ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2012年01月の記事一覧
≪12month
This 2012.01 Month All
02month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イログ村での植林 
2012.01.30.Mon / 12:57 
1月27、28日の2日間で、シライ市から南に約100km離れたイログ市ボカナ村で植林を行ってきました。

予定では、27日は休み、28日の早朝から植林を開始するはずでした。
しかし、村のメンバーの一人がお亡くなりになり、28日にお葬式をしなくてはならないということで、急遽予定変更。
到着したその日の夕方に植林を開始しました。

こちらは、2年前に植林を行ったマングローブ。順調に育っています。
IMG_0022.jpg

そしてこちらが、今回の植林の写真
IMG_0073.jpg

村の方々100人以上が植林に参加して下さりました。

そして植林後は、夜通しのお通夜です。
趣旨は、「亡くなった方が寂しくならないように」とのこと。
日本とはちょっと感覚が異なりますね・・・。

お通夜の日だけは、特別にトランプや麻雀での賭けが許されています。
IMG_0117.jpg

そして翌日、青年海外協力隊の方が集めて下さった日本からの古着を村に寄付をし、今回の植林活動は終了です。
IMG_0137_20120130130955.jpg

1泊2日にもかかわらず、とても内容が濃く、熱い植林活動になりました。

周東
スポンサーサイト
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
子供たちと植えよう!第66回マングローブ植林ツアー 
2012.01.27.Fri / 13:22 
ウィジット


 マングローブの植樹活動にご支援をいただきありがとうございます。
 フィリピンで2015年までに100万本の植樹をする計画です。現地の行政、
 大学、地域コミュニティとの共同作業となります。
 植樹後の苗の世話は、現地のコミュニティが取り組んでくれます。
 2月に次回の植林ツアーを企画しています。地元小学生との交流、
 コミュニティでの日本文化の紹介、運動会などもプログラムの中に
 組み入れました。あなたも一生の思い出に残る有意義な体験をしませんか?
 部分参加も可能です。後藤までお問い合わせください。

【行事名】子供たちと一緒に植えよう!マングローブ植林ツアー
【開催日時】第66回 2012年2月16日(木)~2月22日(水)
   (部分参加も当然可能です)
【開催場所】フィリピン・ネグロス島
【行事内容】子供たちとマングローブの植樹のほか、日本文化の紹介、
  運動会などもプログラム化。詳細は追って、Webで掲示します。
【参加費用】40,000円予定(1泊7,000円見当) 現地集合
 (現地での宿泊費、食事、苗代などを含む。中部国際空港からの往復航空券、
  空港利用料を含みません)
【募集人数】10 名
【申込方法及び締め切り】申し込みはイカオ・アコの後藤までご連絡ください。
 申込用紙はWeb上に掲載しています。締め切りは出発の1ヶ月前です。ただし、
 締め切りを過ぎても航空券が確保できましたら、参加可能です。
 キャンセル待ちで航空券を確保できる可能性があります。でも、
 できるだけ早い申し込みが安全です。チケットの取り方も教えます。
【補足説明】
 ・英会話ができなくても大丈夫です。あなたの伝えたい気持ちが大事です。
  日本人の現地駐在員が通訳のサポートをしてくれます。
 ・フィリピンの旅程に日本人駐在員と市役所職員が同行しますので、安全です。
【感想文】PCでご覧ください。
  http://negros.blog48.fc2.com/blog-category-44.html
  http://negros.blog48.fc2.com/blog-category-45.html

フィリピンへ植樹に行ってきましたー!!(参加者コメント)
 植樹の作業は思っていたより楽しく進めることができました。
 英語があまり話せない私ですが,「そんなことは全く関係ないんだから
 一緒にマングローブを植えよう」とフィリピンの人達に教えてもらった
 気がします。「伝いたい!」その気持ちがあれば,お互いを理解し、
 思いやれる気がしました。子供たちとの交流には,特に衝撃を受けました。
 子供たちは,人懐っこく,目がきらきらとさせ笑顔一杯で何だか
 私まで楽しくなってきます。子供たちからは何とも言えない不思議な
 パワーを沢山もらいました。
* テーマ:海外ボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア *
TUPで日本語教師ボランティア 
2012.01.26.Thu / 00:07 
こんばんわ!小林です!

本日はTUP(Technical University of the Philippines visaya)で日本語のTA(アシスタントティーチャ―)を行いました!

大学生4年生(こちらでは20歳です)のクラスを受け持ちました。黒いTシャツが自分で、ポロシャツを着ているのが周東君です。
IMG_0714.jpg

日本語を教えるのは初めての経験だったのですが、生徒たちが「公園で遊びに行く」と「公園に遊びに行く」で悩んでいたり、文末の変化で考え込んでいるのを見て、日本語のニュアンスの難しさのようなものを感じました。

また授業中は生徒たちのテンションがとても高く、とても楽しんでいるなというのが印象的でした。

ところで、昨日はバラリン村でマングローブ植林でした!
IMG_0688_20120126000410.jpg


おかゆを作って配ったり
IMG_0698_20120126000433.jpg

濃い時間を過ごせました!

ちなみにバラリンのシーフードレストランは知る人ぞ知るような穴場スポットで、今度紹介したいと思います!では!
小林

* テーマ:日本語教育 - ジャンル:学校・教育 *
ボンゴール小学校の生徒たちと植林 
2012.01.25.Wed / 12:47 
今日は朝の7時に事務所を出発し、シライ市バラリン村、ボンゴール小学校の生徒たちとマングローブ植林を行いました。日中は暑くなるので、フィリピン人の活動開始時間はとても速いのです。

ボンゴール小学校は、総勢100人ちょっとの小さな学校。各学年の人数は20名と少ししかいないので、授業は1,2年生、3,4年生、5、6年生がまとめて行われています。

こちらが植林を行っている写真です。
IMG_0627.jpg

今回一緒に植林を行ったのは、5,6年生。前回の高校生との植林とは異なり、より植えやすい場所に植林を行っています。

植林が終わった後は、ひとしきり子供たちと遊んだ後にお粥を出しました。
こちらは、そのお粥に入っている鳥の足。
CIMG1354.jpg

IMG_0696.jpg

ほとんど食べるところがありません・・・。

この植林を通して、子供たちが環境保全への意識を少しでも持ってくれればと思います。
IMG_0688.jpg

周東
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
熱帯林再生のための国際交流セミナーを開催  
2012.01.23.Mon / 19:37 
 
 フィリピンシライ市職員レオ・カンソン氏を招聘し、一般の人を対象に、
 誰にでも分かりやすい講演会を開催します。通訳がつきます。講演会の内容は、マングロ
 ーブの減少問題の理解だけでなく、日本経済との関わりやNGO活動が
 自分たちの身近にあることを認識してもらいます。植林だけでなく、環境教育、ワークキャンプなど
 イカオ・アコの取り組みをあわせて紹介します。
 
P1130891.jpg


 【日時】2月12日(日) 11:00~12:30
 【場所】JICA中部2階セミナールームA1-2
 【プログラム】
  フィリピンにおけるマングローブ再生の現状
         イカオ・アコ代表 後藤順久
  熱帯林再生のためのシライ市の取り組み(案)
         シライ市職員 レオ・カンソン
  緑と友情を育むワークキャンプinボホール島
         NICE 浅井杏里

 【参加費】無料
 【申し込み】イカオ・アコ事務局までメール(mha01557@nifty.com)でどうぞ
       あるいはfacebookやmixiからでも可能です
  
 セミナー終了後、懇親会を1階のカフェ・クロスロードで開催します。
 こちらではフランクに話ができます。レオ・カンソンは誰とでもすぐに仲好しになれる、 
 みんなに好かれる性格の持ち主です。 懇親会の参加費は男性2,500円、女性2,000円です。
 
* テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース *
植樹VOL1@DAP DAP 
2012.01.22.Sun / 23:16 
こんにちは、マヨンハープン!小林です!

昨日は初めての植樹で市内から20分ほどの、DAP DAPという植樹プロジェクトサイトに行ってきました。
朝6時半に起床し、地元の高校生とともにバスでDAP DAPへ向かう。
IMG_0364mini.jpg


DAP DAPはこんなところ。引き潮の時間帯を狙ってマングローブを植えます。
IMG_0388mini.jpg



これが植樹の様子。木の棒で穴を開け、そこにパガパットpagatpatというマングローブの一種の苗木を植えていきます。
IMG_0389mini.jpg



高校生とともに植樹をしたのですが、一緒に木を植えながら、"なぜ植樹をするのか"や"マングローブに関すること"などを自然な形で伝えていければ、印象にも残るし座学やセミナーのような形で教えるよりも効果的だと感じました。
そのために次回までにより多くの知識を蓄え、積極的にいろいろなグループを回りたいと思います。

植樹の後はゴミ拾いです。本当にたくさんのゴミが落ちている。麻袋がパンパンになります。
IMG_0453m.jpg



真中の黒いキャップをかぶっているのが自分です(笑)では!
IMG_0479mi.jpg


ニューイヤーフェスティバル in フィリピン 
2012.01.22.Sun / 23:13 
こんばんは!ボランティア6日目の周東です。

昨日は現地駐在員の倉田さん、もう一人のボランティアの小林君とともに、中国のNew Year Festvalに行ってきました。

フィリピンなのに中国の新年・・・?と思われますが、実際、フィリピンに中華系の人々は1.5%しか居ないそう。それなのにお祭りを開いて、休日にまでしてしまうフィリピン人は、よっぽどお祭りが好きなのでしょう。

実際、フィリピン人ばっかりで中華系の人はほとんど見かけない上に、中国らしさはほとんどありません(笑)
CIMG1314_20120122231019.jpg

こちらは、倉田さんと小林君。
CIMG1315.jpg

お祭り自体は日本の学園祭のような雰囲気。メインストリートの両脇にお店がずっと続いていて、いくつかあるステージでは大音量でライブが行われています。

そしてすごい人の数・・・。深夜の12時を過ぎても、一向に人が減る気配はありません。お祭りが行われているバコロド市の人口は約43万人(僕の地元の、神奈川県藤沢市の人口とほぼ同じ!)。そのうちの、かなりの割合の人がこのお祭りに参加しているのではないでしょうか。

こちらは、フィリピン名物のゲテモノ、バロット。
CIMG1317.jpg

孵化しかけの卵を、蒸して食べるそうです・・。食べた小林君の感想は、半分鶏肉で半分卵の食感だそう。そう聞くと美味しそうだけれども・・・・・。

楽しいお祭りの一方で、地面にはものすごい数のゴミが捨てられています。日本のお祭りでもゴミは見かけますが、ここまでではないと思われます。

CIMG1323.jpg

いくらマングローブを植えても、地元の人々の意識が変わらない限りは、究極的には環境保全には繋がらないはず。

ローカルな視点から、少しずつでも変えていければと思います。

周東
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
こんにちは!初ブログ! 
2012.01.22.Sun / 21:57 
こんにちは!1月18日からインターンをさせて頂いている小林隆英です。
成田空港を出発後、ソウルを経由し、マニラ空港のイミグレーションでかなり長い間待たされた後、フィリピンに入国しました。
初めてのマニラはむわっとした、霞がかったような空気とごった返し感が印象的でした。
DSC00162 mini



マニラ到着後はJICAのセミナーに参加させて頂き、現在ネグロス島シライに滞在しています。
ここネグロスではマニラとは異なり、青い空が広がり、島時間とも呼べるようなゆったりとした時間が流れています。

今回インターンをさせて頂こうと考えたのはバックパッカ―などの一過性の訪問と異なり、ある程度の期間を現地で過ごし、問題を解決していく過程を経ることでその土地について深く関わりを持ちたいと思ったからです。

またIKAWAKOを選んだのは、自分は大学では農学部で勉強をしていたのですが、"マングローブの植林"という、沿岸環境の保全というテーマが自分が勉強したいこと、将来の仕事にもつながる分野だと考えていたからです。
実際に代表の後藤さんやプロジェクトマネージャーの倉田さんともお話をして非常にしっかりとした団体だと感じたのも大きな理由の一つでした。

短いインターン期間ですが主体的に行動し、多くのことを学べればと思っております。また現地の人々の生活に溶け込むような濃いフィリピン生活を送り、最終的にはフィリピン人よりもフィリピン人らしくなりたいと思います(笑)
DSC00176m.jpg

真ん中の黒いTシャツを着ているのが自分です(笑)一緒に写っているのは一緒に植林をした地元の高校生たちです。

これから多くのことでお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願い致します。
国内インターン募集! 
2012.01.20.Fri / 11:25 
◆担当業務
・広報業務(メールマガジンの発行、イベントの告知、広報ツールの作成など、広報全般)
・スタディツアーなどの広報や企画・運営の補佐をする業務
・資金調達業務
・イベント業務(一般市民向けのイベントや講演会の企画・運営など)
・国際理解教育業務(スタディツアー事前説明会のプログラムの作成、中高生の総合学習の実施)
・フェアトレード業務(商品の販売、営業など)

◆資格・条件
  PCの基本操作ができる方
  日常会話程度の英語が話せる方
  最低半年は続けられる方
  NGOの活動に理解を持っている方

◆募集定員
  1名

◆勤務地
  日本福祉大学内 後藤研究室

◆勤務時間
  週2日以上 10:00~17:00
  
◆応募方法
  E-mailにてご連絡下さい
  mha01557@nifty.com

◆募集締切り
  適任者が見つかり次第、締め切ります。

◆現在、国内インターンの感想
私がこの1年間、国内インターンを通して得られたものは数えきれない程あります。
その中でも
  ○企画書の作成、PCの操作など、全く出来なかった事が徐々に出来るようになりました。
   当初はパソコンも満足に使えませんでした。そのうえ、書いたことのない企画書や書類の作成に悪戦苦闘しました。ですが、自分自身にとってとても力になり、勉強になりました。

  ○個人では参加できないようなセミナーや研修に、イカオ・アコとして参加でき、自分自身のスキルアップとなりました。
   JICA主催の広報力を高める研修や環境再生保全機構主催の環境NGO・NPOレベルアップ研修に参加し、NGOで役 に立つことばかりでなく、自分の成長となることも数多く学ぶことができました。

  ○名古屋をはじめ全国のNGOの職員の方やボランティアをしている方々とのつながりができました。
   いろいろなNGOのイベントなどに参加でき、大勢の方に出会えたことが何よりも嬉しかったことです。


NGOや環境に興味のある方など、ぜひお待ちしています。




* テーマ:職業訓練 - ジャンル:就職・お仕事 *
1月15日からボランティアを開始しました! 
2012.01.17.Tue / 20:52 
こんにちは、1月15日から3月10日まで、約2ヶ月のインターンを行わせていただく、周東直毅(しゅうとう なおたか)と申します。

インターンをはじめるまでは、ネグロス島はすごく田舎な場所で、まったく近代化とは無縁なところだと思っていました。ですが実際に着いてみると、色々なところで近代化を感じさせられ、とても驚いたというのが初めの感想です。

テレビをつければアメリカ番組がいくつも放映されているし、巨大なモールには数々の有名メーカー、ファーストフードまで。それが首都マニラにだけでなく地方都市にまで存在していることに、驚きを感じました。

また同時に、東京にいると発展しすぎていて感覚が麻痺してしまいますが、フィリピンまで来て初めて、日本も同様に自国の文化を捨ててきたことを痛感させられました。

しかし、フィリピンのネグロス島が東京と違うところは、自然がまだたくさん残っていること。町の中には緑がたくさんあるし、海岸には、日本がほとんど埋め立ててしまった干潟がまだ残っています。

きっと、モールのショーウィンドーや、アメリカのTV番組を見てしまうと、近代化に魅せられて、緑とか原生の自然が軽視され、近代化の犠牲にされてしまうのでしょうか。

しかし、緑や、固有の自然を残していくメリットは、目先の利益を超えて、とても大きいはず。このインターンシップを通して、その手伝いをしていきたいと思っています。

とはいえ、自分はまだまだ1人では何もできない青二才。これからの2ヶ月弱、できる限り力をつけ、植林プロジェクトの力になっていきたいと思います。

皆様、よろしくお願いいたします。

IMG_0270_20120117203748.jpg

IMG_0303.jpg

IMG_0331.jpg

周東
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
イカオ・アコ副代表による講演会 
2012.01.17.Tue / 13:37 
1月12日(木)に日本福祉大学にて、イカオ・アコの副代表である鈴村さんが講演会をしてくださいました。

テーマは「夢を追い求めて~国際ボランティアと今日の私~」です。

メルマガをご覧の方はご存じだと思いますが、鈴村さんは2月から仕事でインドに駐在されます。

講演会では、鈴村さんがイカオ・アコと出会ったきっかけや、フィリピン駐在でのエピソード、またご自身の就職活動の経験やアドバイスなどお話ししてくださいました。


講演会が始まってすぐに、私も含め、学生の皆さんは鈴村さんのお話に引き込まれてしまいました。
何と言っても、鈴村さんの熱さです!

私が印象に残っていることは、鈴村さんの「就職活動がとても楽しかった。
できるならもう一度経験したい。」という言葉です。

「就職活動=大変、辛い」というイメージがありますが、それを楽しんで取り組んでいらっしゃった、その気持ちのあり方がすごいなあと感じました。
就職活動の心構えなども教えてくださり、これから就職活動をされる学生さん方はきっと勇気をもらったはずです。


私も、背中を押してもらえた気がしました。
自分も鈴村さんのように、いつでも物事に真剣に向き合っていこうと思います。
あなたの自宅でマングローブの植林? 
2012.01.16.Mon / 15:46 

ゲーム

マングローブが地球環境や海と陸の生態系の保全に重要だということが、専門家だけでなく、一般の方にも
認識されるようになって来ました。
でもマングローブを植林するとなると、熱帯や亜熱帯の地域に出かける必要があります。

しかし、皆さんのおうちでもマングローブの植林ができる、手軽な方法を教えます。
PC上の、ソーシャルゲームでマングローブを植えることができます。
ゲーム上では、マングローブの苗に集まってくる動物、魚、昆虫などをクリックして、マングローブの成長を
促します。

そして、ゲーム上で100本のマングローブの植林を行うと、事業者が沖縄で実際に1本のマングローブの植林を
してもらえます。

どうですか、あなたも沖縄の海にマングローブを1本植えませんか?

ゲームのURLは以下の通りです。

mixi登録者
http://mixi.jp/run_appli.pl?id=32167&owner_uid=zqytuytha6nib

mixi登録者以外(フジテレビが運営)
http://www.fujitv.co.jp/game/mangrove2/

 


* テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース *
メルマガが300号まで来ました 
2012.01.03.Tue / 23:07 
 
イカオ・アコが1週間に1回発行する、メルマガが300号を突破しました。

数年前に始めて、ほとんど休刊することなく、続けてきました。
そしてほとんど毎回、投稿してくれるのが、副代表の鈴村君です。

年が替わるときに、ちょうど300号です。

そのメルマガのタイトルは、「マングローブ植樹隊が今日も行く! 活動日記」です。
これを読めば、元気が出ること間違いなし。
申し込みは以下のURLで↓
http://www.mag2.com/m/0000170060.html

ちなみに300号で投稿された原稿の一部です↓

---------
 しかも、私はどこへ行っても仲間に恵まれ、そして、支えてもらった
 のは本当に有難く、海外に駐在員として赴任できることは私ではなく
 みんなが支えてくれた結果だと思っています。

 もちろん、海外での駐在員になることはゴールではなく、スタート
 なんです。駐在して、これから何が出来るのか?これが私にとっての
 大きな課題になります。もちろん、今までの経験を通して、出来る
 ことは最大限やるつもりです。いってみれば、会社から世界への
 挑戦権を提供してもらえた。というのが事実でしょうか?

 日本では想像も出来ないようなことが海外では起こる気がします。
 これからはどんな困難も乗り越え、必ずや最高の結果を残して、
 胸を張って日本へ帰ってこられるように努力していきます。

 私の熱さは世界にも通用するのか???

 それが私の今の楽しみです(笑)

 仲間や自分自身を信じ、胸を張ってインドへ飛び込んでいきます!!
 このメルマガは駐在になっても続けますんで、楽しみにしていて
 くださいね!!

* テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース *
| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。