ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2010年11月の記事一覧
≪10month
This 2010.11 Month All
12month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大冒険の先にあった夢のような日々 ~K.Tさんからの寄稿~ 
2010.11.28.Sun / 21:56 
夫からフィリピンでも結婚式を挙げたいとの熱い話を聞いて、行こうと決めました。

IMG_9254.jpg



恥ずかしながら、ボランティアに関心を持った事も、フィリピンにも行った事がなく、夫が撮った写真を見てイメージを膨らましていたのですが、漠然としたものでした。




英語が話せない上に初対面が苦手な私にとってみればなかなかの冒険です。
実際に緊張しつつも空港についてみると…

IMG_9258.jpg


たくさんの方々が笑顔で出迎えてくれました

 みなさんにあれよあれよという間に紹介され、言葉はあまりわかりませんでしたが、ものすごく歓迎されて、おめでとうと言ってくれてるのが伝わってくるものでした。


 早速ドレスの試着に行きました。ドレスは手作りなのですが、テーマカラーのグリーンが入っており、刺繍も細かく入れてくれています。


IMG_8568.jpg


まさか、自分が自分だけのドレスが持てるなんて!!夢みたいな話です。


IMG_9284.jpg




挙式は、日本では人前式で行ったのですが、こちらはキリスト教。神前式のため、夫の友人を神父に見立てて行いました。

IMG_9304.jpg



 夫の母、叔母、ホストファミリーやイカオアコなど夫と関わりの深い方々に囲まれ誓いを立てました。生演奏も加わり、とても神聖な気持ちになり、ジーンとしてしまいました。私は何もしていないのにこんな経験ができるなんて、本当に今、周りにいる方々のおかげなんだと、感謝の気持ちでいっぱいでした。


DSCF4360_20101128214846.jpg




 そして、待ちに待ったマングローブの植樹。

 カメラ撮影をしつつ、みんなと一緒に植樹しました。初めての植樹はあっという間に終わりました。私たちが夫婦になった証として今回植えた苗が大きく育ってくれることを願っています。次回は、もう少し本格的に植樹できたら言いなぁとおもいます。


IMG_9309.jpg



こちらも初体験。テレビカメラでのインタビューも受け、かなり厳しいですが、一言二言英語で返答をしました。


IMG_8595.jpg


 
 今回、すべてが初めてのことでじっくりかみ締めるというよりも刺激的過ぎてあっという間の出来事でした。

 あのような形で温かく、親切に祝福されたことはまるで夢の中の出来事のようです。
私たちも温かく笑顔の絶えない家庭を築いて行きたいと思います。

スポンサーサイト
マングローブウエディング ドキュメンタリー -後半- 
2010.11.24.Wed / 11:03 
マングローブで汚れた服を着替えて、夜はおめかし。
リュービーさんが3時間かけて新婦を素敵にメイクアップしました。

IMG_1783.jpg
舞台裏で出番を待つ新郎新婦たち・・・

いよいよ、入場行進。バージンロードを歩きます。
その様子をビデオで・・・



Segrado ko Naka Tawa na kamo, hehehe
I'm sure you have laughed at the video
笑っていただけたでしょうか??


IMG_1791_20101123124201.jpg
キャラクターが全員集合。

IMG_1801.jpg
そして、新郎・新婦は壇上へ。

IMG_1805.jpg
ウエディングケーキは、バラリンのトムタワーに見立てて作ってもらいました。

始めに、レオによる『新郎・新婦の紹介』
「カオリさんに始めて日本で会ったとき、「私の人生の中であなたが始めて話をした外国人だ」と言われて光栄に思った。」と言う節が印象に残っています。

IMG_1793.jpg

早速、ベルさんのお祈りの後、会食へ

IMG_1797.jpg

IMG_1800.jpg

IMG_1806.jpg
フィリピンのお祝い事にはつきのものレチョン(ブタの丸焼き)

IMG_1808_20101123124200.jpg
日本人&ボホールチームです。

お食事の途中に、

タウィによる歌の出し物。

そして、レオ作成のスライドショー。
ノリさんのフィリピンでの思い出が詰まった写真集でした。

また、日本での結婚式の様子のビデオ上映も。
とても幸せそうな結婚式でした。

さて、おなかもいっぱいになったところで、フィリピンの伝統的な結婚式披露宴の儀式へ。

IMG_1816.jpg
まずはケーキの食べさせあい。
ケーキは、1つの大切なものを家族で分け合うと言う意味があるそうです。

IMG_1822_20101123141805.jpg
そしてワインの飲み交わし。
ワインには、繁栄・成功と言う意味があるそうです。
2人の家族の繁栄と仕事面での成功を祈ります。

さて、クライマックスは・・・
ブーケとガーターの受け渡しです。

フィリピンでは、花嫁が独身の女性に背を向けてブーケを投げます。
花婿は、花嫁から太ももにつけたウェディングガーターをはずし、独身の男性に渡します。
そして最後にガーターを受け取った男性が、ブーケを受け取った女性にガーターをはかせます。

誰が受け取ったのでしょうか???


IMG_1830.jpg
照れ笑い。

ここからはスピーチに突入。
ホストマザーのレダさん、TUPのママ・ノナさん、シライ観光課のベルさん、
そして、後藤先生、鈴村さんのお母さん。

PB132673.jpg
「今日は息子からとても素敵なプレゼントをいただきました。それは、こうして息子のもう一つの家族を私に紹介してくれたことです。」
素敵なスピーチでした。

いよいよ、イカオ・アコダンサーズによる、ワカワカダンス!!
ビデオをお楽しみください。



1週間毎日集まって練習しました!!

IMG_1867_20101123130949.jpg
出番を終えたダンサーズたち

そして、ブライダルダンスへ突入。
フィリピンでは、花嫁と花婿が踊っている間に、参加者たちがお札を服に縫い付けます。

この様子もビデオで・・・




IMG_1852_20101123144856.jpg
後藤先生もばっちりつけました。

この後は、もう一度イカオ・アコダンサーズの踊りが入り、続いて、新郎新婦の挨拶。
カオリさんは、これからは鈴村さんとずっと一緒です。また一緒にフィリピンに来たいです。
と誓われました。

宴も酣、盛り上がった参加者たちと、社交ダンスのひと時。

IMG_1870.jpg
後藤先生も、

IMG_1876_20101123144856.jpg
お母さんも、、、

フィリピンでの陽気でユーモアに満ちた結婚式を楽しんでいただけたでしょうか?
もし、私もフィリピンでマングローブウエディングをやってみたい!という奇特な人がいらっしゃいましたら、お気軽にイカオ・アコまでお問い合わせください。(笑)

More pictures in Picasa Albam (click the picture)

Mangrove Wedding


(マ)
マングローブウエディング ドキュメンタリー -前半- 
2010.11.23.Tue / 11:06 
今回は、マングローブウエディングの全容を記事にしようと思います。
始めは、午前中のマングローブウエディングについて。

11月13日 午前9:30、ベストマン(レオ)、新郎に続いてフラワーガールズ・コインベラー・リングベラー・ブライズメイド・グルームズメン・スポンサー等が入場そして最後は花嫁。

席に着いたら、神父に扮したアーミンが、結婚式の儀式を開始。
隣で私が日本語バージョンを読みいました。(と言うことは、私は尼さん!?)

IMG_1753.jpg

フィリピン式の儀式、蝋燭の灯火、ベールの授与、ロープの結束、そして指輪の交換を行いました。
(準備のとき、アーミンの書いた英語を日本語に訳しながら、それぞれにこんな意味があるんだなぁと結婚の意味をかみしめました・・・)

PB132639_20101123110252.jpg

最後に、タワーの上から、白いハトを放しました。
ハトは、放しても戻ってくるので、どこに行ってもこの家に帰ってきますようにと言う意味が込められているのではないでしょうか・・・

IMG_1773.jpg
ブライズメイド・グルームズメンと一緒に。

この後、みんなでマングローブの植樹を行いました。

PB132648.jpg
花嫁を抱えて植樹地へ!!

PB132664_20101123110252.jpg
新郎新婦、おかあさん、おばさんまで仲良く植樹。
みんなで愛を育ててください。

PB132667_20101123110314.jpg
植樹を終えたお二人。
お2人の子供のように育つといいですね。


(マ)
広がれ愛の輪!! 永遠に・・・ ~Y.Sさんからの寄稿~ 
2010.11.22.Mon / 07:00 
 このたび息子から息子の第二の故郷フィリピン、シライ市でマングローブウェディングをすると言うので、母親として不安と期待に胸を躍らせ、複雑な気持ちでセントレアを出発しました。


IMG_1298.jpg



現地では晴天に恵まれ、収穫真っ盛りのさとうきび畑が慌しく私達を迎えてくれました。

DSCF4283.jpg



海辺のマングローブの森の中の遊歩道は、全て竹で作られて心のこもった手作りの橋でした。その橋の下を覗くとマングローブの根がたくさん空に向かって元気よく突き出ているではありませんか。この光景には驚きました。根っこが空に向かって?不思議です。その森の中の橋のマングローブの木かげをどれくらい歩いたでしょうか?心地よい風と日差しに心癒されるひととき。ロマンチック通り?いえ、さわやか通り?マングローブの木から酸素がいっぱい私の心に送られてきました。

IMG_1301.jpg


その先端のタワーで息子達は現地の人達の温かい祝福を受け、果てしなく広い海を背に永遠の愛を誓いました。青い空、広い海、マングローブの緑、熱い祝福、これ以上の幸せはありません。

IMG_1316_20101121211623.jpg



そして未熟な二人と同じ、小さなマングローブの苗を、雨や風に負けずしっかり大地に根をおろしてくれることを祈りながら心こめて植えました。また、初めて息子が植えた木を教えてもらって息子の成長を確信しました。

IMG_1313_20101121211623.jpg


 息子が愛と情熱をかけた地で愛する人と結婚式を挙げられたことは、息子はもちろん、親としても、とても嬉しく思います。現地の人達に見守られ、温かい愛情で息子のハートは大きく成長したように思います。
愛は私達家族からお嫁さん、恩師、ホストファミリー、フィリピンファミリー、現地スタッフ、と広がって行きました。息子の大切な宝物です。

DSCF4325.jpg



 息子達もマングローブのように大地にしっかり根をおろし、今回植えたマングローブの森を、将来、自分の子供と一緒に訪れることを私は望んでいます。

DSCF4274.jpg



今回は息子からフィリピンファミリーの出会いをプレゼントされ、息子の成長と出会いの感動を胸に帰国しました。大変、幸せな体験でした。みなさん、ありがとうございました。
これからも愛の輪を広げましょう。永遠に!!



DSCF4357.jpg
* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
KGUがオータムフェアで「そば」? 
2010.11.21.Sun / 14:03 
 
今日は付属高校の「オータムフェア」というイベント日です。
所狭しと屋台が出ています。

その屋台のひとつが「KGU」の「うどん」ならず、「そば」です。
KGUのことは、こちらに説明があります。

ゆがく


カレーうどんをする団体が他にあったので、「そば」に切り替えたそうです。
KGUならぬ、KGSですね。継続的にイカオ・アコの支援をしてくれています。

そばの販売


準備も怠りなく、材料山積み、調理器具満載で、営業していました。
天気が良いので客足が伸びることを期待しています。

準備


* テーマ:学校行事! - ジャンル:学校・教育 *
マングローブウエディングをコーディネートして 
2010.11.20.Sat / 19:29 
久々のブログです。ずっと忙しかったので・・・
Facebookの写真集を見ていただけましたか?
時代の流れに乗り、Webページとフェイスブックのファンページおよびツイッターを連携させました。
http://www.ikawako.com/
これで最新の情報が、Webサイトに常に反映されますよ!
Webの方も、ちょこちょこチェックしてくださいね。

さて、本題のマングローブウエディングの方へ。
今回、鈴村さんの結婚式のリニューアルを、フィリピンそれもシライ市でどうしてもやりたいという、鈴村さんの強い希望を実現すべく、現地スタッフ一同、力を合わせてコーディネートさせていただきました。

マングローブ林内での結婚式なんて、前代未聞!?少なくともシライ市では初めての出来事です。
飾り付けや司会進行などいろんな人の意見を調整しながら、完成させました。

PB132639.jpg  PB132667.jpg
指輪の交換             植樹を終えて夫妻になられたお二人


この結婚式のためには、イカオ・アコダンサーズが結成されました(笑)
10月からイカオ・アコのスタッフとして働いてくれているレオの息子チマイトの仲間たちです。
彼らは鈴村さんと面識もあまりないにも関わらず、今回の結婚式の色々なところで力を貸してくれました。

PB132736.jpg  IMG_1867.jpg
サッカーワールドカップの主題曲Wakawakaみんなで踊りました

IMG_1653.jpg  IMG_1654.jpg
前日の会場飾りつけ        ブライダルダンスの練習


結婚式が終わった今も、ダンサーたちはイカオ・アコの活動にボランティアで参加してくれています。
今日も、みんなでパタッグのプロジェクトサイトの下見に行っていました!
鈴村さんの結婚式をきっかけに、イカオ・アコのスタッフの輪が広がったような気がします。



現地スタッフだけではありません。

鈴村さんが新しく日本から連れてきてくださった仲間は、新妻のかおりさん、鈴村さんのお母様とおば様。
3人ともフィリピンが初めてという中、鈴村さんのホストファミリーの家にホームステイされ、フィリピンの暮らしを堪能されました。

PB132664.jpg  IMG_1879.jpg
みんなで植樹            ベルさんファミリーと

マングローブウエディング、マングローブの植林、林内での手作りの食事、フィリピン式の披露宴と盛りだくさんの1日を過ごされた後も、満面の笑顔で「楽しかったわ~、ありがとう、また来たいです。」と、繰り返されたお三人のお言葉をきいて、本当にやってよかったなと思いました。

このお三方は、新しいイカオ・アコのメンバーです!



もちろん、オールドメンバーも健在です。
TUPの元学長のハモラさん、事務局長のマムノナさん、日本語教師のアモラ先生、日本人側では、あきこさんが日本から、あきよさんがコーディエラから駆けつけてくれました。

IMG_1840.jpg
マムノナさんのスピーチ

IMG_1881.jpg
おめかししたあきこさん。ジャンジャンとマリチョもボホールから駆けつけてくれました。

IMG_1887.jpg
あきよさんも一緒に踊ればよかったのに・・・!当日の朝到着ということで練習できず。次はぜひ!


鈴村さんを、イカオ・アコを、愛する人たちが一同に集まれたこの結婚式は、二人の門出を記念するにふさわしいイベントになったと思います。

また、私個人にとっても、この結婚式が、思いがけず、人生を変えるような大きなイベントになってしまったようです。そのきっかけを下さった鈴村さんにはとても感謝しています。

これからも、イカオ(あなた)とアコ(わたし)が支え合い、共に豊かな未来に向かって歩んでいける夢のある活動を、皆さんと一緒に続けて行きたいと思います!!

IMG_1791_20101120191859.jpg


(マ)




ブラボー!マングローブウエディング ~R.Iさんからの寄稿~ 
2010.11.19.Fri / 22:22 
 青い空に白い雲。

 そして緑に囲まれた西ネグロス州のバラリン村でマングローブウェディングに出席してきました。

IMG_1299.jpg

 車を止めて、 緑の木立の中を歩くこと3分。 目の前にマングローブの木が見えてきます。 そして、 陸とマングローブの木を繋ぐのは、 竹を縦に二つに割ってロープで編んだ手作りの橋ならぬ道です。 その道を5分程歩いて行くと展望台がありました。


IMG_1305.jpg

 そこには、 イカオ・アコのスタッフの方、 そして村の方々が用意してくださったチャペルならぬ心のこもった式場がありました。

 バージンロードには、 緑と白の風船が飾られていて、 新郎新婦が入場です。 誓いの言葉、 指輪の交換、 そして村の方が二人の首にロープをクロスしてかけてくださり、 おごそかな雰囲気の中、 滞りなく式が終了。


IMG_1307.jpg


  そして、 海の中へ新郎新婦と共に参列者も入場です。 広くどこまでも続く遠浅な海にマングローブの苗木を何本も植樹しました。 村の方達が程良く掘ってくださる穴に、 新郎新婦が仲睦まじくそして末永く幸せでありますようにとの願いを込めて植樹をしました。 その時見た二人の幸せいっぱいの笑顔が忘れられません。

DSCF4334.jpg



 この日植樹したマングローブの苗木が立派に成長し、 緑でいっぱいにしてくれるように、 新郎新婦も家族を増やし、 あたたかい家庭を築いてくれるようにと願います。

DSCF4346.jpg


 このバラリン村で、 村の方々のあたたかいおもてなしと笑顔に癒された私でした。 また、 チャンスがあれば是非、 訪れたい場所です。

DSCF4389.jpg


 二人の前途に、 幸多かれとお祈りいたします。
最高の幸せ ~マングローブウエディング~  
2010.11.18.Thu / 00:01 
【いつの日か自分の手で植えたマングローブの成長を見るために、結婚したら奥さん・子どもと一緒にバラリン村に戻ってきて欲しい】

IMG_8566.jpg

 この言葉は私が初めてイカオ・アコのツアーに参加した2001年に後藤先生が参加者のみんなに向かって伝えたメッセージだった。

 あれから9年・・・。

 イカオ・アコの初代現地駐在員としてフィリピンに約1年滞在し、大切な仲間と出会い、多くのことにチャレンジして、多くのことを学んだ。その後もイカオ・アコの副代表として、後藤先生と共に多くのことに取り組んできた。大学を卒業し、社会人になった後も会社の仲間の理解と協力を得ながら今日まで活動を続けてきた。


IMG_8569.jpg


 日本・フィリピンの仲間や家族、そして、イカオ・アコを支えてくれる多くの人々がいなければ、今の自分はないのは間違いない。自分自身の結婚という人生の節目に当たり、多くの仲間に感謝の気持ちを伝え、この幸せな瞬間を共有したいという想いがこのマングローブウエディングの始まりだった。

 
何より人生の伴侶となる妻にも自分が全力を尽くして取り組んできたイカオ・アコの活動を体感してほしい、大切な仲間に会ってほしいという気持ちがマングローブウエディングを実現に向け自分を動かしていった。

DSCF4291.jpg



 当日のマングローブウエディングでは、自分が植えたマングローブの中で、そして、大切な仲間・家族に見守られて、結婚式を挙げることができ、本当に幸せだった。

 DSCF4302.jpg


 当日は今まで見たことの無いような青空が広がり、これから始まる新しい人生の門出を祝ってくれているようだった。ウエディングの最中には様々思いが鮮明によみがえってきた。辛かったこと、嬉しかったこと、苦しかったこと、そして、何よりもみんな笑顔で過ごした日々。


DSCF4321.jpg


今まで熱く熱く走ってきてよかったと心から思えた。と同時に今度は自分の子どもが大きくなった時にお父さんの頑張った活動の証として、見せることが出来るように今後もイカオ・アコの活動を今より情熱的に頑張ろうと決意できた。

DSCF4326.jpg


 今回のマングローブウエディングについて語りだしたら、いつまでも語り続けられるくらい思いは尽きない。

 しかし、その中からどうしてもこの場を借りて伝えたいことがある。

 それは今まで私を支えてくださった皆様への感謝の気持ち。 

 このマングローブウエディングも現地駐在の倉田さん・奥村さん、現地スタッフのレオやレオの家族・アーミン、そして、多くの友人が支えてくれなければ実現しなかった。私の夢に賛同してくれて、現地で準備を進めてくれた仲間がいるから、こうして歴史的なイベントも実現できた。


IMG_1351.jpg


 私たちイカオ・アコの絆(日本―フィリピン)はバラリン村のマングローブのように力強く根付き、これからさらに大きく成長していくことは間違いないと確信できた。

【今まで大切な仲間がいるからこそ私は様々な困難を乗り越えて頑張ることができた!】

 そう、私の情熱のルーツは仲間なのです。本当にみんなありがとう!

IMG_9332.jpg



 そして、後藤先生。私は後藤先生と出会えた奇跡に感謝しています。後藤先生と過ごした日々のお陰で大きく成長することができました。後藤先生の自信作(教え子)第一号はもっと上を目指して情熱を原動力に挑戦を続けますので、今後ともよろしくお願いします。


IMG_1370.jpg



 最後に、私の妻へ。日本の結婚式でも披露されて驚きましたが、人生のパートナーとなる妻は、

【友人がNORIさんにとってのフィリピンは?】

と聞かれたときにこう答えたそうです。

【第二の故郷・情熱のルーツ・自分を見つめなおす場所】

 実はフィリピン行く前に全て見抜かれてたんですね(笑)。

 私の事を理解してくれて、新婚旅行の行き先にフィリピンを選んでくれた妻には本当に感謝しています。ありがとう!


 本当に幸せだった2週間。この幸せを今からの力に変え、明日から全力で走ります!!


<NORI記>
 
* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
ニチバンと協働プロジェクト(全国の小学校へキャンペーン) 
2010.11.01.Mon / 11:20 
 
面白いビジネスモデルができました。
ここしばらく、いくつかの企業と協働でビジネスモデルを作ってきました。

今まで、日本AMD様、アストモスエネルギー様などと特徴的なモデルを構築してきました。
今回、紹介するのは、ニチバン株式会社とのプロジェクトです。

ニチバン株式会社は、もちろんセロハンテープなど粘着テープの製造メーカーです。
使用済みテープの「巻心」(芯じゃなくて、ココロなんです)を資源回収して、その収益金をイカオ・アコに寄付してくれます。全国の小学校にこのキャンペーンのチラシなどが全国の小学校に配布されました。

パンフ
キャンペーンのパンフレット



テープの巻心を集めて緑の地球を守ろう!
http://www.nichiban.co.jp/campaign/makisin-eco/

ニチバン株式会社プレス発表
http://www.nichiban.co.jp/news/10-10/01.htm


今まで廃棄するしかなかった巻心を回収して、資源化するとは目から鱗ですよね。
早速、小学校の教員をしているイカオ・アコのメンバーから早速、メールをもらい、、このキャンペーンに取り組む表明をもらいました(笑)


チラシ
全国の小学校に配布された12ページもののチラシ、イカオ・アコの紹介もあります

 
* テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育 *
| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。