ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第70回スタディツアー感想文4 
2013.09.09.Mon / 11:08 
 
私は今回フィリピンに行って感じたことがいくつかあります。

まずバイクの量がとても多かったことに驚きました。
日本だと、車のほうが多いというイメージがあるので衝撃は結構大きかったです!

あと、みゆきさんのホームステイ先のところで食べたマンゴーがとても美味しかったです!
豚の丸焼きも食べて、とてもいい経験になりました。

苗を運ぶ


何と言ってもこの活動において、とても大切だったのはマングローブの植樹です。
マングローブの植樹は、とても大変でした。
当日にならないと、水がどこら辺までくるのか分からなかったり泥で前に進めなかったり・・・
そんな時に、現地の人たちが助けてくれてとても嬉しかったです。

また、小学校や村に行った時には子供たちがとても笑顔でびっくりしました!
行く前まで私は現地の子供たちと仲良く出来るかとても心配でした。
しかし、子供たちの笑顔を見ているうちにその不安も消えていきました。

1日目からハプニングがあって
最初はどうなるかと思っていたけど、日本に帰ってきてみると本当に私達はいい暮らしをしてるんだなということを改めて思いました。
ホカホカのご飯が食べれて
温かいお風呂にはいれて・・・
そうゆう私達にとって当たり前のことが、フィリピンに行ってみて、とても大変なことなんだなと思いました。

私は、最初は日本が恋しくなったりもしたけど、最後は何だかちょっと寂しいなと思いました。
私が、この活動で学んだこと、それは『助け合い』の精神です!

とにかく言葉では言い表せないくらいフィリピンの人たちは、とてもフレンドリーでした!^^
私は、その優しさが今でも(まだそんなにたってないけど)忘れられません。
現地に行ってみないと分からないこと、自分で体験してみないと分からないことがたくさんあるんだなと思いました。
私も、フィリピンの人たちみたいに明るく楽しく生きたいと思いました。

---------------- もう一人 -----------------------------

 
マングローブ植樹ツアーに参加して                       

私はこのツアーに行く前、将来の自分に自信が持てずにいました。高校1年生になれば、自分の特性を理解し、夢を見つけている友達も増えます。そんな友達たちと話していると、夢がなくただ「人の役に立つ仕事がしたいなぁ」と漠然に考えている私は取り残されてしまうのではないかと感じていました。

こんな自分を変えたくて、まずは物事を見る視野を広くしよう!と思ってこのツアーに参加しました。    
ツアーを一言で言えば、行き当たりばったり(笑)

予定があるのに予定通りにはなかなかいかない。これが「フィリピン流」とのこと。  
ボホール島の時間は本当にゆっくり動いているという印象でした。島の人々は温和な印象で言葉が通じなくても、笑ったらすごくきれいな笑顔を返してくれました。

はじめは上手く話しかけられませんでしたが、三日目、四日目と次第に会話ができるようになり、たどたどしい英語での会話でしたが、本当に楽しかったです。

泥が深い


植樹はイメージより泥が深くて大変でしたが、積極的に参加し、現地の人と交流を深められたのではないかと思います。交流会では日本の折り紙を教えることをきっかけにたくさんの子供たちと交流できました。どの子もみんなキラキラした瞳で、とってもかわいくてずっと交流していたかったです。      

現地の生活は、身をもって日本での生活の豊かさを教えてくれました。シャワーは水しか出ない、水道は濁っている、壁にはヤモリがはっているという状態。でもここは現地では一番のホテルで、現地の人にとってはとても泊まれない待遇なのだそうです。日本との格差を感じるとともに、そのような場所に自分が泊まっているのだ、と今までこのホテルの生活に抵抗を感じていた自分が恥ずかしくなりました。    

「日本は豊かな国だ」TVや授業などでこのことについては知識としては知っていた。ですが、実際にこのツアーに参加し体験して本当に知るということができました。フィリピンという国についても同じく、授業では学べないことをたくさん学べました。

「百聞は一見にしかず」これからはどんなことでも積極的に参加し、体験したい。そしていろんなことを吸収し視野を広げ、将来の夢を開拓していきたいと思います。  

このツアーに参加し、貴重な体験を通して多くのことを学びました。この体験を日本でのこれからの学習、ボランティア活動でも生かしていきたいです。そして大人になったら再びこの島に訪れ、自分たちの植えた木々の成長を見たり、また植樹活動に参加したいと思います。

スポンサーサイト
* テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト第70回スタディツアー感想文4のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。