FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
42回植樹ツアーの感想 
2008.02.27.Wed / 13:39 

42回植樹ツアーは、行程の途中からの参加でしたが、参加者やスタッフに温かく迎えられて、始まりました。日本からの参加者は、陽気な元気の良い人達で、もうすでに皆でバロットを食べたと聞いてたくましい人達だと思いました。積極的にフィリピンの人達に話しかけて、楽しく交流している姿を、自分も見習いたいと思いました。

バロット


バラリンでは、以前に植えた苗木が沢山生き残っていて嬉しくなりました。今まで見た中で一番良い状態だと感じました。地元の人達、看護学生、ガールスカウト、子供達と一緒に楽しく植樹できました。フィリピンの人達の会話は、ほとんどわかりませんが、楽しそうな会話や笑い声が飛び交う中で、片言の英語で話したり苗木を手渡されたり、一緒に作業することが、とても楽しかったです。

バラリン村


シプニーでシライからバコロドに行ったことも良い思い出です。ジプニーの中で、シライ市の職員が、突然、胸に十字を切る仕草をして、何かと思っていたら、教会の前を通ったと教えられました。式典でもお祈りがありますが、彼女の突然の行為で、自分にない、何かがあると感じました。同時に、私達の何気ない行動でキリスト教徒に失礼なことがなかったか気になりました。

バラリンで一緒に植樹した看護学生が、忙しい中、クロージングプログラムに来てくれました。来るだけで有り難いのに日本人参加者全員がお土産をもらいました。イカオ・アコの活動で出会うフィリピンの人達は、心の優しい良い人達だといつも感じます。

看護専門学校の学生たち


このイカオ・アコのツアーでとても良い経験をしました。多くの人が参加して、マングローブの植樹活動とフィリピンの人達との友情が、さらに発展すれば、良いと思います。

充実した楽しい植樹ツアーでした。参加して良かったです。

(Tさんの寄稿)

 
スポンサーサイト
* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
42回植樹ツアーの感想のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /