ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2015年12月の記事一覧
≪11month
This 2015.12 Month All
01month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名古屋NGOセンターの会報に掲載されました 
2015.12.24.Thu / 14:47 

名古屋NGOセンターが年4回発行する会報「さんぐりあ」に原稿が掲載されたので、報告します。

--------------------------------------------------------------------------------
 イカオ・アコというと、マングローブの植林と想像する方がいるかもしれません。他領域の環境問題に挑戦している事例を紹介します。

 フィリピン全土での問題ですが、ゴミのポイ捨てが後を絶ちません。生分解されないプラスチックゴミは、道路、河川、海辺に溢れかえり、環境の変化により漁業にも悪影響を与えています。

 1人当たり約1.5kgの排出量となり、日本人1.0kgより多いです。分別されていないことが大きな原因です。各家庭からのゴミは、資源ゴミ、可燃ゴミ、プラスチック類に分別されず、一緒に埋め立てられています。

各自治体の最終処分場は山を崩して平坦にした土地にただゴミが山積みになっているだけです。フェンスなどの囲いや屋根などもなく、野良犬が出入りし、ゴミからの排水は垂れ流されています。最終処分地周辺には住居や水田があり、衛生的ではないところも多いです。

「さんぐりあ」の誌面



 フィリピンの急速な経済成長とともに、将来、廃棄物を受け入れる埋め立て処分地の不足から受容容量不足を引き起こします。ごみ処理の前に3Rを優先させ、住民がゴミ廃棄を意識し、循環を原則にする活動が必要になるでしょう。

 イカオ・アコはボホール州ウバイ郡を対象地域として、住民・生徒の3Rの意識が高まり、地域でごみの分別・減量化が実現することを目標として、教育機関・地域で環境教育を実施し、リサイクルの体制強化、コンポストの製造を行うプロジェクトを実施しています。
スポンサーサイト
Tさんの植樹日記 
2015.12.11.Fri / 13:15 
12月3日
成田からマニラまでの日本航空は、期待通り順調で快適でした。シライまでの国内線は、短い乗継時間を心配するよりは、おそらく遅れても乗継に余裕がある方が初心者の自分には安心と考え、セブパシフィック航空を予約してあります。マニラには定刻より早く到着し、日本航空は正確で安心だと思いました。

ターミナル移動のシャトルバス乗り場では、森は海の恋人の吉永さんにばったり出会いました。偶然ここで会うのは2度目で不思議な巡り合わせだと思います。

シライには約50分遅れで到着し、この程度ならセブパシフィックにしては上出来だと思いましたが、この後予想外の出来事が起こりました。

シライ空港の到着出口に迎えに来てもらえるはずですが、現れません。そのうち柵の外側に居る次の到着便の迎えの人以外、到着客は、全員いなくなりポツンと1人ぼっちになりました。到着日を間違って連絡したのかと不安になり倉田さんに電話する事態になりました。近くに公衆電話は、見当たらず携帯電話を持っていないので、次の便の迎えらしき人に頼んで電話してもらいました。

2人が何度も試みてくれましたが繋がりません。仕方ないのでテレビでやっていたシャトルでカフェみどりに行きそこで連絡を取ってもらおうとシャトル乗り場を確認しに行きました。そこでは、旦那が日本人というフィリピン女性に日本語で「女が来ないの?」と声を掛けられ、電話もしてくれましたが、又しても繋がりません。迎えが来ないのは、間違いのない事実ですが、誰が迎えに来るかわからないのに「女」と繰り返すので滑稽でした。

荷物をシャトルに積み込もうとしているのを待ってもらい到着出口に戻ると倉田さんに会えました。電話番号は、変わっていて、カフェみどりは、夕方5時までの営業だそうです。倉田さんの家で夕食を御馳走になりイカオ・アコの近況などを教えてもらいました。

12月4日
ビクトリアス市6Aでマングローブの植林をしました。地元の人達、有機農業を勉強している高校生と一緒に楽しく作業しました。過去に植えて生き残っている苗木には、藻が絡み付いていました。紐が巻き付いた苗木があり、手が汚れているのでリュックの中のはさみを使わずに取り除きに没頭していると、いつの間にか現地の人達に取り囲まれて注目されていました。

集合写真


その後も度々注目されていて、丁寧に植える様子と藻を取り除く作業を見てもらい、こうして苗木を大切にかわいがってねと願いました。帰りがけには、ゴミ拾いもあり、こうした経験を通してマングローブへの関心や親しみが深まれば良いと思います。

植林作業

ごみひろい


昼食後は、植林に参加した高校生によるネグロス オーガニック フェスティバルについての壁新聞の発表を見学しました。倉田さんによるとあまり裕福でない家庭の生徒もいるそうですが皆堂々と大きな声で発表し度々笑いがあり、言葉は、わかりませんが、楽しそうで活気にあふれた授業風景でした。

授業参観


明るく陽気な高校生の様子を見て幸せそうだなあと羨ましく思いました。イカオ アコが、こんな素晴らしい授業を担当しているのを見て、現地に溶け込んで信頼されていることが、よくわかります。午前の植林地での活動とフィリピンで活躍する倉田さんの姿を見て話を聞けただけでも、休暇を取って来た甲斐があったと思いましたが、楽しい体験は、まだ続きました。

完成した壁新聞


シライに戻りクリスティンさんに付き添ってもらい新しいトムタワーに行きました。見晴らしが良く暖かい風が心地よかったです。静けさの中で鳥が鳴き風に揺れる森を眺めながらくつろぎました。平日の為か、他に訪問者もなくクリスティンさんと2人完全に貸切で、ゆったりと贅沢な時間になりました。無事にトライシクルに乗るまでクリスティンさんに、見守られ市内へ向かいました。

自分は、4人目の乗客でしたが、途中で運転手を含めて大人9人にもなり驚きました。狭いトライシクル中で前の若い女性の長い髪が風になびいて触れてドキドキしましたが、密着して隣に座ったのは、おばさんで「ドーマの知り合いか?」などと聞かれました。

倉田さんの計画と準備のおかげで貴重な経験が出来ました。短い期間でしたが、充実した旅行になり大満足です。行って良かったです。
佐野高校スタディツアー感想文(1) 
2015.12.05.Sat / 13:28 
  
「日本で東日本大震災が起こったとき、私たちは津波にあった人たちの無事を祈りました。」これは、私がホストファミリーの家に泊まった時に、ホストマザーが言っていた言葉だ。テレビで放送されていたのを見ていたらしい。私はこのホストマザーの言葉を聞いて驚いた。なぜなら、日本ではない全く別の国の人々が日本で地震が起こったときに、被害にあった人々の無事を祈っていたのだ。

all members


フィリピンに行って私が最も感じたものは、心の温かさだ。特に、ネグロス島で過ごしたときにそれを感じた。

また、フィリピンへ行って日本との違いを感じた。

一つ目は、貧富の差が大きいことだ。バスに乗っているときなどにそれを感じた。日本ではフィリピンほど身近に貧富の差を感じることはあまりない。差が大きいということを目で確認することができたと思う。

二つ目は、生活がシンプルだということだ。日本での生活が物であふれすぎていることを知った。日本は恵まれている国だとは今回のスタディツアーで思ったが、フィリピン人の方が幸せそうだと思った。

今回のフィリピン・スタディツアーでたくさんのことを勉強することができた。それを今後にもいかしていきたいと思う。
 
 
| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。