FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
原点回帰  (M.Sさんからの寄稿) 
2008.08.18.Mon / 21:47 
 イカオ・アコのツアーに初めて参加したのは今から7年前。ちょうど大学三年生の八月だった。

 それから数多くのツアーを経験し、今では副代表として一つのグループを引率するまでになった。この第44回のツアーは自分自身にとって、スケジュールをみた瞬間からかなり思い入れのあるツアーであった。それは自分が初めてフィリピンの大地を踏みしめた時のツアーとほぼ同じスケジュールだったからである。その瞬間から私はこのツアーに対する自分自身のテーマを『原点回帰』と決めていた。

IMG_3608.jpg




 何度となく植樹ツアーに出かけている私でも初めて経験することはツアーの度にある。今回、私の心に一番印象深く残っているのは2日目に行ったワークショップであった。今までミーティングは幾度となく実施してきたが、参加者と現地の人々が腰を据えてじっくりと議論したのはおそらく初めてであろう。




 私自身も7年間続けてきた活動には人並み知れぬ思い入れがある。原点に戻ってもう一度その想いを参加者・現地の人々にどうしても伝えたかった。


IMG_3601.jpg


 私はイカオ・アコの活動において一番重要なのは、英名にも入っている通り、パートナーシップすなわち信頼関係だと考える。この活動は日本人のものでもなければ、現地の人のみのものでもない。お互いが共に手を取り合い、創り上げていってこそのプロジェクト。『植樹されるマングローブはみんなの友情の証』それをみんなに伝えたかった。

IMG_3895.jpg



 今、マングローブが育っているのも11年前から今日に至るまで植樹活動に携わってくれた日本人参加者や現地の人々がいるからである。現地の人々との信頼関係があってこそ今のイカオ・アコがある。何事にも誠実に取り組み続けるという後藤先生の姿勢こそが今のイカオ・アコを作り上げたと、このツアーを通して再認識することが出来た。



 環境保護活動において重要な事・・・。それは誠実に取り組む事、そして、信頼関係があって成り立つプロジェクト・組織である事。これが原点に戻ってこのツアーで見つけた私自身への答えである。


 もう一度、ツアーで見つけた答えを心に刻み、夢に向かって自分自身がしっかりと羽ばたいていけるように更なる情熱で一歩一歩しっかりと人生を歩み続けていきたい。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

土居氏が亡くなり、Jamora氏が退職されてもますますご活躍のご様子に深い感銘を受けています。
若い勢力が育って嬉しくおもいます。

- from hirosawa takashi -

----

コメントありがとうございます。

 私自身生前、土居さんとお会いする事は出来ませんでしたが、その意思を受け継いでこれからも活動していきたいと思っています!!

 これからも宜しくお願いします!!

- from NORI -

   非公開コメント  
原点回帰  (M.Sさんからの寄稿)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /