ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2007年10月の記事一覧
≪09month
This 2007.10 Month All
11month≫
Email from Leo (英語のトレーニングにどうぞ) 
2007.10.15.Mon / 19:05 
We arrived from manila already.
It was very tiring but i am very fine.

i checked with Gerle and BAMPA about Japanese TV crew visit.
They said, it was very successful!
Gerle was very happy because she was given a chance for an interview.
Im happy to inform you that Vice Mayor Mark Golez, Councilors: Mike Maravilla and Warlito Go also joined the mangrove planting with girl scouts and BAMPA.
Mayor Montelibano was very busy that time thats why he was not able to join the mangrove planting.

レオのインタビュー




I noticed this morning that our mangrove planted 2 or 3 years ago are growing fast. The same also those we planted last year. Despite of typhoons that attacked shorlines. I am very happy!!!

There are more environmentalist and school groups from bacolod asking to plant mangrove in Balaring. I think Pagatpat festival was a big help because it was shown in local tv here. Congratulations to all of us!!!
スポンサーサイト
* テーマ:英語学習記録 - ジャンル:学問・文化・芸術 *
「できることから」(弁論大会3位 桜丘高校S子) 
2007.10.12.Fri / 15:49 
「人生変わるらしいよ」
その一言で参加を決め、自分を変えてみたい、何か新しいことにチャレンジしたい、そしてたくさんの人に出会いたい。そんな思いを胸に、私は今年の夏フィリピンへ飛び立ちました。

今回、私がフィリピンへ行った一番の目的は、マングローブの植樹。フィリピンでマングローブを植える活動をしている、環境NGOイカオアコのツアーに参加したのです。
 
現地語で「あなたと私」という意味のイカオアコは、今回私が行ったフィリピンのネグロス島という島だけで、2010年までに30万本のマングローブを植樹することを目標に活動している団体です。



ところでみなさん、「マングローブ」って知っていますか。
「マングローブ」という言葉を聞いたことがある人もいると思いますが、高山植物という名前の植物がないように、マングローブという名前の植物があるわけではありません。
熱帯や亜熱帯の海岸沿いの海水と淡水が混じり合うところに育つ植物のことをまとめて「マングローブ」と呼ぶのです。 

そんなマングローブ。実は、私が行ったネグロス島では全体の90%以上も失われています。緑豊かに見えるこのネグロス島で、そんなにたくさんのマングローブが消えていたことを知ったときは、驚きが隠せませんでした。そしてその原因が、私たち日本人にも関係していたのです。

S子さんとマングローブ



エビ天、エビフライ、エビバーガー…エビは日本人の大好物です。今日本は、世界でも有数のエビ消費国になっています。
そんな日本人が大好きなエビとマングローブの減少、実はとても密接な関係がありました。

私たち日本人が食べているエビの9割は、東南アジアから輸入される養殖のものです。元々はエビも豊富に獲れたのですが、乱獲により減少。そして、そのエビの養殖のために犠牲になったのがマングローブ林でした。エビの養殖池を作るため、マングローブを根こそぎ伐採したのです。しかし、そうやって作られた養殖池は水の汚染や病気などで5~10年で荒れ果ててしまいます。その養殖池は見捨てられ、私たちが食べるエビをつくるために、また別のマングローブを伐採し、新たに池が作られるという悪循環の結果がマングローブの急激な減少なのです。


実際、マングローブを自分のこの手で植樹してみて、大変さを実感しました。伐採するときは一気にできるし簡単だったかもしれない。しかし、失われたマングローブを元通りにするには、一本一本手作業で植えていくしかないのです。今回このツアーで3回の植樹を行いましたが、マングローブを植えた本数なんと、13500本。これが、全部大きくなるのならいいのですが、台風などの影響で流されたりし、そう簡単にはいかないのが現実です。

マングローブは、ジュースのパックやペットボトルに入っている苗を一つ一つ取り出し、穴を開け、田植えのように植えていきます。ただその作業をひたすら繰り返すのです。炎天下の中、何時間も…と聞くと辛そうだなと思う人もいるかもしれません。

でも私が植樹をしていて、辛いとか苦しい、なんて思うことはありませんでした。それはきっと現地の人たちの存在が大きかったからでしょう。今回現地のガールスカウトの子や高校生たちと一緒に植樹をしたのですが、みんなとてもフレンドリーなのです。疲れているはずなのに笑顔で苗を渡してくれるお兄さん、英語がうまく話せない私のために一生懸命説明してくれるガールスカウトの友達、目がキラキラしていて純粋な笑顔で手を振ってくれる子どもたち。フィリピンの人たちは、私たちより貧しく、生活も苦しいはずなのに、豊かな日本人にはないとてもステキなものを持っていました。そんな人たちにとって大事なマングローブを私たちは奪っていたのです。

私はそのことを全く知らなかったし、このツアーに参加しなければ、これからも知ることはなかったでしょう。フィリピンに実際行くことでたくさんのことを知り、そして考えさせられることもありました。

みなさんは、今自分が何気なく食べているものが発展途上国の人々の生活の犠牲になっている、ということを考えたことがありますか。そう、世界では私たちの知らないことがたくさん起こっているのです。

無人島へ向かう船の上で


いろいろな産業が発展することで私たちの生活はより豊かなものになりました。しかし、マングローブ林の減少のように、その代償は大きくなっています。自然が破壊されることで生態系が崩れたり、地球温暖化にもつながっています。今まで私たちは自分勝手にやりすぎました。今、それを見直し、改善していくことが必要なのです。

“フィリピンに行き、マングローブを植える”ということはなかなかできることではありません。でも日本にいてもできることはたくさんあります。

知ってください、今この状況を。
伝えてください、1人でも多くの人がこ現状を知るために。
そして考えましょう、私たちができることを。

小さなことでも、少しずつでもいいのです。
明日の未来のために、できることから始めてみませんか。

* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
桜輝祭に行って来ました 
2007.10.08.Mon / 23:06 
 昨日、yoriyoriさんに続き、桜丘高校の学園祭である『桜輝祭』に出掛けてきました!桜丘高校に着いた時には駐車場が無いほどの大盛況ぶりでしたよ。


 到着して一発目にステージ企画でイカオ・アコのPRとPagatpat Festivalのテーマ曲を高校生メンバーと歌いました☆

IMG_2370.jpg



 今年参加したメンバーだけでなく、昨年参加したメンバーも駆けつけてくれました☆この曲を歌えば自然とみんなが一つになれるんです(笑)

 見てくださいこの笑顔☆素敵だと思いませんか??

 IMG_2376.jpg



 その後は高校生の皆さんはクラスのみんなの力を借りて一生懸命リサイクルバックを販売してくれました☆お陰で大人気のショッピングバックは午前中に売り切れ状態・・・(笑)

 IMG_2382.jpg


 販売の仕方も普通に販売するだけでなく、高校生らしい発想で
リサイクルバックをPRしていました☆☆☆

 
IMG_2384.jpg


IMG_2391.jpg



 今回は植樹ツアーに参加したメンバーだけでなく、クラスのみんなの
協力でイカオ・アコやリサイクルバックを大きくPRできましたね!!

 桜丘高校のH先生をはじめ関係者の方々、特に高等部1Aのみなさん、本当にありがとうございました☆

IMG_2395.jpg



 学園祭でみなさんからもらった元気・勇気を力に変え、イカオ・アコ
も夢に向かって走り続けます!!
 

(SUZU記)
桜丘高校の学園祭が始まる 
2007.10.06.Sat / 23:49 
今日は豊橋市にある桜丘高校を訪ねました。学園祭が二日間に渡って行われます。まだ、準備しながら演技や販売などをしていました(笑)
明日が本番です。どこかの大学祭より盛り上がっています(泣)

イカオ・アコの植樹ツアーに参加してくれた高校生たちもいました、いました。みんな向こうから挨拶してくれましたよ。

今年行ってくれた高校生は変わりないので、すぐ気づきますが、昨年参加して1年ぶりに会う高校生は正直言って、その変わり様に驚きましたね。

昨年の参加者たちは、大きな「ねこバス」を作成していました。

ねこバス



イカオ・アコに関わっては、展示とフェアトレードの二つに分かれます。明日、フェアトレードでリサイクルバックを販売します。

展示は、昨年よりさらに充実。地球環境問題を真正面から取り上げていますね。ここまでよく調査しました。たくさんの方の入場を期待していますよ。


展示室の入り口



新たな展示



地球環境問題

* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
フィリピン工業大学へ奨学金提供 
2007.10.03.Wed / 17:36 
イカオ・アコのカウンターパートであるフィリピン工業大学にここ10年ほど、奨学金を提供しています。その奨学生たちは卒業すると、立派に働いていると聞いています。

対象者は、学業優秀で環境問題に興味のある学生3名です。年間授業料と下宿代程度を授与しています。もちろん、将来の返済は不要です。条件も非常に良いです。

奨学生



今年度は写真の3名を選抜しました。学内でも非常に優秀な学生です。この奨学金でしっかり勉強し、フィリピン発展のために尽くして欲しいと願っています。

* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /