ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2014年05月の記事一覧
≪04month
This 2014.05 Month All
06month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JICA草の根技術協力事業(地域活性化特別枠)に応募 
2014.05.31.Sat / 15:34 
 

草の根技術協力事業(地域活性化特別枠)は、「好循環実現のための
経済対策」の一環として、ODAの草の根技術協力の枠組みを活用し、
国際協力を通じた我が国の地域の活性化を図るために補正予算として
認められたものです。

従来の「地域提案型」の予算も合わせて、募集がかけられました。
イカオ・アコは、愛知県美浜町と協働して国際協力事業を推進することに
なりました。

テーマは「海藻養殖・マングローブ植林による沿岸域資源管理と
生計向上プロジェクト」です。

ボホール島ウバイ郡ではマングローブ減少や違法漁業による沿岸域環境の
変化により、漁獲高が減少し、生計向上の施策が望まれています。

自然に適度な人手を入れて、生物生態系を回復し、生物生産性を高めることを
目標にしています。

美浜町の持つ海藻養殖の技術移転により、地域の問題の解決を図り、
それとともに日本側は経験・技術を再発見し、地域活性化につながれば
いいなあと考えています。

<アウトプット>
1. 日比両国における研修によって、海藻養殖が地域の産業として定着する
2. マングローブの植林10万本を達成する
3. 沿岸域住民だけでなく、他地域の住民の環境保全に対する知識の向上

DSC_0120.jpg


提案書が30ページ、付属資料が30ページと膨大です。この1か月、この作成に
忙殺されていました。
結果発表は8月上旬ですので、皆さん、祈願してください。
スポンサーサイト
「あの日」から、3年 「震災/フクシマから見直す暮らしと社会」連続企画第6回 
2014.05.25.Sun / 00:48 
 
24日は若手3名のゲストを招いて、標記のフォーラムが開催されました。
主催者は名古屋NGOセンターです。

チラシ


ゲストの一人は、ピースジャムの佐藤賢さんです。
1年前のイカオ・アコ総会後の公演にも来ていただきました。

理路整然としゃべる姿はおなじみです。
震災直後の話に当時のことが思い出されました。

佐藤さんの講演


3年目のターニングポイントという言葉をフロアーの方が
使用されていましたが、前向きになるか、ふさぎ込むかの岐路になっているんですね。

この時期には不安も状況も具体化し、そういう岐路に立たされるようです。
ピースジャムはそうした、ふさぎ込みを解消するため、子供を持つ
お母さんのための場づくりをしています。雇用の場だけじゃなく、
カフェを併設した工房を建設したと報告がありました。

他にも学ぶことが多いフォーラムでした。
私の方から、ピースジャムとイカオ・アコの関係をお話しさせてもらいました。

2次会会場はこちらです。今回のテーマにふさわしい会場です。
2次会会場


このフォーラムの参加者に、なんとイカオ・アコの研修センターの体験をしてくれた
HKさんが参加していました。お互いびっくりですね。
イカオ・アコが震災被害者の支援策をしているなんて、知らなかったでしょうね。
アストモスエネルギー株式会社の訪問 
2014.05.17.Sat / 23:02 
 

今週は2回も東京出張です。
1回目は火曜日に地球環境基金内定団体向けの説明会に参加しました。

2回目は金曜日に、寄付をしてもらっている、アストモスエネルギー
株式会社に昨年度の活動報告と今年度の活動の合意形成に行ってきました。

どんな活動をしているかは過去の記事を見てください↓
あすをともす森づくり
アストモスエネルギーさんがボホールへ下見に来てくださいました!
第1回 アストモス マングローブ植樹ツアー ①
アストモスさんからのプレゼント


役員に栄転されたA氏や異動されたT氏も顔を見せ、アストモス側5名、
イカオ・アコ側2名で和気あいあいと会議が進みました。

2010年から支援を受けていますが、すでに植林本数は10万本を超えています。
ゆくゆくは大きな「あすをともす森」を形成する夢のあるプロジェクトです。

今年度は11,000本をボホール島にて植林します。昨年は、台風や地震で
アストモス側からのツアーがなかったのですが、今年は是非とも実施
したいと強い要望が示されました。

イカオ・アコ側から、目標の植林を達成するとともに、あすをともすの森の
名前を現地で広め、国内ではこのプロジェクトの社会貢献の内容を知って
もらう取り組みを少しづつ進めます。

 
地球環境基金の内定団体説明会に参加 
2014.05.13.Tue / 22:47 
 
本日、地球環境基金の内定団体の説明会に行ってきました。
場所は川崎駅近くの「ミューザ川崎 セントラルタワー」です。
一度行ってみたい場所でした。

地球環境基金が入るビル


3年間のプロジェクトで、人件費も少しばかりですが
出してもらえるので、ありがたいです。

509件の応募から198件が採用されたようです。
このプロジェクトに合わせて、イカオ・アコが提案した若手リーダー研修も採用されるかもしれません。
その場合、新しい駐在者が対応します。

説明会では助成団体の目線に近いように感じました。NPOを育成しようという姿勢がよく見えた気がします。

さて、事業タイトルは「有機農業による持続可能な開発教育(ESD)事業」です。

「山村における有機農業をベースとした持続可能な開発を担う若者の
育成を目的として、フィリピン西ネグロス州ビクトリアス市の農村部に
位置するエスタド高校の農業専攻の生徒約80人を対象に、持続可能な
開発教育(ESD)を実施する。また、ESDを学校全体に浸透させるため、
全教員を対象とした研修を行う。これにより、卒業生が地元の産業を知り、
地元に対する愛着を深め、地元に根付き、環境に配慮した産業(有機
農業や農業関連産業)を担っていうことにより、地域が持続的に
発展していくことが見込まれる。」

これからの活動に期待してください。
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。