ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JICAプロジェクトサイト視察(5月)前編 
2009.05.29.Fri / 00:15 
遅くなりましたが、
5月13日と14日にJICAのプロジェクトサイトである西ネグロス州南側、シパライ市の方面へPEMO(西ネグロス州環境局 Provincial Environmental Management Office)と一緒に視察をしてきたので報告します!長くなりそうなので、今回は前編のみです!

朝5時に家を出発し、数時間 車に揺られて、
まずは植林予定のカワヤン群カリリン村へ。

P5130033.jpg 200つの苗木はバラリン村から。

前日のPEMOとの会議で、潮の満干が書かれてあるカレンダーにそって、「午前中は満潮だ」と主張したのに対し、PEMO側は「大丈夫!地元の人が大丈夫って言ってたから!」と断固として主張し午前中に植林をする予定になったのですが、
実際行ってみると…
DSCF4069.jpg 泳げるほど…w

思いっきり満潮でした。
地元の人たちはそれでも植林しようとザブザブ海の中に入っていったのですが、断念せざるをえないという結果に。。

そのため、その日は植林せずに周辺の以前に植林したところを視察するのみにとどまりました。

それにしてもフィリピンの人は、服が濡れるのも気にせず、どんどん水の中に入っていっていました。
気温がとても高いこともあり、太陽もさんさんとしているので服がすぐに乾くからか!?とびっくりです。

P5130066.jpg こんなに大きくなりました

この日に植林はできなかったものの、2月のツアーで植えた苗木は順調に育っていることがわかりました。

ここの植林のメンバーからは、とてもやる気が感じられ、そして笑顔でフレンドリーだったことがとても印象的です。

実際、次の日にPEMOの職員と地元の植林メンバーと一緒に再チャレンジすることになっていたので、14日にまた訪れたのですが、地元のメンバーだけで早朝の干潮時に植えてくれていました!マングローブを植え保全していくことの大切さを、地元の人も理解し実践してくれているのは、このような活動をしている私たちにとってとても心強いことだなぁと思いました。


このような感じで始まったPEMOとの2日間のプロジェクトサイトのモニタリングで不安もいっぱいでしたが…
続きはまた後編で◎

(A)
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトJICAプロジェクトサイト視察(5月)前編のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。