ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
「震災/フクシマから見直す暮らしと社会」シンポジウム 
2014.07.05.Sat / 13:54 

**━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━**
9/27(土)「震災/フクシマから見直す暮らしと社会」シンポジウム
会場:YWCAビル2Fビッグスペース

緊急支援から自立支援、そして新しい社会へ
~3年間の振り返りと新しい社会へ向けて~
**━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━**

案内チラシNo1


2011年3月11日に起きた東日本大震災と福島原子力発電所事故から3年。
あの時、誰もがこのままではいけないと思い、「暮らし方を変えよう」
「社会のあり方を変えよう」と願いました。
その後、私達の暮らしと社会はどのように変わったのでしょうか。
名古屋NGOセンターでは、3.11当時の率直な思いや願いを元に、
「震災/フクシマから見直す暮らしと社会」と題する連続セミナーを
実施してきました。
震災と原発事故で露わになった暮らしと社会のひずみや弱さを直視し、
次世代に残すことのできる持続可能な社会とは何かを、
一人ひとりの問題として模索してきました。
この3年間の締めくくりとして、今回のシンポジウムを開催します。
東海地区のNGO・NPOが行う支援活動の紹介とともに、
被災地での経験から得たものは何か、活動にどんな変化をもたらしたか、
今後の課題は何かなどをワークショップ形式で考えていきます。

案内チラシno2


**━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━**
震災支援活動紹介
各団体が行う支援活動を会場で紹介します。
**━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━**

【アジア日本相互交流センター・ICAN(アイキャン)】
必要物資を被災地に提供したり、東松島市社会福祉協議会が運営する
「ボランティアセンター(当時)」にてボランティア調整業務等を行う。仮設
住宅の「お茶会」や子どもたちが作成した新聞を発行し、10年後の理想の町
を描いた絵画大会を開催。

【イカオ・アコ】
気仙沼市・南三陸町・陸前高田市を中心に乳児支援ボランティア活動を
行う「ピースジャム」を支援。NPO法人化のサポート、ウェブサイト募金等の
後方支援。他にも救援物資の配布、学生ボランティアの派遣も実施。母子の
メンタルケアのための映画会やハーブティーカフェなどの支援も行う。

【チェルノブイリ救援・中部】*当日参加予定
福島県南相馬市の「放射能測定センター・南相馬」で住民の持ち込む農
産物、水、土壌などの放射能測定や、空間線量を測定して作成した汚染マッ
プを住民に配布。放射能被害から身を守り、安心安全な暮らしのための情
報提供とアドバイスを行う。また、南相馬の「菜の花プロジェクト」に参加。

【名古屋YWCA】*当日参加予定
福島県新地町の子ども達と、テレビ電話を通じての心のケアや、愛知県近
隣に来られた女性と子ども達の集いの場を提供。他に、リフレッシュプログ
ラムや仮設住宅の女性達が制作販売をする「ハート・ニットプロジェクト」の
支援、チャリティコンサート等、幅広い活動を行う。

【日本国際飢餓対策機構】*当日参加予定
宮城県仙台市を中心に石巻、亘理、東松島、南三陸等で支援を継続。ボラ
ンティアと被災地受け入れ側との活動アレンジも行う。また児童の学習支援
や子ども保養キャンプ「ふくしまHOPEプロジェクト」へのスタッフ派遣。他に
もビジネス再開・教会再建支援等の協力事業を行う。

【ホープ・インターナショナル開発機構】*当日参加予定
支援の届きにくい宮城県沿岸部へニーズに合わせた水・食料・生活物資
配布、移動式カフェ等を通して再建・自立支援を視野に入れた信頼関係を
構築。小規模グループ自立のため、漁業・養殖・農業用機材や設備導入、子
どもの居場所づくり・グループ形成等57事業を現地の人々と共に実施。

【レスキューストックヤード】*当日参加予定
現在も宮城県七ケ浜町に活動拠点を置き職員が常駐。企業・大学と連携
し、子どもの遊び場作りや商店街・漁業・農業への支援を行う。生きがいづく
りを目的とした「きずな工房」の運営補助や商品・特産品の販売、名古屋市
からのボランティアバス運行や街頭募金等を継続中。

━━━━** 詳細情報 **━━━━
【日時】2014年9月27日(土)13:00 ~17:00
【会場】YWCAビル2Fビッグスペース
名古屋市中区新栄町2-3 /地下鉄「栄」駅5番出口から徒歩3分
【定員】50名
【参加費】無料
【対象】関心をお持ちの方ならどなたでも
【主催】特定非営利活動法人名古屋N GOセンター
【助成】三井物産環境基金復興助成

━━━** 問い合せ・申し込み先 **━━━
特定非営利活動法人名古屋N GOセンター
【Tel&Fax】052-228-8109
【電話受付時間】火曜日~土曜日/13: 00~17:00
【Mail】info@nangoc.org
【担当】門田
【HP】http://www.nangoc.org/
【お申し込み】下記の項目をメール・FAX・電話にてお知らせ下さい。
①お名前(ふりがな)
②お電話番号
③Eメールアドレス
④参加にあたり期待すること
皆様のご参加、お待ちしております。
**━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━**
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
「震災/フクシマから見直す暮らしと社会」シンポジウムのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /