ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
佐野高校スタディツアー感想文(6) 
2016.01.18.Mon / 10:00 
2015年11月10日(火)~15日(金)5泊6日で
佐野高等学校 国際教養科の生徒さん合計77名が
スタディツアーでネグロスに来てくださいました!

<ツアーを通しての感想>

Kさん/女性
 このスタディツアー、得たものがかなりたくさんありました。普通の修学旅行じゃきっと得られない、そんなものです。海外は三回目、東南アジアは初めてでした。これまで行った国とは違ってまだ発展しきれていない。そういう面でワクワク、でも少し不安もありました。
 現地校に着いたとき、そんな不安は一瞬にして消え去りました。生徒さん達の輝かしい笑顔と皆からの温かい歓迎で、ネグロス島、STAでの滞在に楽しみしか見えなくなりました。歓迎会で現地の生徒さん達のパフォーマンスを見て、今度は佐野高校の番。私はダンスと落語をしました。ハプニングはあったけれど、たくさんの声援を受けて嬉しかったです。
 その後の授業体験やプレゼンテーションをしました。長年英語を学んでいるとはいえ、その難しさに直面。でも、生徒さん達に私の英語を褒めてもらえました。信じられなくて、でもとても嬉しかったです。小さい頃から学ばせてくれた両親に感謝です。
 放課後には、ホストファミリーの子と、その友だち、とそこの佐野高生とで遊んで、きれいな星を見たりもしました。最後の夜、寂しさのあまり涙が、、、。その時、そこに一緒にいたSTAの先生が、「フィリピンと日本に一時間しか時差がないのなら、僕達は同じ夜を過ごして、同じ空と同じ星を見ているんだね。僕達は一緒だよ。」と言ってくれました。たった二日しか滞在していないのに、すごく優しく温かくしてくれました。そしてネグロス島を発つ時にはまた涙が。もう一度戻れるなら戻りたい。そんな貴重で素晴らしかった思い出です。
 その後、私たちはセブへ行きリゾートを楽しみました。その時でもfacebook等でみんなメッセージを送ってくれました。でもやっぱりさみしいです。今すぐにでも会いたいです。フィリピンで、そんな友だちがたくさんできて良かったなあと心から思っています。
 このスタディツアーで私はたくさんのものを得られました。貴重な思い出や、大切な友だち。絶対に他の高校生が体験できないすばらしい体験ができました。それをさせてくれた佐野の先生方、決して安くない旅費を出してくれた両親、協力してくれたSTAの子たちはじめ現地の方々、そして国際教養科の仲間たち、みんなに感謝です。ここで得たたくさんのものを無駄にせず、大切にしていこうと思いました。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
佐野高校スタディツアー感想文(6)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /