ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2006年01月の記事一覧
≪12month
This 2006.01 Month All
02month≫
●バラリン村報告その2 
2006.01.31.Tue / 12:16 
前に見せた写真で、泥の中に立てた竹と、水平に次の段階の足場ともなる竹を硬いプラスチック紐でしばりながら固定していきました竹が外れてしまわないように、しっかりと固定する必要があり、この作業にも相当の力で縛り上げていきます
苗床の作成

これは3段階目もので、2段階目に設置した横の竹にのぼって、さらに高い位置に同じようにして竹を横に固定しました足元が安定しないなかでも、力をいれて縛らなければなりませんから、大変な作業ですしかし、このバラリンの精鋭たちはそんなことも気にせず、スイスイ縛り上げていってしまいました かなりのスゴ技です!!!
P1090293.jpg


このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、ベストテン入りしています。皆さんに感謝です(^^)!


スポンサーサイト
●植樹の方法 
2006.01.30.Mon / 12:30 
planting
このようにロープに沿って一列に並び、みんなで協力して植えます50mのロープを両端から引っ張るスタッフ苗を運んでくれる子供たち。暗黙のうちに、分業ができてるんですよ。一向に手が動かず、おしゃべりや歌ってばかりしている子供たちもいますが、それもまた楽しいです

ロープには1m間隔で目印が付いているので、自分が植える位置がわかるようになっています。一列植えると、ロープを1m前に進めますので、植え終わると苗が整然と並んでいるんです。それを眺めるときの達成感は言葉では言い表せないですよ。日本人ボランティアは子供たちと植えるこの時間が最も楽しいといってくれます
日射は厳しいけれど、さわやかな海風を浴びながら、至福の時間はこうして流れます。日本で過ごす時間の2倍も3倍にも感じます


growing
植えて半年も経過すると、このように見事な成長を見せます。ここは養殖池跡地なので、波の影響を受けないですね。子供たちと同じように順調に育ちます

growing2
3,4年もすると、このように支柱根が出てきて、泥の中に重い上体を支えます。これで倒れることはありません。この状態に育つまで見守ることになります。

このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、ベストテン入りしています。皆さんに感謝です(^^)!

●バラリン村報告 その1 
2006.01.29.Sun / 11:26 
バラリン村の報告です。今日もまたまた暑い一日でした。BAMPAの選び抜かれた5人の精鋭たちが汗いっぱいにそして泥まみれになりながら腕を振るっての一仕事をしました。まだ竹が届いていないため、橋の延長はできませんが、そのかわりに今は、ナーサリー(苗床)を育てる場所(NURSERY GARDEN)の設置作業をしています。今日はその作業の枠作りから始まって階段を設置するところまでいきました。
苗床の建設

柱になる長い竹を泥沼にさす作業はとても大変だそうです。力も相当入れないと奥まで入っていかないのです。柱をさす作業をする精鋭たちの表情はものすごいです。相当ふんばっているのでしょう。写真で表情が分からないのが残念ですね。今度はシャッターチャンスを逃しませんよ。

このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、ベストテン入りしています。皆さんに感謝です(^^)!
●カラフルな魚たち 
2006.01.28.Sat / 09:42 
p10100081
こちらにいると慣れて何ともないような事さえ、日本からしてみれば珍しいことだったりしますよね例えばこんな魚達…普段日本ではあまり見れないですよね特に写真の上の魚などは。今度のツアーで無人島へ行った際に、シュノーケルやってみたらこんな魚達でいっぱいでしょう試しにやってみてください。今度皆さんがくる頃は夏本番寸前ですので、海水浴は最高でしょう☆   (泉記)

追伸:下の魚は「ニモ」です子供を追い掛け回していると、親が攻撃してきますこれって、映画と同じ(笑)  (後藤記)

このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。
●高橋中学校から感想文(その2) 
2006.01.27.Fri / 19:52 
高橋中学校の皆さんから感想文をいただきました!学生時代の教育実習で行った中学校でも感想文を書いてもらいました。そのときを思い出します高橋中学校のものから、もう1件紹介します。了解をお願いします。以下は男子生徒のK.Aさんの感想文です

--------
今回は、僕たちのために、わざわざ貴重な時間を削ってまで、とても分かりやすい話をしてくださって、ありがとうございました。
地球の環境問題で知らなかったことをたくさん知れたし、マングローブのことも、よく分かりました。
マングローブは塩水でないと育たないということや、マングローブで、地域が豊かになることは興味深いと思ったし、日本人がフィリピンでボランティアとしてマングローブを植えることは、過去がどうであれ、誇れることだし、現地での交流ができることもすばらしいことだと思います。これからもフィリピンのため、日本のため、そして世界のために頑張ってみます。僕も微力ながらも、手伝っていきます。
それとブログを拝見させてもらいます。
--------

K.Aさん、ありがとうね感動したぜ!イカオ・アコのオリジナルTシャツをプレゼントしますから、SMLのサイズを教えてください。コメント欄にでも書き込んでください。
●高橋中学校から感想文(その1) 
2006.01.26.Thu / 09:26 
CIMG0914
先日、総合学習で講演した高橋中学の皆さんから感想文をいただきました!涙が出るくらいうれしいよね。みんな、その熱い思いをいつまでも持ち続けるんだよ。遠かったけれど、高橋中学に行ってよかった、NGO活動やっててよかったと実感できる瞬間です。神谷先生の指導の賜物です。ありがとうございます

さて、今日はその中から1点紹介させていただきます。了解をお願いします。
以下は女子生徒のS.Sさんの感想文です。

-------
こんにちは。この間はどうもありがとうございました。地球の環境についての話やマングローブの話について詳しく、分かりやすく教えてくださって感謝します。
私が一番驚いたことは、日本は森林が多いこと、逆にフィリピンの森林が少ないことです。東南アジアの方は森林が多くあると思っていました。日本がフィリピンなどの木を取っているなんて知りませんでした。マングローブの苗1本10円だと聞いて、とてもびっくりしました。マングローブだけのはちみつを食べてみたいと思いました。また、機会があればもっと話を聞きたいです。本当にありがとうございました。
--------

S.Sさん、ありがとうね。イカオ・アコのオリジナルTシャツをプレゼントしますから、SMLのサイズを教えてください。コメント欄にでも書き込んでください。
●今日は暑い(現地からの報告) 
2006.01.25.Wed / 08:59 
P2280015
こんにちは。フィリピンからの便りです。今日(24日)はものすごく暑いです。日差しがガンガンで、部屋の中でも 30度を越えています。きっと外は34度くらいあるのではないでしょうか。

今日一日でも、大学への行き来や外でのんびりしたので、なんだかほんのりは肌が黒くなりました。(埃かも?) しかも今は水が止まっているので(原因不明、しかもよくある)行動が狭まれます。・・・水浴びや洗濯、食事の支度、食器洗いなどなど。(泉記)
●苗床の準備 
2006.01.24.Tue / 09:30 
日本での雪のニュース拝見しました。東京でも9センチに達したようですね。こちらにいるとそんな日本の冬の寒さは想像しにくいです。
こちらはと言うと、段段夏に向かっているので日本でいう初夏のような天気が続いております。生活はしやすいです。 でも、まだ少し肌寒いので(それでも気温は28度位!) 水のシャワーは毎回ヒヤッとします。

P1090150
バラリンでの苗のナーサリー(苗床)の報告です。BAMPA(現地のNPO)の女性陣が力を合わせて集めたマングローブ(3種類)の種子や若い芽を日本でも売っているような園芸用の黒いビニールの小さな袋に入れて苗作りをしました。3月の植樹に使用します。

以前からあるマングローブ植樹サイトへ向かう途中にあるトイレと、小さな建物のすぐ近くにナーサリー用の場所を作って、苗を置いてあります。周りはネットで囲んであり、一つ一つの苗は密着しているので潮に流されることもありません。ここでしばらく大きくなり、丈夫になるまで愛情を注ぎ、育てます。今では全部の数を合わせて3000個にも及びます。毎日、マングローブの再生活動に熱を入れているBAMPAには涙ものです。
(泉記)

追加説明:この写真に写っている65歳のおばあさんは、11月25日記事の「カニのクッキングコンテスト」で優勝した方です。苗床作りでもしっかりやってもらっています(後藤記)
●現地の空港で歓迎 
2006.01.23.Mon / 12:45 
meeting
植樹ツアーには通常、マニラで乗り換えて、バコロド空港に降り立ちます。そこではいつもスタッフが待ってくれています。左端と右端がシライ市役所の職員のベルとレオです。こうしてバナーを作ってくれてのお迎えですね。

このときには、日本から「テレビ大阪」系列のディレクターを伴っていましたので、JAPAN TV CREW なんて書かれています。実は代表の後藤は全国ネットのテレビに出演したんです。この話は、また別の日に(笑)

directer
ディレクターの吉村さんの撮影風景です。場所はシライ市の高校の朝礼で、日本人ボランティアがスピーチをするという場面撮りでした。高校といっても3,000人もの高校生がいます。こんなたくさんの前でスピーチしたのは初めてです(汗) でも、みんなを笑わせましたからね。もちろん、関西弁なまりの英語です。
●1月19日掲載のクイズの答え(後半) 
2006.01.22.Sun / 11:44 
1月19日に高橋中学校の総合学習で、5問のクイズを出しました。今日は後半の問3、4、5の解答と解説をします。


質問3の「海の里山」って、聞きなれないですが、「里山」であれば、聞いた方が多いんじゃないでしょうか?
最近、日本で里山再生に取り組むNPOが増えていますよね。家庭にプロパンや都市ガスの普及で、里山から薪を取ることもなくなりましたし、木の実やきのこを採取することも少なくなっています。いまは、人は入らないものだから、里山が荒れて、竹林に占拠されているところが多いです。


海の里山は、日本の里山と同じように、生活に身近で、薪をとったり、小魚など食べ物を採取する空間です。ということで正解は3番の「マングローブ林」となりますよ。私たちが植樹をしているネグロス島は95%以上のマングローブ林が消失しています。海岸線の風景がここ50年で一変したんですね。魚やエビの養殖、薪の都市部への販売などでマングローブ林が伐採されることになります。

次に質問4です。マングローブを構成する樹種は、世界中でなんと、200種類くらいあるといわれています。この数字も学者によってばらつきがあり、定まった数字がありません。
それくらいマングローブ林は多様な群落なんですね。


最後の質問5です。「ブラックタイガー」は、「阪神タイガースのグッズ」でも、「プロレスの選手名」でもないです。中学生は会場を盛り上げようと、敢えてこの選択肢を選んでくれました(笑)解答はスーパーマーケットで売られている冷凍エビの一種です。マングローブ林を伐採し、養殖池を作り、日本輸出用のエビを飼育します。

高密度に飼育されるものだから、すぐに病気が蔓延し、その養殖池を放棄し、隣接したマングローブ林をまた養殖池に変える悪循環に陥ります。東南アジアのマングローブはこうした危機に見舞われています。マングローブの破壊が日本の経済と密接に結びついていることが分かってもらえましたか。
●1月19日掲載のクイズの答え(前半) 
2006.01.21.Sat / 19:58 
1月19日に高橋中学の総合学習で、5問のクイズを出しました。考えてくれましたか?今日は問1と2の解答と解説をします。

co2
問1の答えは3番です。二酸化炭素の排出量は、車社会のアメリカがトップです。2位は人口13億を抱える中国です。この円グラフは各国の排出量の割合を示しています。

この状況に対し、2008年~2012年の間に温室効果ガスを1990年比で一定数値を削減することを義務づけたものが「京都議定書」です。主要国の削減率は、日本6%、米国7%、EU8%、カナダ6%、ロシア0%などとなっていて、全体では5%の削減を目標としています。日本、EUなど125カ国・地域が批准していますが、米政権は2001年に離脱したんですよ。

では、問2です。日本とフィリピンの土地利用の比較をしたものです。フィリピンの国土が緑に覆われていると想像して、森林の66.8%がフィリピンだとみなさん、答えたかもしれませんね。それは引っかかりましたよ(笑)

フィリピンは戦前から天然資源である木材を輸出することで外貨を稼いできました。戦後は、日本の商社がベニヤの原料となるラワンの伐採を行いました。今のフィリピンでは、経済価値のある森林はほとんど残っていないんです。そうした資源の活用で日本経済は発展してきました(反省)。

現在、日本の商社はカリマンタン島やパプアニューギニアなどで森林伐採を行っています。

ということで、フィリピンがB国で、日本はA国です
●橋建設の写真集(ニッパハット) 
2006.01.20.Fri / 20:00 
IMG_0699
鈴村がお正月に現地視察したときの写真を紹介します。建設中のニッパハットです。友好の橋に接続していて、ここで休息することができます。いすやテーブルも用意して、交流できるスペースとなります。

IMG_0724
すべて手作業で行いますが、村人たちはプロフェッショナルです。自分で建設するノウハウを学んでいます。手際よく、建設していきます。サバイバルする能力も高いんだろうなと思いますね。
人工の材料は縛るテープだけです。自然の材料を生かし、周りのマングローブの環境にマッチしたニッパハットと橋に仕上がります。
●豊田市立高橋中学で総合学習 
2006.01.19.Thu / 15:23 
CIMG0909
今日は豊田市立高橋中学に招かれて、総合的な学習の講師をやってきました。
私のタイトルは「クイズで理解しよう!地球環境問題・NGO活動」で、副題は「なぜ、マングローブを植えるんだろう?」です。


CIMG0895
内容が地球環境問題から説き起こしてるので、マングローブの話や現地の住民の状況があまり触れられなかったかなと反省しています。持ち時間が50分でした(涙)次回はいきなり、マングローブの話でやります(笑)でも、みんな真剣に聞いてくれたよね。後で、感想文を書いてくれるようなので、また紹介します。

中学生に出したクイズを下に掲載します。解答した学生は、場を盛り上げようと面白い答えを選択してくれました。ありがとう。

質問1  CO 2の国別排出量が多い順番に並べると正解はどれ?
1.中国-インド-ロシア-米国-日本
2.中国-米国-日本-ロシア-インド
3.米国-中国-ロシア-日本-インド
4.米国-日本-中国-ロシア-インド
5.米国-日本-ロシア-中国-インド
質問2  フィリピンとJapanの国土の利用状況(Land Use)を下のように比較しました。どちらがフィリピンでしょうか?

    農業  牧草地 森林  その他
-----------------------------------------
A国  12.0%  1.7%  66.8%  19.5%
B国  30.6%  4.3%  33.3%  31.8%
質問3  「海の里山」って、何だろう?
1.遠浅の砂浜
2.竜宮城
3.マングローブ林
4.さんご礁
5.海の中にある山状の地形で、魚介類が豊富なところ
質問4 それでは、マングローブを構成する樹種は、世界中で何種類あるかな?
1.10種類程度
2.20種類程度
3.40種類程度
4.80種類程度
5.200種類程度
質問5 「ブラックタイガー」って、何だろう?
1.阪神タイガースのグッズ
2.エビの一種
3.東南アジアのマフィアの名前
4.プロレスの選手名
5.東南アジアに住むトラの一種
●第32回ツアーの申し込み 
2006.01.18.Wed / 22:50 
3月12日(日)から3月19日(日)まで、フィリピン・ネグロス島で植樹ツアーを実施します。公式Webサイトには、まだパンフレットに掲載をしてないのですが、汎用の申込用紙を使って、正式な申し込みがありました。神戸のM.Nさん、ありがとう。近々、パンフレットをWebに掲載します。

このツアーでは、無人島宿泊、さんご礁での海水浴もあります。
参加費は11万5千円(中部国際空港からの往復航空券、宿泊費、現地での食事などを含む)で、当然赤字です(泣)
定員は15人です。申し込みは2月17日(金)締切ですよ。


明日は、豊田市の中学校の総合学習で講師をやってきます。楽しい報告がここでできるようにします(笑)
●イカオ・アコ・シールの登場!企業の社会貢献を受け入れます 
2006.01.17.Tue / 20:35 
CIMG0891

このシールをどのように使用するか、想像できますか?直径は4cmです。コストを下げるため、色数を落としています。

実は、いろんな商品に貼るんです。その商品の売り上げの一部が、イカオ・アコの植樹活動の資金として生かされる予定です。

そんなことをしてくれる企業や商店があるのかって、疑ってるでしょう。世の中の企業には社会貢献したいところが多くあります。その中で、イカオ・アコの植樹活動を支援したいというところも出てくるんですね。

まだ、企業名や商品を明らかにできませんが、近いうちに発表しますから、お楽しみに!
イカオ・アコはどんどん挑戦します。
(当面はIkaw Ako Shopの商品に貼ります)
●ニッパハット 
2006.01.16.Mon / 22:38 
Picture

新年、初のバラリンへ行ってきました。村の人々は相変わらずのんびりした感じで出迎えてくれました。

 
友好の橋の延長のための竹がまだ到着していないため、橋は変化なしです。が、BAMPA(現地のNPOでマングローブの再生を目的とする)はニッパハットというニッパと竹でできた休憩所?を作っているところでした。今は、BAMPA(現地のNPO)の精鋭たちが腕を振るっています。どの人も、皆が驚くような高技術の持ち主です。手際が良い、力持ち、かっこいい(?)です!!!

ニッパハットの状況は、私が今回アイデアを出し、シンプルかつ機能的リラックス空間をイメージして作ってもらっています!完成まで構造は暫し秘密です。完成と同時に写真をお見せしますので待っていてください☆
(泉記)
●名古屋NGOセンターでインタビューを受けました 
2006.01.15.Sun / 11:42 

名古屋NGOセンターが中期計画を作成するため、加盟団体にインタビューを実施しています(門田さん、ご苦労様)。その関係で昨日、名古屋NGOセンターに出向きました。


名古屋NGOセンターは、国際的な協力活動をするNGO間の協力関係を促進し、これらの団体の健全な発展に寄与するとともに世界平和に貢献することを目的とした非営利の市民組織です。イカオ・アコもお世話になっている上部団体です。
専従に村山さんが帰ってこられました。また、賑やかになりそうです。


さて、事務所に加盟団体のメンバーAさんが来られて、門田さんが私の紹介の後、Aさんの発言に皆、大爆笑。
  門田さん:「イカオ・アコで、日本福祉大学の・・・」
  すかさず、Aさん:「私、修士の1年生です。4年生ですか?」
  後藤:「!?・・・・」
  村山さん:「教員の・・・」
久しぶりに学生に間違われました。Aさんに座布団2枚ですね。
●ShopにTシャツをアップ 
2006.01.14.Sat / 23:40 
LogoTshirt

画像をクリックすると、大きな画像が出ますよ。
Ikaw Ako Shop でロゴTシャツの販売を始めました。Tシャツ自体は「Polo」製の高級品で、胸にイカオ・アコのロゴをあしらいました。ロゴの直径は約8cmです。アメリカンサイズでSサイズとMサイズです。申し訳ありませんが、体格のいい男性には合うサイズがありません。結構丈夫で、首周りや袖口が伸びないのはいいですね。



1枚1,000円でお買い求めできます。郵便での送付料は無料となりますから、かなりお得なはずです。
Ikaw Ako Shop はこちらです。



「人気blogランキング」では環境分野の人気ブログを知ることができます。現在、このブログは20位くらいでしょうか!(^^)!


●書籍で紹介されました 
2006.01.13.Fri / 16:59 
CIMG0881

イカオ・アコのことが、以下の書籍で簡単に紹介されています。
「使える!自然保護NPOリスト」の中の「森を守る」ジャンルの4つのNPOの1つとして、取り上げられています。名称、ホームページ、Eメール、住所&電話、活動内容について触れられています。ありがとうございます、加藤さん!感謝です(礼) このほかに雑誌向けに、今日締め切りの4000字原稿を書き上げました。刷り上ったところで報告したいと思います。
  加藤仁著:「団塊シニアの生き甲斐発見BOOK1 自然・環境を守る活動編」
  技術評論社、2005年12月発行、1380円+税


このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、25位くらいでしょうか!(^^)!


●副代表の鈴村 
2006.01.12.Thu / 22:28 
DSC00877
 鈴村の文章から、かなり前向きの性格を持つ人柄だということは分かってもらえたと思います。2002年4月にイカオ・アコの現地駐在として、フィリピンに赴任してもらいました。

 当時、英語がほとんどできませんでしたね。彼の英語表現には、過去形や未来形は存在していませんでした(笑) たぶん、現地では借りてきた猫のようにおとなしくしていたんでしょう。1ヶ月も立つと、これが同じ鈴村かと疑いました。もともと、おしゃべりなので、語学習得の才能はあったかと思いますが、英会話の上達振りに目を見張りました。友達の輪の中で、最もしゃべっているのが、鈴村なんです。それも英語で冗談を言いながら、みんなを笑わせています。本領発揮といったところです。

 イカオ・アコの駐在の仕事のほかに、大学の日本語ティーチングアシスタントをやってもらっていました。大学構内を歩けば、後ろには、必ず女子学生が数名ついていました。すれ違うすべての学生から、「ノリ!」と声を掛けてもらっていました。傍から見ていると、数メートルおきに声がかかるというイメージです。学長より、鈴村のほうが有名人のようでした(笑)

 フレンドリーな性格ですから、みんなから好かれるんです。悔しいですが、女子学生からよくもてます。女の子からメールが来たとよく言ってました。

 こんな話もありました。カウンターパートの市役所にミス・ネグロスがいたんですが、彼女が、なんと鈴村のことを好きになってしまったんです。人口数百万人の島のミスですから、とても美人でスタイル抜群です。この後の話は、本人からの投稿を待ちましょう。

 1年間の赴任の後、日本国内で就職活動をするわけですが、現地で大きなプロジェクトをこなし、自信を持っているものだから、びっくりするような大手の企業の面接をいくつもクリアしてきました。彼が言うには「就職活動って、楽しいですね」です。ほとんどの学生はプレッシャーで不安な毎日を送っていたのにです。

 つらい仕事も楽しみに変えられる彼のやり方には、学ぶことが少なくありません。そういった話を、今後、続けてくれると信じています。


このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。
●バラリン村へ再上陸!! 
2006.01.11.Wed / 23:11 
P1090081

 私は昨年12月30日から1月3日までフィリピン・ネグロス島へ行ってきました。今回の主たる目的は自分自身へのご褒美!!でしたが、しっかりとバラリン村のプロジェクトをチェックしてきました。
 現在、バラリン村では『友好の橋』の建設プロジェクトが現地駐在員の泉さんの指揮の下、完成間近となっていました。この友好の橋はマングローブの原生林の中に竹製の橋を作るプロジェクトです。バラリン村で植樹活動をしたことがある人は沿岸部から植樹サイトまで歩いていったのを覚えていますか??
 今は橋を延長することにより植樹サイトの一番遠いところまで橋が伸びているのをイメージしてもらえばわかりやすいと思います。
 この橋が現地の人々にもたらす効果はマングローブの植樹サイトまで容易にいけるということだけではありません。輪私たち日本人とフィリピン人が協力して作り上げたこの橋は住民たちの意識を変えたと私は感じています。
 なぜなら、現地の人々からイカオ・アコに頼るばかりでなく、自立して環境保護活動を行っていきたいという意見が出てきたことです。
 これが現実になるにはもう少し時間を要することは間違いないと思います。しかし、住民たちがそのような意識を持ち始めたということがポイントなんです。いってみればイカオ・アコが目指すものが現地でも浸透したといったところでしょうか?
 次回は橋の建設手順を紹介させていただきます。  (鈴村記)



「人気blogランキング」では環境分野の人気ブログを知ることができます。現在、このブログは20位くらいでしょうか!(^^)!


●冗談が現実に・・・ 
2006.01.10.Tue / 10:13 

 お話の続きをしたいと思います。
 スタッフに無理だと言われた1000人をどうしても集めたい!!
 みんなにこの活動を知ってもらいたい。
という気持ちが心の中で膨らんでいきました。
 私はスタッフのいる市役所に足を運び、この企画の話をするたびにみんなに冗談半分に冷やかされるの悔しくてたまりませんでした。
 まず、みんなに私の気持ちが真剣だと知ってもらうために何をしようか考えました。そこで、私は頭に思い描いていることを紙に書いてみようと思ったのです。
 もちろん、英語で企画書なんて書いたことありませんでしたし、完成できる自信も正直ありませんでした。でも、自分の中でこの企画を絶対にやり遂げたい。という気持ちが強かったのだと思います。
 本を片手に企画書を作り、市役所のスタッフのところへ話をしに行ったのです。
 企画書作りで疲れていたせいか、スタッフによるとすごい顔をしていたらしく、話を聞かなければ不味いと思ったそうです。
 そこで私が企画について熱く語ったところ、スタッフも私が冗談半分で言っていないことに気付いたのです。
 どうしてもネグロス島のみんなにこの活動を知ってほしい。その思いだけが、未知の世界に足を踏み入れたにも関わらず、突っ走ることができた要因でしょう!!
 スタッフも私の熱意に押され、どういったプロジェクトにすればいいか真剣に考えてくれるようになりました。飲み会の席で発案されただけに、打ち合わせは常にビールと一緒でしたが・・・(笑)
 今だから言えるのは、人になんと思われようとも自分がやり遂げたいという気持ちさえあれば、可能性はどんどん広がっていくんです!冗談だと思われるくらい、大きなことでも気持ち一つで現実になるはずです。
 少なくとも私はそう信じています☆      (鈴村記)



「人気blogランキング」では環境分野の人気ブログを知ることができます。現在、このブログは20位くらいでしょうか!(^^)!


●Ikaw Ako Shop がオープン! 
2006.01.07.Sat / 22:19 

letter
イカオ・アコは、活動費の調達とフェアトレードに挑戦するため、ネットショップを構築中です。
まだ、店舗のトップページがありません。いきなり、商品の陳列です。
https://cart1.fc2.com/cart/south/


この写真の商品は、ジュースのパッケージから制作した、レター入れです。デザインが面白くて、結構いけるでしょう。環境配慮型商品ですから、イカオ・アコの活動趣旨とも合致しますね。写真をクリックすると、大きくなりますよ。これからどんどん、商品をアップします。



「人気blogランキング」では環境分野の人気ブログを知ることができます。現在、このブログは20位くらいでしょうか!(^^)!


●マンゴとパパイヤ 
2006.01.05.Thu / 11:32 
CIMG0752

 フィリピンは暖かい国ですから、日本にはないフルーツが たくさんあります。
 まず代表的なものがマンゴーですね。日本でも昨年のマンゴーブームから、かなり人気があるようですね。
 フィリピンのマンゴーはとても甘くて、ジューシーで食べだすと 止まりません!
 みなさんはマンゴーの切り方、食べ方をご存知でしょうか。真ん中に大きな種があるので、少し扱いづらいですよね。切るときは、マンゴーのへその部分に包丁をいれ、種にそって切り魚で言うところの3枚おろしのような感じです。種の部分は食べにくいですが、周りの部分は一番甘くておいしいので、ぜひかぶりついてみてください。

CIMG0369

 次にバナナやパパイヤなどがあります。バナナは日本でも安くて栄養価の高いフルーツとして定着していますよね。パパイヤは、フィリピンではフルーツとしても食べますが、その他にスープにいれるなど料理としても活用されています。バナナやパパイヤは年中売られていますよ。
IMGA0122
 フィリピンに来たときは、ぜひ道沿いのフルーツスタンドに寄って、様々なフルーツに挑戦してみてください☆
(岡記)
このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、20位くらいでしょうか!(^^)!


●ランソーネス(果物) 
2006.01.04.Wed / 16:56 
CIMG0366

ランソーネスは黄色の厚めの殻の中に入っていて、樹になっている様子は巨峰のようです。
実は甘酸っぱく、くせになる味です。


(岡記)
このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、15位くらいでしょうか!(^^)!


| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /