ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニチバン巻心エコプロジェクト(中間報告) 
2013.12.24.Tue / 11:24 
イカオ・アコのインターンのミクで~す。

ここネグロス島ビクトリアとマナプラでは、ニチバン巻心エコプロジェクトから寄付を受け、30,000本のマングローブの植林を実施中です。現地には、こんな看板を作り、住民の方にもプロジェクトの認知をしてもらいました。

ニチバン巻心エコプロジェクト


この日は、ビクトリアス市でマングローブの植林です。今回は地元の小学生たちと、1,000本の苗木を植えました。子供たちは、いつでも楽しく植林してくれるので、自然はもちろんのこと、地元の子供たちにも癒されます!

子供達と


マナプラにモニタリングに来ました。引き潮の時間にお邪魔させていただきました。約8か月のマングローブです、あと4か月で手のひらサイズまで成長しそうですね海風にも海水にも負けず大きくなってほしいです。

モニタリング


マングローブの植林で1番大切なのは植林後のアフターケア!

この日も住民団体のメンバーが海岸のゴミ拾いやマングローブに絡まった藻を取り除く作業を行っていました。毎日のアフターケアがマングローブの成長に関わります。

アフターケア

                   

このように藻がマングローブに絡まってしまいます。
藻が水分を吸収してしまい、このままでは枯れてしまいます・・。それをひとつひとつ丁寧に取り除いていきます。 

海藻がからみつく


ひとつの小さいマングローブにもこんなにも藻が絡まっていたことが分かります。藻から解放されたマングローブは背筋がピンと張り嬉しそうに見受けられます。
潮の満ち干きによって、こうなってしまうので、植林後のアフターケアがいかに大切か分かります。

海藻を取り除くと



毎日のアフターケアが実を結び大きくなったマングローブをみると嬉しくなりますね。これは3年ほどたったマングローブです。もっと立派に成長して住民の生活を守って欲しいです。

3年後の苗


今回植えた苗木も子供達と一緒にしっかり成長しますように。

みんなと


(インターン 北内記)


ビクトリアス市
5月3日 1300本
5月26日 1300本
5月31日 1000本
7月18日 2000本
8月13日 2000本
9月28日 1000本
10月14日 1000本

マナプラ郡
5月2日 1500本
6月11日 85本
7月24日 1000本

ダプダプ
10月12日 270本

合計 12,455本




スポンサーサイト
* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトニチバン巻心エコプロジェクト(中間報告)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。