ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
体験学習とアートを取り入れた環境教育授業開始 
2011.08.16.Tue / 13:32 
7月30日、ドニャモンセラータ高校4年生を対象とした環境教育授業を開始しました。
JICAプロジェクトの一環で、市内の高校生に流域の上流部と下流部で植樹体験などを通して、
流域のつながりについて学んでもらうというプログラムの一環です。

これまでは、試験的にイカオ・アコとつながりのある高校生(パタッグ・バラリンの高校やボーイスカウト・ガールスカウト)を対象としていたのですが、今回は、初めてドニャモンセラータ高校の4年生のCAT(Citizenship Army Training)の一クラスを対象にパタッグで授業を行いました。

*CATは去年の3月にも植樹を行いましたが、その時は大人数だったので授業らしくできなかったのですが、その時に担当の先生と話して、今年はできれば全クラスを植樹に参加させたいということになり、今回の活動にいたりました。

IMG_0369.jpg  IMG_0370.jpg

朝早く学校を出て、パタッグへ到着。
約40分の道のりを歩きました。

IMG_0383.jpg  IMG_0393.jpg
現地で植樹の仕方や、なぜ植樹を行う必要があるのかを説明。

IMG_0405.jpg  IMG_0416.jpg
早速植樹を開始。斜面にへばりついて、苗木を植えました。

IMG_0430.jpg
植樹の後、簡単なジェスチャーゲームを行いました。

テーマは山の暮らし。
山に住む動物や山の生活に欠かせない物、山でのスポーツなどが書かれた紙を引き、
紙に書いてある物(動作)をジェスチャーで表現。
制限時間内にたくさん答えられたチームが勝ち!
なかなか白熱した戦いになりました。

IMG_0435.jpg
記念写真。今回はバリグワンのメンバーもたくさん参加しました。

来た道を戻り、ナーサリーへ

IMG_0439.jpg  IMG_0443.jpg
現地スタッフのノノイが苗木の種類などを説明。

ナーサリーには、様々なフルーツの木が植わっているので、苗木と大きくなった木を見比べることができます。

そして、ファンクションホールにて、アートの授業。
グループに分かれ、一つのテーマを、ダンス・歌・劇・パントマイム・呼びかけのどれかの方法で表現してもらいました。
テーマは、「あなたと私、助け合い、山の暮らしを向上させよう」でした。
どの方法で表現するかは、くじ引きで決定。
それぞれのグループで1時間ほど練習をして発表の時間となりました。

IMG_0446.jpg  IMG_0451.jpg
左は説明をしているところ、右は劇のチーム

優勝したのは、呼びかけのチーム。
井戸端会議をしていた生徒達、このままだべっているか、何かアクションをおこすか、
話し合いの結果、みんなで植樹をすることに・・・

短い時間なのに、どのチームも、私たちが伝えたかったことをうまくまとめて表現してくれました。

最後に日本神社へ
IMG_0472.jpg  IMG_0479.jpg
日本の文化と戦争の話をしました。

みんな真剣に聞いてくれました。
この学生さん達の中には、将来日本に行ったり、日本人と結婚したりする人がいるかもしれません。
そうでなくても、日本の文化を知ってもらうことは、日本とフィリピンの友好につながると思います。
この場所に眠っている土井さんは、イカオ・アコのルーツでもありますから、
これからもできるだけ学生さんを連れてきて、話を伝えていきたいです。

この授業は、年度末まで月1回のペースで続けていく予定です。


*おまけ

授業の後、パタッグのメンバーとミーティングを行い、大豆の育て方をレクチャーしました。
IMG_0487.jpg  IMG_0488.jpg
大豆は、生計向上支援の一つの予定でしたが、種の品質がよくなかったため、別の作物に切り替えることになりそうです。。。

(マ)
スポンサーサイト
* テーマ:環境 - ジャンル:福祉・ボランティア *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
体験学習とアートを取り入れた環境教育授業開始のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /