FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
農業大学校の取り組みを視察 
2008.07.17.Thu / 10:35 
16日に提携を予定しているカワヤン市にあるNESCA(Negros State College of Agriculture)カワヤンキャンパスに行ってきました。この大学では、農業と畜産業を教えるコースがあるそうです。(林業科は廃止になってしまったそうです)カリキュラムの中に、コミュニティーオーガニゼーション(日本語に訳すと住民団体組織化支援???)という科目があって、2007年の10月からマングローブの植林に取り組んでいるそうです。そこで、イカオ・アコと提携ができないかというお誘いをPEMOからいただき、さっそくミーティングと視察に行ってきました。

P7160091.jpg
これがメインの教室棟です。
P7160101.jpg
教室が足りないため、ニッパハット(自然素材を使った掘っ建て小屋)も教室として使われています。
P7160102.jpg
これがマングローブの植林を行っているクラスです。右手前が先生。

P7160111.jpg
少し大学内を見学。畜産科では、ヤギ・水牛・豚・鶏などが飼われています。生まれたてのヤギ、ついかわいくて撮ってしまいました。

P7160124.jpg
これは何の花でしょう???


緑色で、ねばねばしていて、白い種が入っている、、、


オクラです。

P7160127.jpg
ここが去年植林したところ。割と大きくなっているのですが、葉の色が黄色っぽく何となく不健康な感じでした。土壌が悪いのかな・・・

P7160138.jpg
河口です。ちょうど引き潮でした。植える所がたくさんあるように見えますが、満ち潮の時はかなりの水量があります。また洪水も多いそうです。川沿いには、かなり大きなBungalonとPagatpatがはえていましたので、まずは苗を育成し、台風の季節が過ぎてから植林にかかろうということになりました。

P7160143.jpg
元気な学生たち。他の子たちは授業で来れなかったのですが、全部で56人の学生がこのコースをとっているそうです。

P7160148.jpg
(マ)
スポンサーサイト



COMMENT TO THIS ENTRY
----

倉田さん頑張ってるみたいですね★忙しくてブログまだ全部読めてないけど、ちょくちょく拝見させて頂いてます♪

フィリピンは国全体で土地管理の制度が未発達、といったことをよく耳にします。そんな中では、はっきり境界線をひいてこの範囲の人で協力しましょう、というコミュニティーで集団としての協力って上手くいきにくいんじゃないかなぁ、と想像しています。

コミュニティーオーガナイゼーション。きっとこれからのフィリピンにとって重要な役割を果たす学問領域(?)なんじゃないでしょうか。皆が何を学び何を目指しているのか、また機会があればお話を聞かせて下さい★

- from まつばら@杉良 -

----

まつばらくん書き込みありがとう!!!
土地管理か、、、ネグロスではあまりそのような問題はきかないけどね。結構古くからスペイン人の大地主が農地として管理していて、それが農地改革で労働者に分け与えられつつある(与えられるはずがまだできていないところもある)という感じなので割と所有者ははっきりしていると思うよ。

でも、ここにはクラブメンタリティー(カニ精神)という表現があって、這い上がろうとするものの足を引きずろうとする人がいるから、その面でコミュニティーオーガナイゼーションは難しいと思います。これは日本でもある話ですけどね。出る杭は打たれるって…

今度大学に行った時にその科目についてもっと詳しく聞いてみますね。

- from Mari -

   非公開コメント  
農業大学校の取り組みを視察のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /