ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マングローブの二酸化炭素吸収量 
2008.10.06.Mon / 17:20 
温室効果ガスに、二酸化炭素だけでなく、メタンガス、フロンガスなども含まれていますが、二酸化炭素が、他の温室効果ガスに比べて、量が大きいため、二酸化炭素をターゲットに削減策が講じられています。

産業革命以降、人間の諸活動により、大気中の二酸化炭素は確実に増え、1860年ころの270ppmが、現在は400ppmに迫る勢いです。この増加の勢いは、とどまることを知らず、今後さらに増える予測になっています。

ネグロス島での植樹風景

そこで、京都議定書の中にある、二酸化炭素排出の削減策のひとつに、カーボンオフセットがあり、さらにその中に植林の手段があります。

実はマングローブ植樹は地球温暖化の防止にも貢献しているんです。
マングローブは日中、太陽光線を受けて空気中の二酸化炭素を吸収し、炭素と酸素に分解し、炭素は内部に固定化(蓄積)し、酸素を空気中に排出しています。
そのマングローブが、どの程度の二酸化炭素を吸収するのか、定量的に把握する作業が実施されてきました。

でも、マングローブといえども200近くの種類があるといわれるので、吸収量の定量化は難しい作業となります。

日本の森林で、1haあたり、二酸化炭素換算で10~20トン/年といわれますが、マングローブはこの数値を上回っている可能性が大きいです。マングローブに関する関西総合環境センターの研究成果では、1haあたり6.9~12.0トン/年(炭素換算)という数字が出されています。二酸化炭素換算では、25~44トン/年になります。

別のプロジェクトの計画書を見ても、二酸化炭素換算で17トン/年という数字が使用されています。

P5300509.jpg

イカオ・アコもマングローブの植樹で、カーボンオフセット効果を推計する際には、25トン/年という数字を使います。

小難しい話を書きましたが、未来の地球のためにマングローブを再生させようと言うことです。

ということで、マングローブをあなたも植えませんか!!
スポンサーサイト
* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

マングローブ・・知れば知るほどおもしろいですね!!!

もっともっと植えなきゃ!!!!!

- from あゆみ -

--植樹行為--

環境問題にだけ焦点を当てた場合に、日本から15万円もお金を使って植樹に行く意味が有るのでしょうか?
マングローブ一本当たりの植樹コストはいったい幾らなのでしょうか?
正確なコストを公表する機関が無いのは何故なのでしょうね?
私なら15万円寄付して現地の人を雇っていただいて植樹していただきたいのですが・・・。
いかがでしょう?

環境教育なんて公務員的発想は無しで考えてます。

- from momo -

----

拝見させていただきました!
応援ポチッ!!!

- from サトシ -

   非公開コメント  
スポンサーサイトマングローブの二酸化炭素吸収量のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。