ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2012年02月の記事一覧
≪01month
This 2012.02 Month All
03month≫
ニチバン様と協働しているEcoProjectが少しニュースになりました 
2012.02.27.Mon / 08:45 


昨年度に引き続き、今年度もニチバン株式会社様と協働でエコプロジェクトを推進していることは、以前お知らせしました。
今年度のプロジェクトの案内はここ↓
  http://www.nichiban.co.jp/project/makisin-eco/main.html

基本的な枠組みは、昨年と同様です。小学校、病院などの組織や個人で収集されたテープの巻心を指定の回収場所に送るとダンボールに再生されます。

このProjectに参加している、碧小学校のことが新聞記事になりました。
ネットにも掲載されていますので、ちょっと覗いてご覧↓

http://www.asahi.com/edu/news/OSK201202220094.html

スポンサーサイト
* テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース *
スタディーツアー■後編■ 
2012.02.27.Mon / 01:48 
後編です!

この2日間は、バコロドから南に約100km(バスで3時間!)下った所に位置する、イログ市へと行ってきました。
CIMG1720_20120228074902.jpg

1日目は到着が午後(満潮)となり植林が行えないので、翌日の早朝に行うこととなります。

ということで、1日目は村の方々との交流活動と、夜には大イベントの「ミスマングローブ」
このイベントでは、村のお母さんたちからもっともマングローブの母にふさわしい(元気な人?)を選ぼうという企画です。

こちらは参加者のお母さんたち
後ろ姿になっていますが・・・。
CIMG1732.jpg

大勢の村の方々が集まって下さいました。
CIMG1761.jpg

インターミッションとしてダンスを行った中、特にうまかった子供たち。
CIMG1814.jpg
もちろん私たちもダンスを踊りました!

そして翌日は、目を擦りながら朝の6時半から植林を行いました。
今回は3000本ものマングローブを植林しました!
P1150038.jpg

これにて今回のツアーでの植林は終了となります。
たったの1週間だけれども、ものすごい内容の詰まった1週間であったと思います。
参加者の浅井君、鈴木君も多くを体験し、学び、満足してくれたようで良かったです!!

最後に、シライ市内のレストランでお別れパーティを開き、ツアーは終了です。
DSC00429.jpg

参加者の2人、そしてスタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

周東
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
スタディーツアー■中編■ 
2012.02.26.Sun / 20:29 
中編です!


4日目 植林@DAPDAP→CULTURAL&SPORTS FESTIVAL


この日はかなり盛りだくさんの一日でした。


午前中、DAPDAPにて植林。
DSC00258-2.jpg DSC00248-2.jpg
スタディツアーで来てくれたコウとタツ。


二人ともカービンリーフでの日焼けで悶絶しながら植林をしていました笑



DSC00273-2.jpg
SPORTS FESTIVALのキーマン。バブイ。


DSC00312-2.jpg


そんなこんなで午前の部、植林@DAPDAPは終了。



そして午後は…………………………………CULTURAL&SPORTS FESTIVAL!!!


CULTURAL&SPORTS FESTIVALとは……

イカオ・アコのプロジェクトサイトは川に沿って上流部(パタッグ)や河口域(DAPDAPなど)と、現在5つあります。

しかしながらそれぞれのサイトは離れているところもあり、なかなか交流を持てないでいるのが現状です。

そこでスポーツを通じて交流を深めるというのがCULTURAL&SPORTS FESTIVALなのです。

初開催です。

CULTURAL&SPORTS FESTIVALの様子をどうぞ!


ネグロス・マイラブの著者、大橋さんご夫妻やバコロドに住む日本人の方々も来て下さいました。
DSC00355-2.jpg DSC00363-2.jpg

各団体がプレゼンテーションを行います。
DSC00361-2.jpg


そしてダンス!
CIMG1651-2.jpg


イカオ・アコも参加しました。
振り付けはバブイ!
CIMG1673-2.jpg

大成功を収めることができ、最高でした!
DSC00384-2.jpg

では!
(小林)



スタディーツアー■前編■ 
2012.02.23.Thu / 15:12 
一昨日スタディツアーが終了しました。

振り返っていこうと思います。

二日目!植林@パタッグ

パタッグは山間のきれいな村。フィリピンの村というと海辺の漁村をイメージするかもしれないですがこんな感じです。↓
IMG_0699-2.jpg

間違えました!これはスタッフの写真でしたね。

こんな感じです↓
395347_304145942975021_100001388531964_849206_1331750207_n.jpg

生えている木の種類も海岸部とは全く異なっていますね。

道中。
430929_304145879641694_100001388531964_849205_1773447686_n.jpg
ずいぶんとアグレッシブな。


植樹はカカオとコーヒー。
IMG_0734-2.jpg
山奥。
IMG_0755-2.jpg

そして日本神社に行きました。↓手水舎。
IMG_0804-2.jpg

皆さんは何を願ったのでしょうか。僕は・・・もちろん秘密です。

三日目!カービンリーフ

カービンリーフ!
IMG_0829.jpg

カービンリーフ!!
431595_304152126307736_100001388531964_849271_1795014602_n.jpg

カービンリーフ!!!
DSC00216-2.jpg

もうこれだけで十分ではないでしょうか笑

カービンリーフはネグロス島北部のサガイ沖に浮かぶ面積体育館3つ分ほどの小島。もちろん無人島でサガイの港から船で30分ほどかけて移動します。

めちゃくちゃきれいでした!
398499_304151562974459_100001388531964_849266_2066376517_n.jpg

では!(小林)
スタディツアー初日! 
2012.02.17.Fri / 00:52 
こんばんわ!現地ボランティアの小林です!

体調を崩し寝込んでおりましたが復活しました!

寝込んでいる最中はもうシーフードは食べたくないとあれだけ思っていたのに、
回復するとまた食べたくなっちゃいます。人体の不思議(笑)

看病して下さった方々本当にありがとうございました!


今日は第66回スタディツアー初日でした!

夜に日本から後藤先生と大学生の参加者さん達がシライに到着。

そのままバラリン村のシーフードレストランへ!

豚のミミガーの炒め物がめちゃくちゃ美味しいです!シーフードレストランですが(笑)

そしてその後はツアーの参加者さんも加えてのダンス練習。SPORTS FESTIVALで披露します。

今回のスタディツアーが実りあるものになって頂けるように力を尽くしたいと思います。では!

(小林)
第3回マングローブコンテスト 
2012.02.15.Wed / 11:22 
昨年9月に始まったマングローブコンテストも3回目を迎えました。
人がたくさん集まる村のお祭りに合わせて開催しています!

第1回パンパン村
pan.jpg

第2回シナンティガン村
sin.jpg

そして、今回はフーマイフーマイ村で開催!
開始前、雨が降るし、停電にはなるし・・・開催できるか心配でしたが、予定より2時間遅れで開始できました。

このコンテストの特長は
村の7つのエリアから1組ずつ参加でき、老若男女、誰でも参加できます。
3_20120215095456.jpg 11.jpg
もちろん、衣装もマングローブの葉を使用。

出場者は衣装を披露するだけでなく、審査委員の前でダンスを踊ります!
各出場組ごとにマングローブの名前がつけられ、そのマングローブの葉を使って衣装を作ったところもあります。
10.jpg 9.jpg

次はマングローブクイズ。
現地のビザヤ語で出題しましすが、質問の内容によっては選択方式でも難しいです。
7.jpg 1.jpg
お世話になっているCRMのマネージャーから、回答の補足説明をしてもらいました。

下記のような問題を出題しました。もうみなさんは分かりますね。

マングローブに影響を与えないのはどれでしょうか?
 1.ヤギがマングローブの葉を食べる
 2.カラオケの音
 3.サンゴ礁の破壊


最後はゲームをして楽しみました。
2_20120215095457.jpg
卵を落とさないようにキャッチボールし、徐々にお互いの距離をのばしていくゲーム。

4_20120215095453.jpg 5_20120215095453.jpg

遊びに来た他の村の人たちを合わせて200名ほどの観客が来てくれました!今回は村長からの依頼があって開催することになりましたが、環境教育の一環として、どんどんこのマングローブコンテストが各地に広がるといいですね。

今回のマングローブコンテストを通して、村の人たちに少しでもマングローブのことや、私達の活動を知ってもらう良い機会になったと思います!
***レオが日本にやってきた!国際交流セミナーも充実***  
2012.02.13.Mon / 23:49 

イカオ・アコのフィリピン支部チェアマンのレオ・カンソン氏の乗った飛行機が大幅な遅れで日本に到着。

疲れているはずけど、セミナーの講師も立派に務めました。

2月12日(日)にJICA中部で、「熱帯林再生のための国際交流セミナー」を開催しました。
イカオ・アコ設立15周年記念事業の一つです。講師はレオを含めて3名です。
セミナーの立案も遅かったので、来場者が来てくれるか心配していましたが、23名で空いてる椅子もなくなりました。桜丘高校1年生のときに参加してくれた大学生が東京から駆けつけてくれたり、他のボランティア団体の方、イカオ・アコの役員のお母さんもいました。
 
  フィリピンにおけるマングローブ再生の現状
         イカオ・アコ代表 後藤順久
  熱帯林再生のためのシライ市の取り組み
         シライ市職員 レオ・カンソン
  緑と友情を育むワークキャンプinボホール島
         NICE 浅井杏里

 レオはフィリピンのマングローブの現状、イカオ・アコの歴史、JICAプロジェクトのあらましなどを熱く語ってくれました。聴衆の皆さんは食い入るようにスライドを見ていましたよ。私も頭を整理するのに役立ちました。

Leos speech


 セミナー終了後、懇親会を立食で開催!
 初めて会った人とも多くを語ることができた充実した1日となりました。

* テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース *
ボンゴール小学校との植林 
2012.02.10.Fri / 19:02 
本日は、地震後初の植林を行いました!

(地震に関しては、こちらでは体感で震度4程度の大きさでした。
日本人スタッフは慣れたものでしたが、現地の方々は大変驚いて
いたよう。しかしながら、幸いにも関係者に怪我人は居ませんでした)

今回の植林はバラリン村のボンゴール小学校6年生との植林です。

IMG_0557.jpg
こちらの柵で囲まれている部分が植林サイトです。

今回改めて感じたのは、干潟の生物の多さ。
僕の地元である江ノ島海岸とは比べ物にならないほど多くの生き物がいます。

地元の小学生たちは生き物を捕まえるのが本当にうまく、あれよあれよという間に
カニ、エビ(のようなもの)、ヤドカリ、二枚貝を捕まえていきます。

そしてこちらでは、当たり前のように焚き火や井戸が使われています。
IMG_0599.jpg

IMG_0603_20120210185307.jpg
(植林後の小学校での写真です)

小学生たちが井戸の水を使い、手際よく魚の肝を抜いていく様には驚かされました。

植林後は、近くの学校とミーティングを行い、事務所へ帰宅。
IMG_0608.jpg

日本とは質の違う、フィリピンなりの豊かさを感じさせられた1日でした。
IMG_0592.jpg

周東
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
植林感想 
2012.02.06.Mon / 20:10 
先日、強行日程にもかかわらず来比してくださった田村さんが、さっそく植林の感想を寄稿して下さいました!!

―――――――――――――――――――――――――――
(以下、寄稿文となります)

ダプダプで植樹とバラリンでのんびり
ドニャモンセラータ高校の生徒と一緒にバスでダプダプに向かいました。2人掛けの座席に3人で座り歓談している様子は、とても幸せそうでした。日本では、法律違反になると思いますが、高校生は、いきいきしていて好感を持ちました。村の植林団体のメンバーは、お揃いのTシャツ姿で、活動的な雰囲気で親しみを感じました。
高校生には、植樹前に植え方の説明があり良かったと思います。作業は、とても楽しかったです。
植林地の清掃では、一緒に仲良く作業している高校生カップルを見かけて ほほえましく思いました。
作業後には、JICAプロジェクトのパンフレットを使った説明があり 清掃作業直後の現地という特別な環境での解説は、効果が大きいと思います。
友人達と作業した楽しい経験と環境教育は、いつまでも記憶に残るでしょう。

バラリンのマングローブ林の中で昼食を食べて展示館を見学し、竹の橋からの景色を満喫しました。
自分達で貸切状態のタワーでゆるやかな風に当たりながらのんびりマングローブ林を眺めて午前中の楽しかった出来事を振り返りました。昨日のフィリピン航空の遅延 マニラ空港でのわずらわしい客引き 過剰冷房 ホテルの部屋で蚊にたくさん刺されたことなどすっかり忘れて 来て良かったなあとつくづく思いました。後から高校生の集団が来て賑やかになり物思いにふけるどころでは、なくなりましたが、今度は、活発な高校生の姿を目の当たりにして楽しい気分になりました。

インターンで来ている周東さんに初めて会いました。若くて元気で賢いです。もう1人インターンの小林さんは、体調が悪く会えなくて残念でしたが、倉田さん 周東さんは、優秀で頼もしいです。
短い滞在でしたが、充実して楽しかったです。
ダプダプの植林地にも また行きたくなりました。

関連記事⇒http://negros.blog48.fc2.com/blog-entry-1079.html
――――――――――――――――――――――――――――
田村さん、お忙しい中ありがとうございました。フィリピンの学生たちにも、大きな刺激になったと思います。
またネグロスでお会いできることを、心待ちにしております!
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
高校生との植林@DAPDAP 
2012.02.06.Mon / 11:50 
一昨日(2月4日)、DAPDAPにて地元高校生たちと植林を行ってきました。
今回は、なんと高校生総勢160人!先生もコントロールするのが大変そうです・・。

こちらが植林を行っている時の写真です。
IMG_0372_20120206114027.jpg

今回の植林サイトは、前回植林を行った場所より、少し奥まったところに設定しました。
その前回の植林分も、順調に定着しています。

そして今回は、日本から駆けつけて下さった田村さん、現地で農業を学んでいる大塚さんが植林に参加して下さりました。
IMG_0368_20120206114026.jpg

IMG_0490_20120206114026.jpg

植林が終わった後は、ここDAPDAPの隣に位置するランタッド村の議会に参加させていただきました。
IKAW-AKOとしてのお願いは、地元住民の貝採取を、マングローブの植林サイトでは避けてもらうこと。
なぜなら、マングローブの根を傷つけ、枯死につながる可能性があるからです。

短期的には住民にとってはデメリットだけれども、マングローブが順調に育ってくれれば、いまより
もっと多くの貝が取れるようになるはず。

議会のメンバーも積極的に賛同し、具体策を出して下さりました。

IMG_0460.jpg
(一段高い所に座っている市長さんは、なんとまだ28歳!
若くして市長を務めていらっしゃいます。)

マングローブの植林が、長期的に地域の方々の生活向上につながっていくことが、切に望まれます。

周東
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /