ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2013年10月の記事一覧
≪09month
This 2013.10 Month All
11month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボホールでの地震 
2013.10.27.Sun / 00:15 

 10月15日の朝、ボホール島でマグニチュード7.2(日本基準の震度5強)の地震がありました。

 震源はカルメンという地域で、観光名所であるチョコレートヒルズがある場所です。
 海が震源でなかった為、津波の被害はありませんでしたが、200名近くの方が亡くなっています。
 ご冥福をお祈り致します。

 私は、休暇中で海外にいたため直接被害はなく、滞在しているウバイも大きな被害はなく、活動を共にしている人たちも、マングローブも無事で、現在はいつも通りの生活が出来ています。
 ご心配下さった皆様、ありがとうございました。
 
 10月19日にフィリピンに帰国し、セブでも被害があったと聞いていましたので影響を心配していましたが、マクタン(セブ)空港からフェリー乗り場、フェリーでセブからタリボンまでは、遅延もなくスムーズに帰ることが出来ました。タリボンからウバイまでの道は、少しひび割れなどが見られました。

 ウバイの小学校、高校は休校中で、11月5日から再開するそうです。大学は現在通常のミドルブレイク中です。
 村長選挙が28日にある予定でしたが、来月25日に延期となりました。
 ウバイからタグビラランまでの大型バスは、タグビラランまで行けずに途中で折り返し運転となっていましたが、今日から再開していました。

 私が活動している村の様子を見に行ってきましたが、ビアバスでは教室4室にひび割れなどが見られ、学校再開後も使用できないそうで、3年生、5年生、6年生の約200名が外で授業を受けることになるそうです。修復の見通しは予算がなく立っていません。

biabas classroom bibas elementary

 もう一つの村のカタルンガンも大きな被害はなく、今日は植樹グループからのリクエストでマングローブ770本を植樹しました。

katarungan planting

 小学校では、防災訓練をしているそうですが、地震があった際は子ども達はすっかり忘れて慌てて逃げていたと、そして、あまりに怖かったのか、写真の男の子はおもらししちゃったのよと、お母さんが教えてくれました。

katarungan family


 ウバイでは、目に見える被害は壁や屋根が少し剥がれ落ちているくらいですが、耐震性などない建物ですので、強い余震が来た場合どうなるか分かりません。

 JICAがフィリピン政府に、建築基準法の見直しを訴えてくれたようですがどうなるのか…。村の人も建物の弱さは分かっているので、時に過剰ですが危機管理はできています。大きな余震があると噂が流れた時は、夜中に皆が集まっている場所に連れていかれ、ほぼ外で夜を過ごしました。。何も起こらなかったことに感謝です。

 被害が大きい場所(サグバヤン、ロオンなど)は、まだ電気や水がなく、テントで生活などが続いているようです。ウバイ役場からはサグバヤンへ、水や食料などの救援物資を運んでいます。

 雨期なのに雨が全然降らなかったのが、今になってかなり激しい雨がほぼ毎日降るようになり、被災地でも雨が続いているようで、かなり辛い生活になっていると思います。
 
 微力ですが、少しでも力になりたいと思います。

 bungahoy


 福田
スポンサーサイト
ワールドコラボフェスタ2013がほぼ中止に 
2013.10.24.Thu / 11:34 
 
10月26日、27日に実施される予定であった、ワールド・コラボフェスタが台風27号の影響により、
ほぼ中止されることになりました。

10月26日(土) イベント中止
10月27日(日) オアシス21(コラボ広場・ワールドステージ)のみ開催
           もちの木広場会場は中止

ワールド・コラボのチラシ


イカオ・アコはブースを借りて、リサイクル商品を販売する予定で準備をしていましたが、
残念ながら、来年に見送ります。

参加を予定してくれたみんなには別の機会にお会いしましょう!

 
* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
Tさんの感想 3日目 
2013.10.20.Sun / 21:27 
 パタッグで滝を往復するハイキングを楽しみました。

自分の住む栃木県とは、違った植物があり、珍しい風景を

見ることができました。

パタッグは、涼しいと聞いていましたが、夜の涼しさは、

想像以上でした。帰る為 平野部に戻ったとたん晴天だった

こともあり暑く感じました。

 ネグロスに滞在中レストランでの食事は、一度もなく

地元の方が調理した家庭料理をご馳走になりました。

血糖値が高めだと言われているのに、おいしくて毎回

食べ過ぎてしまいました。

普通の旅行では、できない素晴らしい経験をしました。

倉田さんらイカオ アコのスタッフが、現地に溶け込んだ

活動をし、現地の方達と友好関係にあることを強く感じ

ました。

充実したフィリピン旅行になり大満足です。

行って良かったです。
Tさんの感想 2日目 
2013.10.20.Sun / 21:25 
ダプダプでマングローブの植林と清掃をしました。
晴れて絶好の植林日和で気持ちがよかったです

大学生、小学生の先生、ネグロスで別のNGO活動中の中山さんも一緒に活動しました
中山さんにも若い日本人が海外で活躍しているなと感心しました

過去に植えた苗木が生長している様子を見ることが出来ました
風のせいか傾いている木もありますが、生き残って大きく育ってほしいです

植林地にはプラスチックなどいろいろなゴミがありました
とても拾いきれないので木に絡み付いたビニールを取り除きました。今後もまめに大勢での清掃活動が必要です。地元植林団体の活躍を期待します。

昼食後竹の橋からマングローブ林を見て回りながらみくさん、中山さんの話を聞きました。
海外で活躍中の2人の話を聞くことができてよかったです。

その後雨になり地元植林団体のリーダーの家で雨宿りしました。
植林地での活動を満喫して大満足です。

夜はパタッグで一般の家庭に泊めてもらいました。
雨宿りも宿泊も地元の人の生活の一部を知る貴重な体験でした

Tさんの感想 1日目 
2013.10.16.Wed / 16:13 
イカオアコボランティアに19回参加して頂いているTさんの感想です


10月11日 

マニラ空港ターミナル1に到着後シャトルバスでターミナル2に移動しました。
次のバスが何時なのか分からない状況でバスが来るまで1時間20分待ちました。
多くの外国人旅行者が腕時計や携帯電話を何度も見ながら30分以上待った挙句、バスを諦めタクシー乗り場に向かいました。自分は乗継待ち時間がたっぷりあるので意地になり待ってみました。

係りの人が「このバスの運行ダイヤは全くあてにならないですよ」と予め言ってくれた方がよっぽど親切だと思いました。

シライの空港では倉田さんたちに迎えられ国際研修センターで夕食を食べ、泊まりました。
宿泊施設までイカオアコが持っている活動が発展していると感じました。

ここではインターンの美紅さんに初めて会いました。元気がよく明るくて素晴らしいと感心しました。

倉田さんがひときわ優れているのは以前から知っていますが、イカオアコや倉田さんの友人でフィリピンで活躍している日本人に会うと元気で頼もしいことに驚きます。
新聞では若者が内向きだ、留学が少ないなどと報道されていますが優秀な日本の若者がいると感じます。
| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。