FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
日本の食生活の豊かさの裏に 
2006.11.16.Thu / 09:26 
 
昨日は、日本の経済発展と途上国の環境破壊の結びつきを簡単に紹介しました。

今日は、日本人が食べるブラックタイガーというエビの話です。これがまた、途上国の環境問題と密接に結びついてるんですよ。

スーパーなどで販売されている冷凍エビを見てください。ブラックタイガーと表示されています。

このエビは、東南アジアの養殖池で育てられ、現地で加工され、冷凍されたまま日本に輸入されています。原産国を見ると、インドネシア、タイ、ベトナムなど、東南アジアの国名が印刷されています。

その養殖池が問題なんです。エビ養殖のため、マングローブ林が切り払われ、池が造成されたんです。フィリピンのネグロス島はエビの養殖の盛んな島でした。数年たつと、エビの病気が蔓延してエビの養殖は全滅です。

20060825000051.jpg



そして、養殖池は打ち捨てられたままなんです。マングローブ林に戻す取り組みはまだまだ少ないです。

50年前まで全島に広がっていたマングローブ林は、養殖や薪の採取などで90%以上が姿を消しました。

こうしたことが、東南アジアの沿岸部で起こっている事実なんです。

日本人はエビの消費が世界一だそうです。でも、それが定着したのはここ2、30年のことです。かつて日本人がエビを食べたのは、お祝いのときだけでしたから。

手前が植樹したマングローブ


日本の食生活が、途上国の環境に直結しているのは、ブラックタイガーに限ったことじゃないです。果物、野菜、なつめやしなど簡単に想像がつくはずです。

自分の食生活から、環境問題が見えてくるということですね。



まだ19位です!!ベストテンまでもう一息

  ↓↓↓↓↓

このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。


フィリピン中部重油流出被害緊急支援のお願い
おかげさまで義援金が80万円を突破しました。200万円が目標です。詳細はこちら

振込口座
 三菱東京UFJ銀行 武豊支店
 普通 3702322
 名義 「フィリピン中部重油流出被害緊急支援」
スポンサーサイト
* テーマ:お魚料理 - ジャンル:グルメ *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
日本の食生活の豊かさの裏にのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /