ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第45回植樹ツアーに参加して(E.Iさん) 
2008.09.01.Mon / 16:33 
 
私は今回のツアーで、日本ではできない多くのことを経験することができたと感じています。マングローブに関する知識はほとんど持ってはおらず、ただ「学生のうちに何かしたい!!」という思いだけでこのツアーに参加しました。環境問題については、以前に愛・地球博の記念イベントボランティアでエコマネーセンターのブース担当になったことがきっかけで興味を持つようになり、そのことが、私がイカオ・アコのツアーに参加するもうひとつの理由になりました。

歓迎


出発前は多くの不安を抱えていました。参加者のほとんどが高校生で、彼らとうまくコミュニケーションがとれるのかどうか、初めて行く土地で現地の人と上手にかかわれるのか、衛生面や治安は大丈夫かなど、挙げればキリがありませんでした。しかし、実際に一週間過ごしてみると、そんな不安はまったく必要なかったことに気づきました。

空港に到着したときには、これからどんな一週間になるのだろうと、不安と期待で胸がいっぱいでした。そんな私を現地スタッフの方々が温かく迎えてくださり、とても安心したのを覚えています。夜に行われた食事会でも、現地スタッフとたくさん話すことができました。慣れない英語での会話だったので、とても戸惑いましたが、コミュニケーションをとることができたため、自分の英会話力に自信を持つことができました。その夜、別れるときに手を振りながら私の名前を呼んでもらえたのがとてもうれしかったです。

無人島から帰還


翌日、無人島へ行く途中に食堂に立ち寄り、フィリピンの人々が普段食べている食事と同じ物を食べました。虫がたくさん飛んでいて驚いたと共に、日本がどれだけ清潔な国なのかを痛感し、自分がとても恵まれた環境にいることに気付きました。また、無人島は、保護されている地区だけあって驚くほどの自然で溢れていて心安らぐ時間を過ごすことができました。人生初めてのシュノーケリングも体験することができました。日本の海は水が濁っていてあまり行きたいと思うことがありませんでした。しかし、今回泳いだ海は水が透き通っていてとても感動しました。普段は見ることのできない魚をたくさん、手を伸ばせば届きそうな程のとても近い距離で見ることができ、それだけでもこのツアーに参加してよかったと思いました。

一緒に植樹した人たちと

いよ今回のツアーの最大の目的、マングローブの植樹です。目的地に着くと既に海水が満ちてきていてきちんと植樹できるか不安になりました。しかし、現地の方々が植樹をする間、ずっと手を握って私を先導して下さったおかげで無事に植樹を終えることができました。この翌日・翌々日の植樹も現地のガールスカウト・ボーイスカウトや小学生の力をかり、無事に終えることができました。みんなとても積極的に交流をはかろうとしてくれたので、すぐに仲良くなることができました。パガパットフェスティバルもチームで協力して植樹することができました。しかし、想像以上のゴミの量に驚きました。初めてバラリン村で植樹をしたときからゴミが多いと感じていたので、できるだけ多くのゴミを拾いました。

ボーイスカウトとともに

このツアーで、私たちが与えられた豊かな生活と引き換えに決して豊かとはいえない生活をしている人々がいることに気づきました。破れた服を着て、壊れかけたサンダルを履いている人を何人も見ました。でも、みんないつも笑っていてフィリピンは「心の豊かな国」なんだと思いました。フィリピンにいる間は日本にいるよりも楽しく過ごせたように思います。また機会があれば、フィリピンへ行きたいと思っています。日本にいても常に環境のことを考えた生活を送ろうとも思っています。そうすることによって、私の知らないところで誰かが少しでも幸せになってくれたら、と願っています。

このツアーに参加できた私は、本当に幸せ者だと、日本にいる今感じています。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト第45回植樹ツアーに参加して(E.Iさん)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。