ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2014年07月の記事一覧
≪06month
This 2014.07 Month All
08month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国際協力における地方のNGOの能力強化 
2014.07.27.Sun / 18:11 
 

外務省によると、日本に国際協力NGOは400~500団体存在します。その日本側の拠点は半数以上が東京に集中しています。事業費ベースでいうと、この集中度はもっと大きくなると考えます。国際協力に市民参加が求められているのに、地方での活動が限定的になっているようです。

東京に多くのリソースが集まっているから仕方がない面もありますが、そのハンディを乗り越えて、地方から発信する国際協力NGOがもっとあってほしいです。

青年海外協力協会(JOCA)がその問題を取り上げたレポート「国際協力における地方のNGOの能力強化」を出しました。外務省のウェブにも掲載されています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shimin/oda_ngo/houkokusho/kenkyukai.html

JOCAレポート


レポートの中では、地方に拠点を置くことで、海外での活動が、日本の地域づくりにつながるということが指摘されています。海外で得られたノウハウや経験を地域の発展に生かすことができます。

2番目の指摘は、団体の組織力の強化です。地方の多くのNGOが特定個人の能力に依存しており、専門性の向上、継続性の維持、規模拡大への対応に組織力の強化は避けて通れません。いくつかの地方の団体が、それを実践し、大きな規模で海外協力をしている事例があります。

地方のNGOの存在が地方を元気にしているところもありますから、少しづつ改革を行い、海外で、日本で活動を前進させたいという、新たな想いを確認しました。

スポンサーサイト
有機農業ってなに? 
2014.07.17.Thu / 23:58 
今日は2回目のガストン高校での授業。
IMG_9320.jpg


生徒達は5つのグループに分かれ、それぞれの役割とグループ名を決めました。
その後、ビクトリアス市農業局長サムスン氏からの有機農業に関わる講義。
IMG_9324.jpg

サムスン氏のお話しに真剣に耳を傾ける生徒たち。
先日行ったアンケートの回答からも有機農業に対する彼らの関心の高さが伝わってきました。
その中でも「自分の生まれ故郷が好きですか?」という質問に対してほとんどの生徒が大好きと答えていたことが
とても印象に残りました。
彼らがこの機会に有機農業を学ぶことによって、将来もっともっと良い町になればいいですね。

IMG_9333.jpg
IMG_9348.jpg


昨日までの悪天候から打って変わって、真っ青な空と学校の芝生を背にグループ名の書かれたプレートと学校内の畑に向かいます。
自分たちのサイトを見て大興奮の生徒たち。
これから何をするんだろう、とウキウキです!
IMG_9367.jpg
里山資本主義  ---地域経済の再生につながるか 
2014.07.06.Sun / 12:28 
 
経済学の目標とするところは社会を豊かにすることですけど、人口爆発、食料危機、環境破壊、エネルギー危機などの問題をなかなか解決できませんね。

「マネー資本主義」の失敗の事例として、2008年には「リーマンショック」まで引き起こし、証券会社の破たんが世界経済を危機的な状況に陥りました。それらの課題は、市場経済の論理だけでは解決できないかもしれません。

福島第一原発の事故を目の前にして、われわれの生活はどうなるのか、多くの人たちが心配しています。

このような状況で、ちょっと、注目を集めているのが、藻谷さんの「里山資本主義」です。都会暮らしを捨てて、戦前の田舎生活を送りなさいというものではありません。「里山資本主義」という文庫本が出ています。

文庫本

地域の赤字は「もの」と「エネルギー」の購入代金で、ほとんどを東京や大都市に吸い取られている。自分たちの手の届かないシステムに組み込まれている。地域に存在する木材を活用して、地域内でお金を循環させることが地域の問題を解決するという発想です。

妙に納得している自分がありました。

NHKでも何回か放送されたみたいです。文庫本と同じことを映像で観れます。良いことに無料ですよ。
http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?did=D0013772666_00000
 
 
「震災/フクシマから見直す暮らしと社会」シンポジウム 
2014.07.05.Sat / 13:54 

**━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━**
9/27(土)「震災/フクシマから見直す暮らしと社会」シンポジウム
会場:YWCAビル2Fビッグスペース

緊急支援から自立支援、そして新しい社会へ
~3年間の振り返りと新しい社会へ向けて~
**━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━**

案内チラシNo1


2011年3月11日に起きた東日本大震災と福島原子力発電所事故から3年。
あの時、誰もがこのままではいけないと思い、「暮らし方を変えよう」
「社会のあり方を変えよう」と願いました。
その後、私達の暮らしと社会はどのように変わったのでしょうか。
名古屋NGOセンターでは、3.11当時の率直な思いや願いを元に、
「震災/フクシマから見直す暮らしと社会」と題する連続セミナーを
実施してきました。
震災と原発事故で露わになった暮らしと社会のひずみや弱さを直視し、
次世代に残すことのできる持続可能な社会とは何かを、
一人ひとりの問題として模索してきました。
この3年間の締めくくりとして、今回のシンポジウムを開催します。
東海地区のNGO・NPOが行う支援活動の紹介とともに、
被災地での経験から得たものは何か、活動にどんな変化をもたらしたか、
今後の課題は何かなどをワークショップ形式で考えていきます。

案内チラシno2


**━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━**
震災支援活動紹介
各団体が行う支援活動を会場で紹介します。
**━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━**

【アジア日本相互交流センター・ICAN(アイキャン)】
必要物資を被災地に提供したり、東松島市社会福祉協議会が運営する
「ボランティアセンター(当時)」にてボランティア調整業務等を行う。仮設
住宅の「お茶会」や子どもたちが作成した新聞を発行し、10年後の理想の町
を描いた絵画大会を開催。

【イカオ・アコ】
気仙沼市・南三陸町・陸前高田市を中心に乳児支援ボランティア活動を
行う「ピースジャム」を支援。NPO法人化のサポート、ウェブサイト募金等の
後方支援。他にも救援物資の配布、学生ボランティアの派遣も実施。母子の
メンタルケアのための映画会やハーブティーカフェなどの支援も行う。

【チェルノブイリ救援・中部】*当日参加予定
福島県南相馬市の「放射能測定センター・南相馬」で住民の持ち込む農
産物、水、土壌などの放射能測定や、空間線量を測定して作成した汚染マッ
プを住民に配布。放射能被害から身を守り、安心安全な暮らしのための情
報提供とアドバイスを行う。また、南相馬の「菜の花プロジェクト」に参加。

【名古屋YWCA】*当日参加予定
福島県新地町の子ども達と、テレビ電話を通じての心のケアや、愛知県近
隣に来られた女性と子ども達の集いの場を提供。他に、リフレッシュプログ
ラムや仮設住宅の女性達が制作販売をする「ハート・ニットプロジェクト」の
支援、チャリティコンサート等、幅広い活動を行う。

【日本国際飢餓対策機構】*当日参加予定
宮城県仙台市を中心に石巻、亘理、東松島、南三陸等で支援を継続。ボラ
ンティアと被災地受け入れ側との活動アレンジも行う。また児童の学習支援
や子ども保養キャンプ「ふくしまHOPEプロジェクト」へのスタッフ派遣。他に
もビジネス再開・教会再建支援等の協力事業を行う。

【ホープ・インターナショナル開発機構】*当日参加予定
支援の届きにくい宮城県沿岸部へニーズに合わせた水・食料・生活物資
配布、移動式カフェ等を通して再建・自立支援を視野に入れた信頼関係を
構築。小規模グループ自立のため、漁業・養殖・農業用機材や設備導入、子
どもの居場所づくり・グループ形成等57事業を現地の人々と共に実施。

【レスキューストックヤード】*当日参加予定
現在も宮城県七ケ浜町に活動拠点を置き職員が常駐。企業・大学と連携
し、子どもの遊び場作りや商店街・漁業・農業への支援を行う。生きがいづく
りを目的とした「きずな工房」の運営補助や商品・特産品の販売、名古屋市
からのボランティアバス運行や街頭募金等を継続中。

━━━━** 詳細情報 **━━━━
【日時】2014年9月27日(土)13:00 ~17:00
【会場】YWCAビル2Fビッグスペース
名古屋市中区新栄町2-3 /地下鉄「栄」駅5番出口から徒歩3分
【定員】50名
【参加費】無料
【対象】関心をお持ちの方ならどなたでも
【主催】特定非営利活動法人名古屋N GOセンター
【助成】三井物産環境基金復興助成

━━━** 問い合せ・申し込み先 **━━━
特定非営利活動法人名古屋N GOセンター
【Tel&Fax】052-228-8109
【電話受付時間】火曜日~土曜日/13: 00~17:00
【Mail】info@nangoc.org
【担当】門田
【HP】http://www.nangoc.org/
【お申し込み】下記の項目をメール・FAX・電話にてお知らせ下さい。
①お名前(ふりがな)
②お電話番号
③Eメールアドレス
④参加にあたり期待すること
皆様のご参加、お待ちしております。
**━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━**
日本とフィリピンの友情と共に苗木を育てる 
2014.07.03.Thu / 11:02 
   
緑の地球防衛基金から寄付をもらうことになりました。
その関係で、機関誌にイカオ・アコの活動記事が掲載されました。
そこからの抜粋です。執筆者は現地駐在の倉田麻里さんです。

緑の地球新聞


「あなたとわたし」
イカオ・アコとは、現地の言葉で、「あなた・わたし」という意味です。この団体名を提案したのは、現地法人の副代表を務めるベルさん。名前の通り、私たち日本人とフィリピン人が手を取り合って、活動を進めてきました。

 活動を始めるきっかけとなったのは、戦時中シライ市に将校として従軍していた土居潤一郎氏の呼びかけによるものでした。彼は慰問団の一員として現地を訪れ、残留日系人の貧しい生活を目の当たりにしました。残留日系人の支援活動を始め、30年後ようやく日系人たちの生活も現地のフィリピン人と同レベルにまで上げることができました。そこで、これからは日系人だけではなく、現地のフィリピン人にも役に立つ活動をしたいと、代表の後藤に相談を持ちかけ、後藤は土居氏と共に現地を訪れました。現地の人々と話し合った結果、日本人、フィリピン人だけでなく世界中の人々にも役立つ、環境活動を始めることにしました。

紙面

植林で漁民の生活を守る
 我々が最初にターゲットにしたのは、マングローブ林の再生でした。フィリピンでは、1980年代に行われた大規模な養殖池の開発により、国全体で約7割のマングローブ林を失いました。それにより、海岸線が後退し、沿岸域の居住地が波風の被害を受けやすく、沿岸域の生活環境が悪化しました。マングローブ林が減少したことにより、沿岸での魚介類の収穫も減りました。そこで、我々は、住民組織と連携して、マングローブの植林を始めました。

マングローブの再生は、居住地を守るだけではなく、漁民の生計手段である漁業の振興につながります。グローバルに見れば、地球温暖化の軽減にも寄与します。そのことを住民に教え、共に植林活動を行うことによって、次第に違法伐採が減り、住民自ら森を守るようになりました。

子供たちと一緒に植林
 マングローブの植林をしていて大変だったのは、流れてくるゴミでした。これを防ぐためには、沿岸部で環境教育を行う必要があります。そこで、日本人ボランティアが来る毎に、シライ市内の各所の学校から、高校生・小学生を招き一緒に植林活動を行いました。沿岸に押し寄せられたゴミが美しいマングローブ林に絡みつくのを直面した子供たちは、日常生活で道などにごみを捨てるのをやめるようになりました。この活動を5年近く続けることで、海岸線沿いのゴミはずいぶん減り、マングローブの成長も良好になりました。

マナプラの子供たち


マングローブ林を守るため、上流部での植林活動も
 気仙沼市で、畠山重篤氏が、漁師による植林を始められました。それは、上流部の森林破壊が、沿岸のカキ養殖に悪影響を与えているという直感から来たものです。この運動から、森と海の繋がりについて研究する学問、森里海連環学が生まれました。筆者はそれが提唱されたときに、ちょうど京都大学農学部に所属しており、この考えに深く共感していました。そして、フィリピンでもマングローブ林ひいては、周辺の漁業資源の回復のために、上流部での植林を始めることにしました。

 上流部の村民は、主に農業で生計を立てています。彼らは、悪天候が続いて作物が取れない、急な出費が必要なときには、木を伐って炭を焼き、それを売って急場をしのぎます。上流部の森林は、保護区域として守られているにもかかわらず、破壊されてきました。

 この状況から、現地の村民自ら森林を守り、有機農業によって生計を立てることを目標に、地域の住民を集め、植林の重要さを啓発しました。村民だけでなく、漁師や子供たち、日本人ボランティアと共に植林活動を行う活動を2009年に始め、緑の地球防衛基金さん他、様々な団体の支援のもと、活動を続けています。

 
ESDプロジェクトのセミナーを開催 
2014.07.01.Tue / 10:07 
6月21日、「フィリピンネグロス州における有機農業による持続可能な
開発教育事業(通称ESDプロジェクト)」が今年4月~始まりましたが、
このプロジェクトの活動1にあたる、教員向けのセミナーをようやく
開催することができました。

エスタド高校とガストン分校からそれぞれ約10名の教員を招き、有機農業の
講師を務めるビクトリアス市の農業課からも6名の技術者、農家が参加し、
1日のセミナーを無事に終えることができました。

朝には、忙しい日程の中、市長もこのセミナーに参加し、市政における
本プロジェクトの重要性や、教員たちに対する期待を熱く語って
くださりました。


セブ行をキャンセルしてセミナーに駆け付けてくれた市長。

セミナーでは、イカオ・アコについて、本プロジェクトの形成にあたる
経緯とプロジェクト計画の中身、ESDについて、そしてなぜ有機農業に
重点を置いているかという事について約2時間かけて説明したのち、午後は、
ワークショップで先生たちによって、現状分析及び活動計画を作成して
もらいました。


笑いも交えて、約2時間、プロジェクトの概要とESDについて語りつくしました。
農業課長やガストン分校の教頭からの援護射撃も。

現状分析として、やはり問題点となったのは、住民の農業に対する姿勢
でした。フィリピンのサトウキビ地帯の住民は、農業をしているにも
かかわらず、農民(百姓)というよりは、労働者という意識が強く、
地主だけが儲けているイメージだという事です。実際に、農業をビジネス
としてとらえている生徒はいなさそうです。また、農業に対する軽蔑の
イメージや町で働くことへの憧れが強く、将来に渡って地元で農業を
するという事は、「おちこぼれ」という意識があるようです。


ワークショップの結果を発表するエスタド高校の先生


横から補足説明も

このESDプロジェクトを通して、そうした偏見や生徒の農業に対する
受動的な姿勢に変化を与えることができればよいなと思いました。

教員の皆さんは、土曜日にもかかわらず、熱心にセミナーに参加して
下さり、また、ワークショップでは、レクチャーで語ったプロジェクトの
意図を組んだ発表をして下さいました。また、農業課のスタッフの
皆さんも、有機農業の推進に自信を持っておられ、これからは、有機
農業で生計を立てていける時代と熱く語っておられました。彼らとともに
チームを組んで活動を進めていけば、きっとこのプロジェクトは
成功するなと思いました。


終了書授与


全員集合写真

このプロジェクトのプロジェクトマネージャーを引き継いでくれる前川さんも翌々日に到着。
来週からは、前川さんからのリポートにもご期待!!

(マ)
| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。