ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
パタッグとバラリン訪問(Tさんの感想) 
2012.06.05.Tue / 21:41 
シライの空港に到着後、イカオ・アコの駐在員事務所でフィリピンの家庭料理を御馳走になりました。
そこは、現地の生活様式でした。
一度に全員が食卓につけないほどの人がいて、早番遅番の2交代で夕食を食べ、
ソファーには眠っている人がいて、その横には犬が寄り添っている。

夜遅くまで踊ったり談笑し、ホワイトボードには、翌朝7時出発と書いてあるのに、9時を過ぎても一向に出発の気配もない。
結局強い雨で植林ができないため、時間通りに出発する意味はなかったのですが、遅れを全く気にしない。
そこは、まるでフィリピン人家庭そのままではないかと思いました。

パタッグでは倉田さんの1日早い誕生パーティーをしました。
みなさん楽しそうで幸せそうでした。
年配の者の踊りが、特に面白かったです。

Tamura3.jpg

Tamura1.jpg

Tamura2.jpg

Tamura4.jpg

バラリンでも強い雨で植樹などの作業はできませんでしたが、竹の橋からマングローブ林を見てまわりました。
植樹したハマザクロが成長しつつある様子を見て嬉しく思いました。

今の状態を過去の植樹の参加者にぜひ見てもらいたいです。
苗木が育っている姿が一目瞭然です。
風のためか折れたばかりの枝を見かけました。
ひょろっと伸びた苗木は、傾いていましたが、風などに負けず生き残って欲しいです。

竹の橋に向かう途中 地元植林団体の数人に出会いました。
直後にクリスティーナさんがカッパを着て追いかけて来ました。
雨の中1人でマングローブ林に向かう物好きな自分を心配し、
護衛を頼まれたのか自ら来てくれたのか、聞きませんでしたが、有難いことです。

夕食は、カラオケのある海鮮レストランでした。
移動の車中やこのレストランでもフィリピンの方達の歌と踊りの上手なことに感心しました。

子供の頃からの環境で体に染み付いているのでしょう。
カラオケに合わせて皆が統一された振付で踊れることに驚きます。
なぜ皆が振付を知っているのでしょうか?
食事と歌と踊りを心から楽しんでいました。

倉田さんの家事のお手伝いさんも陽気で素晴らしいです。
大学生に混ざって歌い踊り事務所では、フェイスブックを見ていました。
子供が5人いるそうです。

旅行中、口数の少ない自分は、皆さんから何度も「Are you OK?」聞かれます。
具合が悪かったり、不機嫌な訳ではありませんが、
大家族に育ち人付き合いが多く陽気なフィリピンの方達に心配されてしまいます。

フィリピン航空の定時運行を全く信用していないため、
帰りのマニラでの乗り継ぎを7時間も取ってシライを早朝に出発しました。
そんな時に限って定時到着でマニラは、晴れでした。
天気などどうにもならないことや思い通りならないことに、
いらいらしたり、がっかりしても仕方ありません。
フィリピンの人達の様に状況に合わせて楽しんだほうが、得なことを知りました。

ネグロスでは、雨で残念でしたが、倉田さんとフィリピンの方達の生活の一部を知ることが出来ました。
倉田さんは、誕生パーティーを3か所で行い多くの人達に慕われています。
現地社会に溶け込み活躍しています。

今度は、植林活動もしたいです。
また行きたくなりました。

(Tさん投稿記事)
スポンサーサイト
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
パタッグとバラリン訪問(Tさんの感想)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /