ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
Tさん訪問! 
2015.06.22.Mon / 19:11 
こんにちは!皆さん元気ですか?? 
先週、次回はESDの報告をしますと宣言しましたが・・・その前に素敵な訪問者がセンターに来て下さったことをご報告
しますね☆
前回5月にネグロス島に来てくれたTさんが、今回もお休みを使って遊びに来てくださいました^^
こんなにすぐお会いできるなんてびっくり&うれしかったです~~

今回も1泊という短い間でしたが、ゆっくりと植林を出来ました!
今回も感想文をいただいたので、公開させて頂きます!

~~~~~~~~~~~~以下感想文~~~~~~~~~~~~~~~~~~
6月16日
成田からの日本航空はとても快適でした。個人用画面で2本目の映画に夢中になっている間に定刻より早くマニラに到着しました。国内線へのターミナル移動もフィリピン航空の搭乗手続きも滞りなくできました。国内線の機内では、普段あまり飲まないコーヒーを注文し、後方座席は、空いていたのでいつもの通路側から窓側へ移動して、景色を眺めました。地図で知っているとおりの形でボラカイ島が見えて感情が高まりました。最初から席を移動して景色を見ればよかったと悔やみました。パナイ島は。ハゲ山でなく森林でした。ネグロス島の海岸沿いは泥で海水が茶色でした。雲の様子も面白かったです。トイレが頻繁だから飛行機は通路側という方にはまった行動で、今まで景色を気にしなかったことを勿体無く思いました。もし、今回の様に空いていたらまた窓側で景色を楽しみたいと思います。シライの空港に定刻より早く到着し、預けた荷物も無事戻りました。日本航空では、当然のことですが、フィリピン航空は頼りになるなあと感心しました。宿泊場所の国際協力研修センターで倉田さん夫婦、五十嵐さん、英語の生徒さんと夕食をおいしくいただきました。英語の生徒さんは、行動力のある元気な方で素晴らしいと思いました。


6月17日
朝バラリンでのゴミ拾いは、五十嵐さんが来られなくなり、スタッフのケイトさんと地元植林団体の方と作業しました。その後ダプダプの植林地を竹の橋から見る為にトライシクルで移動しました。現地の人の話では、橋が壊れたとのことでしたが、行ける場所まで案内してもらいました。ロンドン橋落ちたの歌を笑いながら合唱し魚の養殖池の土手を進むと竹の橋は、入り口付近で崩壊していて残念に思いました。笑い事じゃないぞと思いましたが、どうにもならないことは、笑い飛ばす現地の皆さんは、得な性格だとも思いました。午後2時まで日本人は、ろくに英語のできない自分一人だったのでケイトさんが気遣ってくれました。明るく健康的で素敵な人です。イカオ アコの活動では、普段の生活で自分の周りにはいない様なすごい人達に出会います。日本人もフィリピン人も優秀な人、活発な人、陽気な人、他人を気遣う優しい人、好感のもてる人など世の中には、見習うべき優れた人が大勢いると感じました。 
 午後は、五十嵐さん、英語の生徒さんも加わりビクトリアス市6Aでマングローブを植えました。地元の皆さん、応援に来てくれた高校生達と楽しく作業しました。以前に植えた苗木が沢山生き残って成長中です。辺り一面の苗木に海藻が付着していたので取り除きました。すると現地の方達が、真似して同じ作業を始めました。自分は、すぐに日本へ帰ってしまうけれど現地の皆さんでマングローブの苗木をかわいがってあげてねと願いました。今後の継続した活動を期待します。 倉田さん、五十嵐さんのおかげで貴重な経験が出来ました。短期間ですが、充実した旅行になり大満足です。行って良かったです。


Tさん記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで、今回はダプダプまで訪れてくださり、壊れた橋も見ることができたとのことでした。 ダプダプの橋は、私たちも、そして付近の住民も、早い回復を願っているところです。次にTさんが来る時までに、なんとか修復できたらと考えます。

ビクトリアスでの植林は学校が始まったということで、前回の植林に比べると参加してくれた子供たちは少なく植えるのが大変でした。今回の高校生のボランティアは男の子のみで結成されており、せっせと植えてくれたので頼りがいがありました!
また一緒に植えたいです・・・^^

改めて、いつもイカオ・アコの活動に賛同してくださるTさんに感謝したいと思います。本当にありがとうございました!!

Awi記
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /