ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2011年07月の記事一覧
≪06month
This 2011.07 Month All
08month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピースジャムの公式Web 
2011.07.31.Sun / 10:42 
イカオ・アコが支援しているピースジャムでは、今まで物資の受付を個人ブログやTwitter、mixiで行って来ました。
いろいろ問題が発生していたんです。

そこで、ピースジャムの公式Webを構築しました。
今後の救援物資の受付はピースジャム公式webにて行います。
http://peace-jam.jp/

ピースジャム公式Web


このWebはなかなか優れものです。
現在の必要物資の品目、数(ニーズ)と支援者の供給可能数がうまくマッチングする仕組みになっています。

ですから、今まで問題となっていた、支援者の『物資を用意したのに受付が終わってしまった』を避ける事ができます。また現地のピースジャムの『過剰在庫を抱えてしまった』も無くなるはずです。
トップページにある品目と数量が動的に変化していきます。

その他、ボランティアの募集もできる仕組みです。
これから順次、Webの改良を行います。
例えば、Tシャツの販売などを行います。

さらに、ピースジャムの日常の活動を報告するブログも構築しました。
http://peacejam.blog.fc2.com/

ピースジャムのブログ


スポンサーサイト
* テーマ:最近のニュース - ジャンル:ニュース *
Patag村でボーイスカウトと共に植樹 
2011.07.23.Sat / 16:21 
7月16日、ドニャモンセラータのボーイスカウトを対象に環境教育を兼ねてパタッグ村で果樹の植林を行いました。

ボーイスカウトは、前々日からパタッグに泊り込み、キャンプを行っていました。
そのキャンプのカリキュラムの中に、イカオ・アコとの植樹を組み入れてもらいました。

IMG_0079.jpg
朝早く起きて整列するボーイスカウト

列を組んで、植樹地へ。
幸い快晴に恵まれ、ハイキングも楽しめました。

IMG_0085.jpg
ハイキングコースからの眺め。

約40分のハイキングの後、植樹地にたどり着きました。

植樹地に着いてから、
「環境に対して皆さんが出来ることは何ですか?」
などの質問を交えて、森と里と海のつながりについて説明しました。

IMG_0089.jpg
きちんと集まって、話を聞いてくれました。

その後左右に散らばって植樹。
斜面にへばりつくようにして植えてくれました。

IMG_0108.jpg  IMG_0116.jpg

IMG_0143.jpg
穴の横に苗木が用意してもらっています。

IMG_0137.jpg  
植樹を終えた後の集合写真

IMG_0139.jpg
子ども達におやつのパンを配りました。

IMG_0144.jpg
列をなして帰るボーイスカウト

植樹は朝早く終わったので、BAFAのメンバーとミーティングを行いました。
今後の植樹活動や、訪問者の予定、有機農業の計画などを立てました。

IMG_0148.jpg
真剣に話を聞くメンバー

次の活動は、7月30日の植樹です。

(マ)
* テーマ:環境 - ジャンル:福祉・ボランティア *
ボンゴールで植樹 
2011.07.22.Fri / 10:09 
5月8日、ボンゴール村でBoMPAのメンバーと植樹をしました。

手塩をかけて育てたパガパットの苗木160本強をみんなで植樹しました。
強い波風にもまれるので、生き残れるかどうか心配ですが、
踏ん張って立ち上がってもらいたいです。

IMG_0029.jpg
植樹前のミーティング。メンバーは朝早くから植樹地の整備をしていました。

早速植樹を開始。

IMG_0034.jpg
日本から来てくれたTさんも参加。

IMG_0037.jpg  
メンバーも笑顔で植樹。

大人数でやったので、あっという間に植樹は終わりました。

IMG_0043.jpg
BoMPAの黄色いユニフォームが青空に冴えます!

最後にナーサリーをチェック。

IMG_0048.jpg
かわいいパガパットの苗木たち。

8月のパガパットフェスティバルに間に合うかな???

(マ)
* テーマ:環境 - ジャンル:福祉・ボランティア *
パタッグで高校生と植林 
2011.07.21.Thu / 20:55 
7月5日に、イカオ・アコを訪問してくれた、Tさんと一緒に、パタッグ高校の4年生と一緒に植樹をしました。

IMG_3081.jpg
学校で、高校生に植樹の意義などを説明。

早速、歩いて植樹地へ。約1時間の道のり。
しかし、パタッグの子達には、ぜんぜん応えなかったみたいです。

IMG_3095.jpg
1時間の道のりにも疲れを見せない子ども達。

早速植樹に取り掛かりました。200本は、元気な高校生の手によってあっという間に植わりました。

IMG_3096.jpg  IMG_3099.jpg  IMG_3100.jpg

IMG_3102.jpg  IMG_3103.jpg  IMG_3110.jpg


IMG_3112.jpg
スタッフ写真。パタッグ駐在の警察官もついてきてくれました。

IMG_3118.jpg
集合写真

皆さん、元気な笑顔をありがとう!!
次はバラリンへ行こうね。

(マ)
* テーマ:環境 - ジャンル:福祉・ボランティア *
モニタリング(ボホール島) 
2011.07.18.Mon / 12:09 
先日、植樹をしたパンパン村へモニタリングをしに行きました。
そこにはすでに住民達がメンテナンスをするために集まっていました。

P1130243.jpg P1130244.jpg
さっそく、植樹したところが何ヘクタールなのかを測ってみました。
なんとおよそ6ヘクタール!
船が入って来ないように目印の木が差してありました。

P1130245.jpg
苗木が枯れてしまったところは、再度植樹をしました。

P1130250.jpg
他にもメンテナンスをする場所があるということで、住民達についていきました。途中、海に浮かんでいたバカウ(マングローブの苗木)を拾う住民。枯れたところに植樹するためだそうです。

P1130251.jpg P1130256.jpg
写真では分かりにくいのですが、マングローブの苗木が密集して植えてあります。
これは別のメンテナンスグループが植樹をしたようですが、あまりにも密集しすぎているので、別の日に再度、植樹をすることになりました。

あるメンバーはこんなことを話してました。
「マングローブが大きく成長すれば、津波から私達の家を守ってくれる。これじゃ、成長は遅いし、細いマングローブになってしまう・・・。」

この地域は津波の被害に遭ったことはありませんが、テレビのニュースで日本が津波の被害に遭っていることを知っています。いつか、自分達の村も同じような被害に遭うのではないかと思っているようです。

この村では、各エリアからメンバーが集まって、定期的にメンテナンスすることになっています。
中には30分ぐらいかけて歩いてくるメンバーもいます。
こうした努力がいつか実るといいですね!


*この事業はアストモスエネルギー株式会社、及び、国際ボランティア貯金の助成も受けて実施しています。

サッチー
* テーマ:環境 - ジャンル:福祉・ボランティア *
APLAさんを訪問しました 
2011.07.17.Sun / 13:15 
7月2日に、同じ西ネグロス州で活動している農業系NGO APLAさんが経営する兼子農園を訪問させてもらいました。
APLAさんは、1980年代の砂糖危機の時に、活動していた「ネグロスキャンペーン委員会」から発展して出来たNGOです。
ネグロスの砂糖単一栽培に危機感を覚え、農民に食べれる農業を教えることを主な活動とされています。

兼重農園は、約2年前にオープンされたモデル農場です。
ここで、自立できる農民を育てているそうです。

この農園は、養豚を中心に様々な作物を育て、様々な家畜を飼っておられます。

IMG_1225.jpg
豚小屋の入り口、糞尿のにおいがありません。

IMG_1227.jpg
たくさんの母豚が横たわっています!

糞尿はタンクにためられ、バイオガスとBMW(バクテリアミネラルウォーター)

IMG_1239.jpg
バイオガスで膨らんだプラスチックの袋。

IMG_1237.jpg
バイオガスを取った残りを処理して、BMWを作る水槽たち。

この水は、肥料や豚の飲み水として使用されているそうです。

次に水をくみ上げる技術を紹介。
この技術で、電気を使わず川の水を養鶏舎にくみ上げています。

IMG_1258.jpg
RAMポンプ。ポンプが跳ね返る力を利用して水をくみ上げています。

IMG_1261.jpg
兼重さんのお墓。彼が有機農業をネグロスの人々に広めたそうです。

IMG_1270.jpg
農場の人たちと交流。

今回農場に一緒に行ったのは、協力隊のSさんと、大学時代のサークル仲間Tさんです。
農場のスタッフは、恥ずかしがり屋さんみたいでしたが、イロンゴ語で仕事の説明などをしてくれました。

IMG_1273.jpg
豪華なお昼ご飯。すべて農場で採れたものでお昼ごはんを振舞っていただきました。

IMG_1276.jpg
今度は、この農場の皆さんが、イカオ・アコのサイト、バラリンとパタッグに来てくださることになりました。

ちなみに、案内をしてくださったのは、ネグロス・マイラブの著者、大橋成子さん。
同じ西ネグロスに住む日本人女性としても、
今後とも交流を深めていきたいです!!!

(マ)
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
パンパン村で植樹 (ボホール島) 
2011.07.07.Thu / 16:36 
P1130049.jpg
ついに、ウバイ市のパンパン村でマングローブの植樹プロジェクトが始まりました!

P1130001.jpg P1120994.jpg
事前準備として、植樹の後にみんなで食べるおやつ作りをしました。
今回はトゥロンというバナナ揚げ春巻きです。CRMスタッフにも協力してもらい、みんなでトゥロン作り。日本でも作ったことはありましたが、やはり現地の材料でフィリピン人と一緒につくるトゥロンは味が違います!食べやすく、甘くて美味しいです。

P1130014.jpg
苗木講習会では、
まずイカオアコの説明やこのプロジェクトの概要などを説明しました。

P1130015.jpg
クイズに答える村長。

講習会では、どれくらいマングローブのことを知っているか確認しようと、簡単なクイズ形式で行いました。今回はバカウを植樹したので、それについての質問しましたが、村長をはじめ、みんなよく知っていました。
それもそのはず。過去にこの村ではDENRのプロジェクトでマングローブの植樹をしたことがあります。その本数は3万本、15ヘクタールだそうです。どれくらい成長しているのかモニタリングしに行きましたが、そこにはバカウが植樹されており、1mぐらいの高さまで成長しています。どこまでも続くその光景に感激しました。

P1130030.jpg P1130041.jpg 
フィリピンタイムで講習会の開始時間が遅れると予想していましたが、
みんな時間を守って集合してくれました。
そのため、干潮の時間よりも早い植樹となってしまいました・・・。
そして植樹が終わったら干潮でした。

P1130045.jpg
植樹後、評議員のメンバーがメンテナンスの方法について住民達と話し合いをしていました。各グループに分かれて定期的にマングローブのメンテナンスをすることになりました!

今回はパンパン村、CRMオフィスから30人以上に参加してもらい、5000本ぐらいを植樹をしました!その参加賞として、スポンサーの日本AMD株式会社さんからいただいたストラップをプレゼントしました。
P1130118.jpg
さっそくストラップを付けて出勤したスタッフ。


次回は別の種類のマングローブについて苗木講習会をする予定です。


*この事業はアストモスエネルギー株式会社、及び、国際ボランティア貯金の助成も受けて実施しています。


サッチー
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。