてもらいました。

私は、Primavera先生の書かれたものをたくさん読んでいて、自分の植林に関する考え方も近いので、活動家としてとても親しみを持っています。とても有名な人だけど、活動に参加させてもらえてとてもありがたかったです。

セオリーはイカオ・アコとほとんど同じで、コミュニティーオーガナイジングとナーサリーエスタブリッシュメント(地域の人を巻き込むことと苗床を作って苗を育ててから植林をすること)ですが、それプラスウェーブブレーカーというプロセスを考えておられます。

外洋に面した植樹地は波に当たり苗木が流されていきます。また、波や風で砂が削られたり運ばれてきたりします。そこで、何かバリアを作って、その中に砂がたまるのを待って、ある程度海面からの高さを確保できたところで、マングローブを植えるというものです。このセオリーは、理論的に考えたらとてもよさそうですが、砂がたまるまで半年以上待たなければならず、バリアーの建設費用もとても高くついてしまいます・・・しかし、やっぱり海岸に植樹しようとしたらそれくらいじっくり時間をかけて少しずつ増やしていくしかないのかなと感じました。

その場所は波が直接当たり、土手がどんどん下がってきているところです。本当の昔からすると、海岸線が100mくらい削られてきたそうです。その証拠に波打ち際にマングローブの大木が。(本来は一番海に近いところは塩分が高いので樹高があまり伸びない)大地の営みはすごいですよね。島と島を分ける力です。こう考えると、マングローブだけで海岸線を守れるのか・・・という思いに駆られてしまいます。

そしてもう一つの問題は、その波打ち際ぎりぎりに人の営みがあることです。家やリゾートが建っていて、農地があって、、、マングローブを植えて育てるなら、ビーチリゾートはあきらめなくてはなりません。(マングローブが大きくなったら林の中にレストハウスを建てるとかはできるけど・・・)でも、マングローブを植えたい、海岸線を守りたいと思っているのは私達外部者で、海岸線に住んでいる人はビーチリゾートで儲けたい、海の近くに住んで魚を採りたいと思っているのだから、安い植樹コストで確実にマングローブ林を作れる場所には植えれず、お金をかけて少しずつ増やしていくしかないのです。マングローブが増えて利益を受けるのはそこに住んでいる人のはずなのに・・・

プリマベーラ先生も、海岸線に植えるのはよくないとおっしゃっているけど、実際に植樹を予定している場所はやっぱり海岸線なんだということに少しがっかりしました。セオリーはすごくいいんだけど、やはり土地問題のコンフリクトは有名な先生でもなかなか解決できないんだということを思い知りました。


P7170349.jpg
まずは、LGU(市役所の職員と打ち合わせ)

P7170350.jpg
こちら、どれが壊れて自然にマングローブが戻ってきている養殖池。

P7170353.jpg
その外側はすぐ海。こんなところに植えようとしています。
ちなみに、この海藻が吊り下げてあるのは何かと思ったら、エビを呼び寄せるものらしいです。夕方になったらこの下にエビが集まってくるらしい。

P7170366.jpg
ここはリゾートになっているところ。このリゾートぎりぎりに植えるか?でもプライベートの土地だから、、、

P7170373.jpg
海岸に打ち寄せられたマングローブ(ヒルギダマシ)の種。ゴミもすごい。後ろは波で後退した土手。

P7170375.jpg
岩の間から力強く生きているマングローブ(ヒルギダマシ)

P7170379.jpg
先生が3ヶ月前に植えたマングローブ。砂がかぶっていくつかは死んでしまった。

P7170398.jpg
マングローブの大木の前で。こんな大木が海岸線ぎりぎりに。土がだいぶ洗われて根っこがむき出しになっていた。


(マ)
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトパナイ島での植林プロジェクトのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。