ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3週間のボランティアを通して学んだこと 
2012.12.23.Sun / 12:25 

私は、夏休みの3週間イカオ・アコの事務所でボランティアしてきました。それまでは国内での活動のみで、実際に現地の様子などがイメージできませんでした。しかしこの3週間を通して自分が何のために、誰のために活動しているのかが明確になった気がします。

現地では主にスタディツアーについてまわることが多かったです。最初は桜丘高校、次は地球の歩き方の第3回・4回のスタディツアーがきて、めまぐるしく時間がすぎていきました。地元の高校生と交流したり山に登って植林したり滝にハイキングへ行ったりととても充実していました。そのような中で分かったのが、イカオ・アコがいかに住民から必要とされていて、またいかに現地の生活に根付いているか、ということでした。現地の人達は植林をすることの必要性を分かっていて、それを自主的に行おうとする姿勢がうかがえました。それは大人たちだけでなく小さな小学生も同じでした。現地で活動する上でそれが一番重要なのだと感じました。

クロージングプログラム


印象的だったのはリサイクルグッズの工場へ行って、私たちがよくイベントなどで売るグッズを作っている様子を見てきました時のことです。ほんとにここで作られているんだ、と妙に感動した覚えがあります。そこでシスターに「売上がここで働く人の生活に結びつくから頑張って売ってね!」と言われました。私が日本でできることは限られているけど、常に現地の人のことを思って活動していきたいなと思いました。

たくさんの出会いもありました。現地で大活躍している倉田さんを始め、ボランティアや仕事など様々な理由で来ている日本の方々です。色々な人と話して、自分の視野が広がった気がします。これからもっと色々なことを勉強して発信できる人になろうと思うようになりました。とても有意義な3週間でした。ありがとうございました。
(T.S)
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト3週間のボランティアを通して学んだことのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。