ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐野高校スタディツアー感想文(5) 
2016.01.17.Sun / 10:00 
2015年11月10日(火)~15日(金)5泊6日で
佐野高等学校 国際教養科の生徒さん合計77名が
スタディツアーでネグロスに来てくださいました!

<ツアーを通しての感想>
Mさん/男性

 私はこのツアーを通して人を思うということの大切さを改めて学びました。
 STAに到着するまでのバスの車内で、私はとても緊張していました。なぜなら私にとって英語で会話するということは簡単なものではなかったからです。パートナーと二日間楽しく過ごせるのだろうかと少し不安もありました。
 バスが到着し、体育館を見たとき私の中から不安や緊張という感情は消え去っていきました。たくさんの生徒が大きな歓声をあげて私たちを迎えてくれたことに私はとても感動しました。
 歓迎会の後、パートナーと初めて会いました。彼は笑顔で私にあいさつをしてくれました。私はつたないながらも自己紹介をしました。英語でコミュニケーションすることが楽しいとその時心から思いました。
 シライ市観光では日本とは全く異なる文化などを学ぶことができました。日本人の爆撃などにより教会が壊されたと聞いたとき、少し複雑な気持ちになったのを覚えています。それにも関わらず、私たちを歓迎してくれたことが嬉しかったです。
 放課後、ホームステイ先で近所の友達と散歩に出かけました。少し歩くとバスケットコートがあったので、みんなで楽しくプレーをしました。家の近所にコートがある環境がうらやましい限りです。日が落ちてからも、家の外で歌ったり、踊ったり、コインマジックをしたりして遅くまで楽しく過ごしました。
 ホストファミリーの皆さまはとても私たちに優しく接してくれました。もう少し英語の能力が私にあれば、きちんとお礼の言葉を言えたのにという後悔の念が残りました。
 翌日、少しだけ授業に参加しました。もちろん、すべて英語で行われていたため、話を聞き洩らさないように必死で受けました。
 その後のプレゼンテーションは、予想をはるかに上回る盛り上がりに私はとても嬉しかったです。持ち時間を忘れるほどに舞い上がっていたことは秘密です。
 午後からのスポーツ大会で、特にチーム赤の子たちとの距離が縮まりました。二位という結果でも楽しかったので満足です。
 マングローブを植えたことのない私にとって植林活動は刺激的でした。将来、育った木を見に行きたいと思います。
 私は本当に素敵な日々を送ることができました。言葉や文化が違っても、相手を思いやる心さえあれば、友情が芽生えることが分かりました。この旅は私の人生の中でかげがえのないものとなりました。フィリピンを訪れることができて本当によかったです。たくさんの優しさをくれたフィリピンの方々に、何かお返しをもって、彼らのもとを訪れたいと強く思いました。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト佐野高校スタディツアー感想文(5)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。