ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2013年04月の記事一覧
≪03month
This 2013.04 Month All
05month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日 IKAW-AKO Showroom & Cafe みどり オープン 
2013.04.30.Tue / 23:27 
 
 いよいよ明日、IKAW-AKO Showroom & Cafe Midoriがオープンします。
 
 ネグロス島は、シライ市プラザ前のダンキンドーナッツ隣に位置します。
 文化財としても登録されている建物内です。

Cafe


Cafe


 ビジョンは

 私たちが支援している植林団体のメンバーが作った身体と環境に優しい商品の販売を促進していくことで、
 
 1.住民の生活を向上し、団体が植林活動及び、植林地のメンテナンス活動を継続していけるようにし、

 2.市民に環境活動を啓発していくこと。 


 ミッションは、

 1.お店では、イカオ・アコが支援している村の植林グループのメンバーたちが作ったものを販売・提供していきます。→収益の一部は、植林グループに貯められ、植林・メンテナンス活動に充てられます。
 
 2.お料理には化学調味料を使わず、村の人たちが減農薬で栽培した野菜料理を中心にからだとお財布に優しい値段で提供します。

 3.カフェという場を通して、地産地消、オーガニック、フェアトレード、4R、流域の森林管理等の普及啓発を行います。


 今日は、美味しそうな野菜が沢山届きました。
 その野菜から作られるおかずは美味しいこと間違いなし!
 野菜を購入することもできます。

 沢山の人に地元で収穫されたものの良さを知ってもらい
 村の活性化に繋げていけたらと思います。

 体にも環境にも優しい、IKAW-AKO Showroom & Cafe Midoriへの、お越しをお待ちしております。

野菜

メニュー


 福田

 
 
 
  
 
 
 
スポンサーサイト
ご挨拶 
2013.04.22.Mon / 16:13 

 初めまして。こんにちは。

 4月からIKAW AKOの現地駐在員として働くことになりました、福田幸と申します。

 現在は、ネグロス島のIKAW AKOオフィス兼住居に滞在しており研修中の身です。

 駐在先はボホール島で、5月に移動し1年間滞在を予定しています。
 今後、ボホールでの活動をブログにUPしていきたいと思います。

 
 まだ右も左も分からない状態ですが、よろしくお願いします!


ご挨拶

イオン環境財団助成事業報告書の完成! 
2013.04.13.Sat / 18:05 
 
2012年度にイオン環境財団から助成金をいただいていました。
事業報告書が完成しました。まだ、他にも報告書を作成する必要があるので、イカオ・アコの事務局は年度末状態です。

イオンの報告書の写真です↓
イオン報告書


フィリピンボホール島において、マングローブの植林、小学生に環境教育、インフラとしての竹橋の建設が主な事業です。地元でもこれらの事業が快く受け入れられており、市長はじめ、地域の方々に継続的な事業を強く期待されているところです。

植林サイトの様子をお見せします。ハート型の島の形をした、トリスレイエス島のマングローブの生育状況です↓
トリスレイエス島

ほかにも写真があるのでFBで見てください。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.507080762691223.1073741856.100490060016964&type=1


* テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記 *
卒業論文にイカオ・アコ登場 
2013.04.07.Sun / 18:51 
 
岩手大学のOさんから電話を受け取ったのは、昨年11月。
NGOと企業との連携で卒論を書こうとしているのでイカオ・アコを研究フィールドのひとつとさせて欲しいということでした。
こちらからパンフレット類、過去の調査資料などを送りました。

メールで何回か、質疑応答のやりとりがあったあと、しばらくメールも来なくなりました。
まとめ作業に入っていたんですね。3月3日に礼状と共に、卒論の骨子が送られてきました。しっかり見させてもらいました 笑  なかなか良く調べています。

その卒論のタイトルは、

貧困・環境問題の解決とNGO-企業連携
  -フィリピンを事例として-

です。第1章の貧困の歴史と環境問題の関連性から始まって、第2章ではフィリピンにおける貧困と環境問題の事例として、ネグロス島を取り上げている。イカオ・アコから提供した資料も的確に使っている。第3章ではNGO活動の問題点と企業連携の可能性について一般論を述べている。第4章では、フィリピンにおけるNGOと企業の連携の事例として、イカオ・アコとニチバン株式会社の協働プロジェクトのことについて触れ、連携の成果や問題点を指摘している。まとめの第5章ではNGOと企業の連携から、貧困と環境問題の解決の可能性についてまとめている。

卒論


イカオ・アコの活動を卒論の中で事例として取り上げてもらったことに感謝するとともに、イカオ・アコの活動が社会的な責任を果たさないといけないと改めて認識させてくれました。感謝感謝
* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。