ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無人島ダンフガン 
2009.02.28.Sat / 10:26 
ネグロス島カワヤンの沖合いに浮かぶ無人島「ダンフガン」は自然豊かな島で、現在は保護区となっています。陸も海も多様な生物が暮らしています。

私はこの島に10回程度訪れていますが、毎回、自然の豊かさに心洗われています。また、そこで悠久の時間を感じることができます。島に入ってしまえば、波の音と鳥の鳴き声だけです。

年間の訪問者は150名程度ですから、イカオ・アコのツアーでのウェイトは大きいです。

では、早速、写真で紹介していきましょう。

無人島といいながら、タイフーンビーチに宿泊施設があります。
この写真は食堂です。このようなコテージが数棟あります。

食堂

このタイフーンビーチの真正面に夕陽が沈みます。
この日は雲があって、ベストショットではないですね。

タイフーンビーチの夕陽

島に入れば、島の自然についてのオリエンテーションがあります。
同時通訳つきです(笑)

オリエンテーション

地図を見てもらったら、ラグーンがいくつかあるのが分かりますね。
上から2番目のラグーンで、2回マングローブの植樹を行っています。
水位が高くて、生育には難しいところですが、残った苗がどんどん大きくなっています。
以前に参加して植樹した方には懐かしいかな。

第2ラグーン

島をエコツアーできるトレッキングコースが整備されています。
この写真はタボンビーチから沖合いを見たところ。
真正面がイカオ・アコ島です。初上陸した日本人が写っています。

イカオ・アコ島



右端がマンタ島、夕方5時にマンタがやってくるんです。
ダイビングポイントとしても非常に面白いところです。

海の様子を撮影したかったんですが、防水機能のカメラの海水が浸入。
オシャカになりました。

海中の写真は後日、マリリンが掲載してくれるはずです。

海水が浸入

 




スポンサーサイト
* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト無人島ダンフガンのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。