FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
カオリンのフィリピン特派員報告 その2 
2006.11.19.Sun / 10:49 
 
ドマゲッティはのどかな町ですが、決して静かな町ではありません。なぜなら、ドマゲッテイはトライシクルの町だからです。

フィリピンの乗り物を代表するようなかっこいいジプニーはここでは見かけません。都市部ではジプニーが走っていますが、ドマゲッティのような小さな町ではトライシクルが主流です。

トライシクルとはバイクの横にお客さんを乗せるためのカゴをつけて走る乗り物。最大で7人は乗れるようです。このカゴにどうやって7人も乗れるのでしょうね。さすがに7人も乗れば馬力はでず、大きなエンジン音をたてながら、頑張って走ります。

万博開催時に名古屋市内で自転車版のトライシクルのような乗り物がエコロジーな乗り物として走っていたようですが、ここドマゲッティでは生活にかかせない乗り物です。もちろん、バイクなので街中は排気ガスだらけ、とてもエコロジーとは言えませんが…

乗り方は簡単。タクシーのように手で合図すれば止まってくれます。あとは行き先を告げるだけ。

乗ってしまえば、目的地まで連れて行ってくれます。ただ、乗り合いなので時々とんでもなく遠回りをすることも…。 値段は近距離なら1人6ペソ(15円くらい)。遠くへ行く場合は交渉次第です。

暑い気候なので、ちょっと先に行くにも気が滅入ってしまいそう。歩いて行ける距離でもついついトライシクルを使ってしまうんですよね。

トライシクル




この写真を見ても分かるように、ドマゲッティの道路はトライシクルで埋め尽くされています。信号のない町なので、道を横切るのは至難の業です。堂々と走るトライシクルとクラクションのなかをかき分け、歩行者が通ります。

そんな町にもこんな便利なものが作られました。
ピカピカの歩道橋です。そんなに広くはないこの道路に歩道橋が架かるということは、それだけ交通量が多いということですよね。

歩道橋ができた!




これで渋滞も防げて歩行者も安心して横断できると思ったものの、実際使っている人は少ないようです。住民にとってみれば、トライシクルの間をくぐって道を横断するほうが、歩道橋を渡るより簡単なことのようですね。


まだ19位です!!ベストテンまでもう一息

  ↓↓↓↓↓

このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。
スポンサーサイト



* テーマ:海外こぼれ話 - ジャンル:ニュース *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
カオリンのフィリピン特派員報告 その2のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /