ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2011年11月の記事一覧
≪10month
This 2011.11 Month All
12month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成22年度                                    国際ボランティア貯金寄附金に係る配分事業の中間報告  
2011.11.29.Tue / 06:00 
1. 配分事業の概要

事業地域内の住民は、マングローブの保全および持続可能な漁業を行うことの大切さは理解しています。しかし、収入のほとんどを漁業(一部の地域では農業)に頼っているため、漁獲量が少ないときには、違法な漁業な行為にいたり、捕まる住民が後を絶ちません。2010年度の事業においては、住民参加によるマングローブの苗木の育成、および購入を行ったところ、多くの住民が進んで活動に参加しました。その参加者の中には、以前、違法な漁業によりで逮捕されたことのある住民の参加も見受けられました。このことから、住民は違法な漁業を好んでしているのではなく、代替の収入源になるのであれば、マングローブ事業に取り組む意思があると感じられました。また、本事業においては、近隣住民の継続的な参加が必要不可欠になります。そこで、住民が継続的にマングローブの植樹及び育成作業を行っていくために、住民に安定した収入が得られる仕事を紹介し、技術指導と経営指導を行っていくことを目標としました。


2. 配分事業の進捗状況

■マングローブ植樹事業
4月~6月までは、植樹を行う場所の視察、契約書の作成、村の関係者、地域住民との打ち合わせを行いました。7月にパンパン村、フーマイフーマイ村、10月にアチラ村の3ヶ所の村で地域住民に対して苗木作りの講習会を行い、シナンティガン村で育てられたマングローブ植樹を実施しました。またその際には、すでに本事業を始めているシナンティガン村の住民グループからマングローブに関する知識(種類、苗木、育て方、メンテナンス)などを説明してもらいました。パンパン村ではメンテナンスをするために、村の各エリアからメンバーを選出し、月に2回メンテナンスをしています。トレスレイエス島では、島のリーダーがマングローブの植樹を自発的に計画し、45家庭(島の半分)がマングローブの植樹に参加しました。11月までに約5万本の植樹を行い、900名を上回る住民が参加しました。

P1130558.jpg P1130620.jpg P1020820.jpg

■養豚事業
4月~6月まではシナンティガン村の村長をはじめ、農業課の職員と養豚事業についての議論を重ね、7月下旬に本事業が始まりました。9月から11月にかけて、本事業に関する説明会を村の各エリアで開催しました。それにより、ほとんどの住民に本事業の内容を伝えることができ、公平に希望者を募ることができました。豚を提供するにあたり、希望者の各家庭を事前に調査し、その段階において豚を飼育していない家庭を対象に20頭の豚の提供を行いました。また、7月と11月に豚に関する基本的な知識と育て方について専門家を呼んでセミナーを開催しました。

P1020483.jpg P1130441.jpg P1130444.jpg

■海藻養殖事業
11月にトレスレイエス島の住民を対象に現地の専門家を呼んで海藻に関する講習会の開催しました。海藻養殖事業を開始するにあたり、必要な準備ができ次第、順次始めていきます。

P1020938.jpg P1020963.jpg P1030176.jpg 



4月~11月末時点までの活動実績

■マングローブ植樹(合計5万1434本 908名参加)

5月 シナンティガン村    4,000 本  20名
7月 フーマイフーマイ村  5,500 本 143名
7月 パンパン村        5,720 本 114名
7月 パンパン村       20,725 本 478名
8月 トレスレイエス村    6,141 本  44名
8月 シナンティガン村    1,948 本  38名
10月 アチラ村        7,400 本  71名


■海藻事業(合計23名参加)

11月 海藻セミナー(2日間) 23名(予定定員数20名)


■養豚事業(合計207名参加)

7月  養豚セミナー  11名
11月 養豚セミナー  22名

9月  養豚説明会  51名
10月 養豚説明会  74名
11月 養豚説明会  49名


3.配分事業の成果

 各村の村長をはじめ、住民たちはマングローブの植樹・育成に積極的に参加しており、その結果、本事業への参加者は900名を上回りました。時には、マングローブを自主的に植樹している住民たちを見かけることもありました。その住民のなかには「魚の収穫量を増やすためにもみんなで植樹を行った」と、本事業への意義と意欲を口にする人もいました。また、これらの活動が周辺地域にも広がっていき、事業地域外からも植樹事業に参加したいとの問い合わせが来るようになりました。

 講習会を実施した際には、その内容に対して住民たちは真剣に耳を傾け、本事業に対する多くの質問も寄せられ、それらのことから住民の高い関心があることが感じられました。当団体としてはこうした意欲がある住民に対してできる限り継続的に対応していけるように努力していきたいと思います。
 
スポンサーサイト
* テーマ:最近のニュース - ジャンル:ニュース *
□ 12/10開講! 国際協力カレッジ2011参加者募集 □ 
2011.11.26.Sat / 10:13 

NGO、フェアトレード、多文化共生、国際機関、JICA・青年海外協力隊
~国際協力を学び、行動するきっかけをつかもう!

●日時:2011年12月10日(土)10:00~17:00*開場は9:30です
●場所:JICA中部 なごや地球ひろば
*地図URL:http://www.jica.go.jp/chubu/office/access_map.html
●定員:70名(先着順)
●対象:国際協力分野に関心がある人
●参加費:500円
●主催:独立行政法人 国際協力機構中部国際センター(JICA中部) 
 共催:特定非営利活動法人 名古屋NGOセンター

●「国際協力カレッジ」とは
「国際協力カレッジ」は、国際的な課題に関心を持つ人びとが、
国際協力の現場の声に触れ、考え、動き始める「学び」と「きっかけ」の場です。
名古屋NGOセンターとJICA中部との協働により、2006年にスタートし、
今年で6回目になります。

●「国際協力カレッジ2011」の概要
午前中の1・2時間目は「学ぶ半日」とし、「NGO大学」を開講します。
1時間目は「シンポジウム」を行い、国際協力の現場で働いている先輩3人の声を
聞きます。また2時間目は、部屋を分けて講座を行います。
午後の3・4時間目は行動する半日とし、「国際協力分野のボランティア・
インターンマッチング展」を行います。中部地域で活動する国際協力団体
20団体が出展します。
あなたにピッタリの国際協力団体を見つけてください。

<午前の部> 半日でNGOを学べる「NGO大学」開講!
10:00~10:10 あいさつ・カレッジの説明

●1時間目:
10:10~11:20 シンポジウム
「国際協力で働くには~NGO、多文化共生、JICA、フェアトレードの現場から」
国際協力の分野で活躍している先輩たちの体験談を聞こう!国際協力との出会い、
所属団体に関わったきっかけ、「働くこと」の楽しさや意義などを語ってもらいます。




・ゲスト:ンジャイ さおり さん
【(特活)ホープ・インターナショナル開発機構 職員】

 林口 宏(はやしぐち ひろし) さん
【有限会社 フェアトレーディング 代表取締役】

 川俣 大和(かわまた やまと) さん
【JICA中部 なごや地球ひろば 職員】

・コーディネーター:河村 槙子(かわむら まきこ) さん
【(特活)多文化共生リソースセンター東海 事務局長】

11:20~11:30 休憩

●2時間目:
11:30~12:30 テーマ別講座
「ゲストの声をもっと聞きたい!もっと話したい!」
1時間目のシンポジウム講師およびコーディネーターが一人ひとり部屋に分かれ、
講座を行います。
それぞれ関心のある講師のもとで理解や知識を高め、意見交換をしましょう!

A:ンジャイ さおり さん
【(特活)ホープ・インターナショナル開発機構 職員】

B:林口 宏(はやし ひろし) さん
【有限会社 フェアトレーディング 代表取締役】

C:川俣 大和(かわまた やまと) さん
【JICA中部 なごや地球ひろば 職員】

D:河村 槙子(かわむら まきこ) さん
【(特活)多文化共生リソースセンター東海 事務局長】

12:30~13:30 休憩
*会場1Fに、リーズナブルに各国料理が楽しめるカフェがあります。

<午後の部>
中部地域最大!国際協力団体20団体が出展!!
「国際協力分野のボランティア・インターン マッチング展」

●3時間目
13:30~14:30 出展団体の紹介(2分×20団体)

14:30~14:45 休憩

●4時間目
14:45~16:00 中部地域最大!国際協力団体20団体が出展
「国際協力分野のボランティア・インターン マッチング展」
「一体どんなボランティアがあるの?」「インターンでどんな関わりが
できるの?」など、ブースをまわっていろんな疑問を尋ねてみましょう!!
きっと自分に合った団体が見つかるはず!!聞いてみたい! 話してみたい!
参加してみたい!あなたの興味ある団体へ突撃ドキュン!!

1.国際交流・多文化共生
 ・ココアゴラ
 ・多文化共生サークルsmile
 ・(特活)多文化共生リソースセンター東海
 ・ピースボートセンターなごや/PEACE BOAT
2.人権・平和・医療
 ・アジア保健研修所(AHI)
 ・セイブ・イラクチルドレン・名古屋
3.教育・子ども
 ・(認定NPO法人)アジア日本相互交流センター・ICAN
 ・ニカラグアの会
 ・JEARN中部センター
4.環境・フェアトレード・その他
 ・ACF JAPAN アジア子ども基金
 ・(特活)アルシュ(自立を支援する会)
 ・(特活)イカオ・アコ
 ・コニュニティ・ユース・バンクmomo
 ・(認定NPO法人)ソムニード
 ・ 名古屋をフェアトレード・タウンにしよう会
 ・(特活)名古屋NGOセンター/外務省NGO相談員コーナー併設
5.自治体・JICA・青年海外協力隊
 ・(公財)愛知県国際交流センター
 ・(公財)名古屋国際センター
 ・JICA 国際協力人材部
 ・JICA 青年海外協力隊
                     以上、順不同
16:00~16:40 全体会&修了式

●コーディネーター:希代 翔(きたい しょう)
 【(特活)名古屋NGOセンター 理事】

16:40~17:00 あいさつ・アンケート記入
 【(特活)名古屋NGOセンター事務局長 戸村京子】
*最後の10分間にアンケートの記入時間を設けます。

●交通案内:JICA中部への行き方
名古屋臨海高速鉄道 あおなみ線「ささしまライブ駅」下車 徒歩約3分
または各線「名古屋駅」徒歩約15分
*地図URL:http://www.jica.go.jp/chubu/office/access_map.html
* テーマ:夢へ向かって - ジャンル:就職・お仕事 *
チャリティイベント 
2011.11.25.Fri / 14:19 
11月23日(祝)鶴舞公園の奏楽堂で東日本大震災のチャリティイベントが開催されました。
イカオ・アコはリサイクルグッズの販売と古着の回収をしました。
このチャリティイベントはヨガ教室が主催なので、その場でヨガクラスを受けることができました。また、フリーマーケットでは、自分の作ったお菓子や帽子を販売している方もいました。

あいにく天気が悪く、会場が屋外だったため、とても寒かったです。しかし、そんな中、会場まで足を運んでくださり、多くの方がリサイクルグッズを買ってくださいました。
グッズを手に取ってくださった方の「かわいい!」や「アイディアがおもしろい!」というご感想を聴き、とても嬉しく思いました。

CIMG0869.jpg
イカオ・アコのリサイクルグッズ

CIMG0873 - コピー
どの色にしようか迷ってしまうほど
カラーバリエーションが豊富です!

多くの方にリサイクルグッズやその背景にあるものを知ってもらうためにも、これからも販売に力を入れていきます!
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
ボランティア募集のパンフレット 
2011.11.22.Tue / 13:03 
7月からJICA中部国際センター主催の「地域NGOの『広報力』を高める研修 2011」に参加しています。
合計で10団体のNGOが参加しています。研修内容は、プロのアドバイスを受けながら、団体のパンフレット作り、「NGOでボランティアをしたい!」という仲間を集めるものです。
今回、作成したパンフレットは、12月10日(土)にJICA中部で開催される「国際協カレッジ 2011」に来た方々にお配りします。

パンフレット

私がこの研修を受けた中で、とても印象に残っている言葉があります。
講師の方が『広報はラブレター』だと教えてくださいました。
広報という言葉はよく聞きますが、そんな意味があるのだと知り、とても勉強になりました。その言葉を胸に、私たちの思いを込めて奮闘しながら作りました。


このパンフレットを機会に、一人でも多くの方にイカオ・アコの活動やフィリピンのことを知ってもらいたいです。そして、共に活動していく中で、私たちやボランティアさんも一緒になって成長していけたらいいなと思います。
また、国際協力カレッジに来てくださった方が、自分にぴったり合ったNGOを見つけることができるのを願っています。
* テーマ:最近のニュース - ジャンル:ニュース *
ニチバンとエコプロジェクトで協働 
2011.11.14.Mon / 15:36 


昨年度に引き続き、今年度もニチバン株式会社様と協働でエコ
 プロジェクトを推進します。今年度のプロジェクトの案内はここ↓
  http://www.nichiban.co.jp/project/makisin-eco/main.html

 基本的な枠組みは、昨年と同様です。小学校、病院などの組織や個人で
 収集されたテープの巻心を指定の回収場所に送るとダンボールに再生
 されます。


ニチバン・エコプロジェクト
 こんなパンフレットが配布されます。高校生たちが早速、もらいに来て、参加表明していました。

 その段ボールの売上がイカオ・アコの植林事業の支援に回ってきます。

今年度はさらに回収個数に5円を掛けた金額がニチバン様からイカオ・
 アコに寄付され、植樹活動をより支援することになります。
 イカオ・アコが「植林するのが大変」と、音を上げるくらいの応募を
 皆さんから期待しています。

 ちなみに昨年度は巻心74,522本、総重量930キロが回収されました。
 昨年度のニュースリリースはここ↓
  http://www.nichiban.co.jp/news/11-05/03.html
* テーマ:最近のニュース - ジャンル:ニュース *
TOMさんがネグロスを訪れました。 
2011.11.08.Tue / 09:50 
先日、イカオ・アコのボランティア、TOMさんがネグロスを訪ねてくださいました。

TOMさんからは、トムタワー・日本神社の建設へ寄付金をいただいています。
前回おこしになった時は、学校にプラスティックイスを寄付してくださいました。
今回は、ランタッド村の若者達に、地下足袋を持ってきてくださいました。

いつも、寄付を頂いても、なかなか実際に手渡したり、上棟式の時に来ていただいたりすることができないのですが、
今回は、地下足袋を直接ランタッド村の若者たちに届けていただくことができました。

DSCF4933.jpg
訪問した時は、橋の建設をしている途中でした。

DSCF4948.jpg
男の子ばかりかと思ったら、こんなかわいい子もいたんだね・・・

DSCF4950.jpg
地下足袋をもらったメンバーたちと記念写真。
TOMさんの隣は、村議会議員さんです。

活気のあるプロジェクトサイトを訪ねて、元気をもらったとTOMさんも喜んでいらっしゃいました。

また、翌日は、完成した日本神社とイスを寄付した学校を見に、パタッグ村へ。

DSCF4969.jpg
完成した日本神社で、メンバーと共に。

日本神社がみんなに親しまれているところを見て、これまた、嬉しい顔をしてくださいました。
パタッグのメンバーも、TOMさんが来てくださり、喜んでいる様子でした。

TOMさんは、今後どんな風に発展させることができるか、色々と考えていらっしゃる様子でした。
あまり時間がなく、ゆっくり話をすることができませんでしたが、おいおいアイデアを膨らまし、
相談しながらよいプロジェクトを作り上げていければと思います。

TOMさんありがとうございました!!

(マ)



* テーマ:海外ボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア *
森と海の連携 
2011.11.06.Sun / 20:49 
現在シライ市で行っているJICAプロジェクトは、森と海のつながりを住民達に意識させることを目的としています。
そこで、このプロジェクトの様々な場面で、森と海の連携を行っています。

先日は、ランタッド村のマングローブ林で、橋やナーサリー・フェンスに使う竹を、上流のパタッグ村から伐りだしてきました。

竹の生えすぎは、根っこが盛り上がり土壌浸食や土砂崩れの原因となることがあります。うっそうと茂った竹を間引きし、利用することは、山の保全にもなります。今回、竹を切り出してきたのは、川の反対側の山。JICAプロジェクトで設置したスカイラインを使って運搬しました。これまで、スカイラインがなかったために、収穫されず放置されていた竹の山。スカイラインのおかげで、手入れが進み、しかも、マングローブ林で必要な資材を取り出すことができたということです。

IMG_1736.jpg
パタッグ村で積み込みをしているところ

IMG_1741.jpg
積み終わっていざランタッド村へ

運び出された竹は、ランタッド村に届けられ、早速橋とナーサリーの整備が行われています。ナーサリーができたら、たくさんの苗木を育てることができます。そして、大きくなった苗木は植樹地に移植していきます。そしたら、苗木を守るのにフェンスも必要になってくるので、フェンスも竹で建設します。

IMG_1723.jpg
ランタッド村の養殖池の土手に下ろしました

IMG_1727.jpg
ここからは手で運びました。女の子も力持ち!

IMG_1734.jpg
今後のプロジェクトの進行についてミーティング。
若いメンバー達も、自分達のプロジェクトがどうなるか真剣に聞いています。

人の交流も行われています。竹をトラックに載せるのに、漁村のバラリン村のメンバーが手伝ってくれています。朝早くシライを出て山村のパタッグで竹をトラックに載せ、そこでお昼を食べて、午後マングローブについたら竹をにおろしします。彼らは、海の幸ギナモス(小エビを発酵させた保存食)やシシ(小さいカキ)を山のお母さんへ持って行きました。すると、お母さんから、バナナや野菜を海のメンバーへお土産にいただきました。

このような地元の幸の物々交換も行われています。

海と山の交流を進める中で、お互いが地元の環境を守りつつ、お互いの環境や資源を喜び合える関係がうまく作れてきている例ですね。

(マ)
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。