ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第46回マングローブ植樹ツアーの感想(Tさん寄稿) 
2008.12.09.Tue / 13:34 
 
「陽気ですね」
BAMPAの皆さんとの夕食会で参加者の一人が、村人たちをこう言いだしました。
その通り、来て良かったでしょう。

dinner for 40 people

自分は、イカオ・アコの役員ではありませんが、このツアーと陽気なフィリピン人達を自慢したくなりました。自分も陽気な性格に少しでも近づきたいと思いました。

 植樹はヒルギダマシを植えました。BAMPAの方が穴を作って、小学生と一緒に楽しく植えましたが、計画より植える間隔が近くなってしまったそうです。少しでも多く生き残って育ってほしいです。

いつものポーズ

植樹地のゴミは、手前側でだいぶなくなりました。ゴミを集める袋を持って歩いてもしばらく使わなかったくらいです。でも大きくなった木には、ビニールが絡みついていました。特に植樹地の奥側はひどい状況で異様な光景です。取りきれなくなって、たくさん残して帰ってきました。

この続きと、木に付着している藤壺をBAMPAの皆さんに定期的に頑張ってもらわなければなりません。植樹ツアーの日程にゴミ拾いとメンテナンスがあることは、良い企画だと思います。

 地元の方の家での朝食も良い思い出です。前日のセミナーの参加者が大勢いて、食事の準備をしていました。小さい子供をずっとあやしている人がいて、たぶんその人の子供ではないと思いながら、尋ねてみたら思った通りです。いったい、ここは誰の家で、あの子はどこの子供で母親はどこにいるんだと思いました。

 村を歩いていると、年頃の娘さんまでもが庭で昼寝をしていて、そこいらをヒヨコが歩き回っているのどかな光景を見かけました。プライバシーがどうのと言っている日本とは、ずいぶん違う生活だと思いました。

 バラリン村からペンションに戻るバスの中では、旅行中の出来事を振り返って、良かったとつくづく思いました。楽しい植樹ツアーでした。

 
スポンサーサイト
* テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト第46回マングローブ植樹ツアーの感想(Tさん寄稿)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。