FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
名古屋国際センターが発行しているNIC NEWSに掲載されました 
2019.02.10.Sun / 15:14 
 
2019年2・3月号に私のインタビュー記事が掲載されましたので、一部を紹介します。
うまく原稿をまとめていただきました。

紙面

----------
-自然環境を守ることで現地の人の生活も守りたい-

【村の振興と環境保護はリンクしている】
:
代表を務める後藤順久さんは現地フィリピンが抱えている課題について「アジアで一番の経済成長率があっても、貧富の差が一向に埋まらない」と語ります。収入源となる産業のない村は、身近にある森林を伐採して町へ売りに行く。木々がなくなり、環境は破壊され、村人はますます貧困化していく。負のスパイラルを断ち切るために団体が力を入れて取り組んでいるのが、マングローブの植林、そして有機農業の普及です。1997年の団体設立当初から続けているマングローブ植林は、通算150万本を超え、ネグロス島バラリン村では森林再生に留まらず豊かになった樹林をめぐるエコツーリズムを実現。
:
:
【ミスコミュニケーションの連続。それでも、楽しい!】
「現場はいつもコミュニケーションがかみ合わないことだらけ」という後藤さん。「村人に鉢1つに対し、苺の苗は1つだよと教えても、たくさん収穫したい気持ちからいくつも苗を入れてしまう。で、後で私がひとつひとつ抜いたりね(笑)」

自らの姿勢を見せて、根気強く指導していくスタイルを貫くこと20年。続ける理由も「現地の村人たちの笑顔が素敵」と返答は軽やか。昨年からは大学教授の職を辞め、イカオ・アコの活動に専念しています。「結果として報われることも嬉しいですが、現地の自然に、そして何より人に癒されるんです」と、やる気の源について笑顔で語る後藤さん。言葉には活動地への愛がにじんでいました。



スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
名古屋国際センターが発行しているNIC NEWSに掲載されましたのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /