FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
カオリンのフィリピン特派員報告 その1 
2006.11.18.Sat / 08:57 
以前、駐在をしてくれたカオリンが特派員として、10月から11月にかけて、約1ヶ月間、現地の状況をつぶさに調査してくれました。

その報告の一部を皆さんに披露します。

---------------------------------------
以前の記事で紹介していただきましたが、先日フィリピンのドマゲッティという町へ行ってきました。3回ほど、ツアーで植樹を行った場所ですね。常夏の空の下、私が見てきたことについて少し報告します

ドマゲッティはネグロス島の東側ネグロスオリエンタル州の州都。バラリン村のある州とは反対側の州にあります。言葉も、バラリン村やバコロドではイロンゴ語ですよね。こちらはセブ島と同じセブアノ語という言葉を話します。バコロドからは、バスに揺られながら大きな山を越え、サトウキビ畑を抜け、6時間ほど掛かるんです。

州都とはいってもドマゲッティは、ちょっとダウンタウンへ出掛ければたいてい友達に出くわしてしまうような小さくてのどかな田舎町です。周囲には美しいビーチがあり、海岸沿いの遊歩道では学生たちがおしゃべりをしているのを見かけます。

見どころ、といえば町の中心に広大なキャンパスを持つシリマン大学でしょうか。フィリピンは教育システムが日本とは異なり、小学校6年、高校4年、大学4年というのが一般的ですので大学でも制服のある学校が多いのですが、私立であるシリマン大学は日本の大学のように自由な校風というのが特徴ですね。有名な大学で学部も多いので、特にアジアからの留学生がたくさん勉強に来ています。ダイビングでも有名な町なので欧米からの観光客も多いですね。ドマゲッティは外国人の多い町です。

町を歩けば、明るくてフレンドリーな地元の方たちが、「アニョハセヨ!」とか、「コンニチハ!」とか声をかけてくれますよ。

3年前植樹ツアーに参加されたみなさんは、町で一番大きなスーパーにお土産を買いに行ったのを覚えているかと思います。当時は2つほどしかスーパーはありませんでしたが、今は町のあちらこちらで新しいお店が開き、多くの人で賑わっています。郊外には巨大ショッピングセンターも建設中のようです。町全体がますます発展していくという大きなエネルギーや人々の活気を肌に感じながら、久々のドマゲッティでの滞在を楽しんで来ました。


まだ19位です!!ベストテンまでもう一息

  ↓↓↓↓↓

このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。


フィリピン中部重油流出被害緊急支援のお願い
おかげさまで義援金が80万円を突破しました。200万円が目標です。詳細はこちら

振込口座
 三菱東京UFJ銀行 武豊支店
 普通 3702322
 名義 「フィリピン中部重油流出被害緊急支援」
スポンサーサイト
* テーマ:海外こぼれ話 - ジャンル:ニュース *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
カオリンのフィリピン特派員報告 その1のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /