ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
エコツアーガイドトレーニング 後半 
2012.06.10.Sun / 17:32 
トレーニング2、3日目は、上流部のパタッグ村で行いました。
パタッグ村のメンバー、ランタワン村のメンバー、パタッグの村警察の3グループが参加しました。

2日目の初めは1日目と同じように、レクチャーから。

patag11.jpg
ルーディーさんからエコツーリズムとは何か?について。

patag12.jpg
エロイサさんから、どのようにガイドをしたらよいかについて。

patag13.jpg
集合写真

patag10.jpg
さっそく日本神社を案内

午後は、観光課のディーンさんから、シライ市の観光課が行っている、エコツーリズム推進の取り組みについてお話をしていただいたのち、1日目と同じように、ワークショップを行いました。

patag14.jpg
BAFAチーム。タレント披露で、尺八のような音のする横笛を披露してもらいました。

patag15.jpg
LAFAチーム。苗木を足の指に植える、お客さんが文句ばかり言うなど、コメディーショーみたいでした。

patag16.jpg
村警察チーム。滝を3つ案内するはずが、お客さんが疲れたと言ったので1つだけで終わりました(笑)

みんな個性的なガイドを披露してくださいました。
マングローブの団体に比べて、山側の団体は、ちょっとシャイです。
育った環境によって、人の性格は変わるものだなと思いました。

この地域(シライ市の上流部)には、日本軍にまつわる話したたくさんあることにも改めて気づかされました。
パタッグには、日本軍が隠れていた洞穴があったり、日本軍が使っていたマシンガンが残っていたりするのですが、
川を渡って反対側のランタワンにも日本軍の見張り台があったというのをはじめて知りました。
もっとそのあたりを発掘して、日本人を惹きつけるツアーコースを考案したらよいなと思いました。

patag17.jpg
ワークショップの後の評価。

講師の先生たちが先に帰ってしまったので、レオ・ディーンさんと私の3人で評価をしました。
どの団体もすごくよかったですが、さらに面白いアイデアを提供しました!!

それは、野生動物観察です。
観光客は野生動物を見たがっていると思うので、偶然道で見つけられたら、ぜひ見せてあげてほしいと。
ただしエコツーリズムといっているからには、動物を囲い込んだり、餌付けをしたりするのはできません。
なので、もし見つけることができなかったら、ここにたくさんサルがいるじゃないですか!!!

(一同大爆笑)

みなさんが、ココナッツの木に登っている姿を見せるのも、一つのアトラクションですよ!

(え~)

私も、フィリピン人の心をつかむスピーチができるようになってきたかな???(笑)
でも、本当に、こんなちょっとした特技や知識も、村の人たちは、誇りに思って大切にしていって欲しいものです。

3日目に続きます。

(マ)
スポンサーサイト
* テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
エコツアーガイドトレーニング 後半のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /