ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2005年12月の記事一覧
≪11month
This 2005.12 Month All
01month≫
●ランプータンとドリアン 
2005.12.30.Fri / 14:51 

DSC00806
 ランプータンの形はとてもおもしろいんですよ! 赤い、柔らかいトゲトゲに包まれていて、 見た目は海の生き物か何かみたいです。中身はライチによく似ていて、甘くてとても美味しいですよ。


 みなさんがよく知っている変り種として・・・ドリアンがあります。みなさん、ドリアンはどうやって実っていると思いますか??

 なんと、樹の枝からぶら下がっているんです!! ドリアンは人の顔ほどあり、とても大きくて硬いトゲを持っています。だから、ドリアンを収穫する人は、工事現場で見るようなヘルメットをかぶっているんですよ。落ちてきたドリアンに当たってはひとたまりもありませんからね…
IMGA0112


 匂いは…みなさんご承知のとおりです(笑)味はかなり濃厚で、バタークリームのようです。 意外と食べなれると美味しく感じられるようになります。

(岡記)


このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、15位くらいでしょうか!(^^)!


スポンサーサイト
●ロゴの制作 
2005.12.29.Thu / 15:30 
nfu
 イカオ・アコのこのロゴができたのは2001年ころです。メンバーの佐藤直美さんがデザインしてくれました。感謝感謝m(__)m
 センスのいいデザインに仕上がっています。原画は色鉛筆を使って制作されています。画像をクリックしてもらえると、その原画を大きくしてみることができます。

 しばらくは、Webやあちらこちらに、この原画を使っていました。Tシャツのロゴもこの原画を使いましたね。その後、メンバーの村田圭吾君がIllustratorというソフトでデジタル化してくれました。葉の向きが逆になりました。デジタル化のおかげで、取り扱いが楽になりました。

 「イカオ・アコ」は、あなたと私と言う意味ですが、手を取り合って、マングローブを再生させましょうという願いが、このロゴにこめられています。イカオ・アコのネーミングは私の提案ですが、それだけでは、活動目的が分からないので Japan Negros Partnership for environmental Protection という副題を現地のスタッフが考えてくれました。こうした思いをこのロゴは表現しています。

 TシャツやWebだけではなく、いろんなところに広まってほしいロゴなのです。そのうち、ビッグな発表をしますよ。

(後藤記)


このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、25位くらいでしょうか!(^^)!


●プロジェクト誕生のきっかけ 
2005.12.29.Thu / 14:57 

 私がフィリピン・バラリン村でやってきたプロジェクトのお話をしていきたいと思います。

 私が一年間フィリピンに滞在していたのは何度もお話してきましたが、その時にPAGATPAT FESTIVALというプロジェクトを行いました。PAGATPATというのはフィリピン・バラリン村でイカオ・アコがよく使うマングローブの苗の名前です。

 簡単にイメージを持ってもらうにはマングローブ祭りって言ったほうがわかり易いかもしれません。
 なぜ、お祭りなの??と思った方は沢山いるかもしれません。
 実はフィリピンの人々はお祭りが大好きなんです。なにかとみんなで集まって騒いだりするのが大好きなんです。

 じゃあ、それとマングローブの植樹がどう関係するのか?? という疑問を持つ人もいるかもしれません。
 その当時、私はイカオ・アコの植樹活動をネグロス島全体で根付かせようと必死に取り組んでいました。

 バラリン村では植樹活動も徐々に理解され始めていた時にバラリン村だけでなくもっと沢山の人々にPRできたらなぁと思っていました。ある時、現地のスタッフとビールを飲んで騒いでいた時に、イカオ・アコの活動でなにか大きな事をしたい!!という考えになりました。

 バラリン村だけでなくネグロス島全土に環境保護を訴えかけるにはどんなことができるかと冗談半分に語り合っていたんです。すると、「お祭りをやって人を集めたらいいんじゃない??」とスタッフの一人が言いました。

 他のスタッフも私も目を合わせ、これしかない!!とあっさり決まってしまいました。その頃、お酒もだんだん進んでいい気分になっていたんですが、スタッフの一人が、「目標は何人集めるんだ??」と言った時に私は、「1000人!!」と言った時にスタッフは笑っていましたが、私は勝手に絶対に集めてやるんだと心の中で決めていました。

 続く・・・・
 (鈴村記)


このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、25位くらいでしょうか!(^^)!


●日本・ネグロス友好の橋 
2005.12.28.Wed / 11:21 

 英語名称は「Construction of Friendship Bridge between Japan and Negros」です。日本とネグロスを結ぶ大規模な橋じゃないです(笑)

 かつて、漁業で生計を立てるバラリン村では、海に出るのに干潟を何百メートルも歩かなければなりません。重量物を運ぶことだってあります。私たちが植樹をするときも、その泥の中を足を取られながら、何百メートルを歩いていました。

 この「日本・ネグロス友好の橋」の建設により、干潟をまたぐ橋が、村と、生産の場である海、マングローブの植樹地を結び、重量物の運搬などを効率的に行えるようになるはずです。

 竹を資材とした橋を建設するために、技術指導を行う専門家を派遣する事業です。 社団法人 国際建設技術協会から助成を受けました。

 このケースの申請書は短いほうですが、以下に示すように合計16枚の書類を作らなければなりませんでした。

 本体の申請書  6枚
 申請団体の概要 4枚
 日程表     1枚
 経費      1枚
 専門家履歴書  2枚
 カウンターパートの要請状 2枚

 6枚の申請書の中身は、協力事業名、事業目的、実施場所、協力相手機関、事業発掘の経緯、事業の概要、資金計画、専門家の活動内容、期待される効果など多岐にわたるものです。今もって、よく書き上げたものだと思います。

CIMG0854

 このほかに、申請後、協会から質問が来ました。
「現地で採れる竹を主要な材料とし、安全な構造とするとあるが、具体的にどのような方策か?」
「専門家のこれまでの業務のなかで同様の実績がありましたらご記入ください」
「現地でも竹の橋を建設するノウハウを持っているが、特段、日本から専門家を派遣する理由は何か?」
というもので、厳しく突っ込まれました。その回答にさらに2枚の資料を作成しています(涙)

 12月末には完成する予定ですので、後日、報告します。日本とネグロスの交流の架け橋となることを期待しています。
(後藤記)
●大好きな場所 
2005.12.28.Wed / 10:00 

 私の大好きな場所についてお話したいと思います。
 私の大好きな場所ってどこだと思いますか??(笑)

 私の事を知っている方はすぐ答えがわかると思います。
 それは自分の実家でもなく、職場でも母校でもありません。
 『フィリピン・ネグロス島・バラリン村』
 この地名を聞いてピーンと来た人はもうすっかりイカオ・アコに洗脳!?されてますね。(笑)

 私はイカオ・アコが活動しているバラリン村が大好きです。
 少し大袈裟かもしれないですが、私にとっては聖地なんです。

 今の私がこうしてしっかりと収入を得て、海外で活躍することを目指して仕事ができるのもバラリン村に足を運ぶことができたからなんです。

 今年は会社の長期休暇があるゴールデンウィーク・お盆休みもバラリン村に行きました。さらにこのお正月休みも渡航する予定でいます。それを考えるだけで今からそわそわしてしまいます。(笑)

 私はバラリン村でいろいろなプロジェクトを遂行する中で、村の人々と素晴らしい信頼関係を築き上げることができました。
 何をしたかは次回からゆっくりとお話していきますね!!

 皆さんは大好きな場所ってありますか??
 先週の大切な仲間との話とも重複する部分がありますが、大切な場所に大切な仲間がいるって考えるだけで幸せになりませんか?

 私は仕事で辛い事があった時にはフィリピンで取った写真のアルバムを開くことがしばしばあります。なぜかというと、その頃の輝いていた自分を見て元気をもらっているからです。
 みなさんの好きな場所の一つにこのMLもなれたらいいなぁなんて考えながらこの記事を書きました。

 (鈴村記)


このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、25位くらいでしょうか!(^^)!


●仲間の大切さ 
2005.12.27.Tue / 22:11 

 先日、イカオ・アコのオフミーティングを実施しました。
 イカオ・アコのメンバーが日本各地から集まり、思い出話で盛り上がりました。

 近頃、感じることがあります。
 それは、
 『仲間って大切だ!!仲間っていいな!!』
 ということです。

 オフミーティングではイカオ・アコの近況報告をしたり、みんなの近況報告をしてもらったり・・・。おめでたい話もあれば、面白い話もあり本当に幸せなひと時でした。

 私は仲間と再会し、話をするのが大好きです。
 特に自分がやること(仕事や恋愛・・・etc)がうまくいかない時など仲間と会うとまた、自分のやりたいことに挑戦してみようという気分になります。
 言葉ではうまく表現できないのですが、仲間からたくさん元気をいつももらっています。

 日本全国、離れて暮らしていても自分には誇れる仲間と繋がっていると思うとそれだけで元気が出てきますよね??
 私が一年フィリピンに滞在した時、初めは全く英語が話せなくて、メールや電話も使えない環境で辛い時も大学の仲間が直筆の手紙をくれて何度も励まされました。

 そうなんです。
 友情っていうのはどこにいても繋がっているんです。
 それが海外だろうと日本のどこであろうと!!

 仲間を思う気持ちに距離なんて関係ないんです。
 恋愛でも同じことが言えるはずです!(笑)

 このメルマガを購読いただいてる皆様は既に私の大切な仲間です。
 だから、一週間に一度、私の元気をメルマガに載せて配信します。
 大切な仲間を沢山作ることもグローバルな人間になるためには必要だと思っています。
 なぜなら、人間は一人では暮らしていけないですから。
 
 みなさん、明日から一週間頑張りましょうね!!
(鈴村)

「人気blogランキング」で環境分野のランキングを見ることができます


●橋の手すり(現地からの報告) 
2005.12.24.Sat / 23:26 

古いバンブー(橋の材料)の破損に関しては既にBAMPA(現地のNPO)がこの間までに修復していてくれました。これで大分歩く時の自分の重さを気にしなくて良くなりました(^^;)v

写真は、丁度海へ出る橋の出口に取り付ける階段の手すりです。皆が手すりで怪我をしないようにと、表面を滑らかにしている様子です。こんなわずかな気遣いも嬉しいものですね。

P1010334

もうすぐクリスマスですね☆ こちらでは雨が降らないといいです。 そちらではホワイトクリスマスを望む人も多いのではないでしょうか。


(泉記)

「人気blogランキング」で環境分野のランキングを見ることができます


●Chrismas Party(現地からの報告) 
2005.12.23.Fri / 22:59 

こんばんは。こちらはここ3,4日とても肌寒いです。ブルブル・・・

バラリンで、BAMPAメンバーとともにクリスマスパーティーを開きました☆
女性人が腕を振るって料理を作りました。炭焼き豚肉、ポッチェーロ(豚肉,バナナ入りのスープ)、焼き魚、バレンシアーナ(スペイン料理の一種で,黄色のもち米をたいたもの)などなどがご馳走としてでました。どれもとてもおいしかったです(^0^)/
Food

ご飯をお腹いっぱいに食べた後は早速も男性人がビールやウィスキーを出し始め …宴会です!写真は、皆でカンパーイ!!!した時のものです。 クリスマスソングを歌ったり、踊ったりととーっても楽しい時間でした☆ これによってさらに仲間の絆が深まりました(^^)v
cheers


(泉記)

このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、25位くらいでしょうか!(^^)!


●私がグローバルな人間になりたい理由(4) 
2005.12.22.Thu / 11:23 
 私には一生を懸けてでも実現したい夢があります。

 なんだか想像つきますか??
 私はイカオ・アコと出会い人生が大きく変わりました。
 環境ボランティアを通してフィリピンでの現実を見てきて学んだことは多々あります。

 その中で最も心に引っかかっていたのは社会の経済発展と環境保護は相反する一面を持っているということです。
 特にフィリピンでは裕福な階級とそうでない階級がはっきりとしています。裕福な人々はお金を稼ぐことに長けていますが、環境保護という意識はあってもやはり、お金を稼ぐよりも重要だとは思っていないというのが現状ではないでしょうか??

 では、日本はどうでしょう??
 第二次世界大戦後、高度経済成長を遂げた日本ですが、その時に環境の重要性を考えられた人はいたでしょうか??  その結果、公害が発生したり、当たり前に存在していた生物が世の中から減少し、気付けば物で溢れるようになりました。
 
 便利になる一方で貴重な自然はどんどん減少していく・・・。
 こういった失敗を日本人は知っているから、まだ、手付かずの自然が残るフィリピンのような国を自然を守りたいと願うのだと思います。
 しかし、経済発展なくして人々が保障されないのも事実です。

 そんな時に、イカオ・アコは自然をただ守るだけでなく、自然と共生できる地域づくりを始めました。
 そんなプロジェクトに携わることができた私は、就職という人生の分岐点で何をしたいのか考えました。

 私は今まで世の中で誰もできなかったことに挑戦したい。
 それは、『企業面から自然を守りながら、経済発展を遂げられるシステムを確立させたい』というものです。

 普通の人が聞けば、何を大袈裟な事を!!などといわれるかもしれません。
 しかし、地球という限られた資源の中で人間がすっと生きて行くには、環境保護と経済活動がうまく循環していかなければいけません。

 その為には私は日本やフィリピンだけでなく、世界をもっと見て、いろんなことを吸収しなければいけないと思います。
 だから、世界に通用するグローバルな人間になりたいのです。

 その為にはもっともっと努力していかなければいいけません。
 でも、熱い夢がある限り、挑戦し続けることはできると思っています。
 『挑戦!!』

 これは私にとって永遠のテーマです!!
 挑戦し続ける姿勢こそが夢を実現させるんだと信じています。
 私の夢を実現するために必要な条件それがグローバルな人間になることです。

 みんなも大きな夢を描いて一緒に突っ走りましょう!!
(鈴村記)

このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、25位くらいでしょうか!(^^)!


●橋の延長(現地からの報告) 
2005.12.20.Tue / 12:00 

バラリンですが、橋もさらに長さを延ばして300mを若干越えたところです。まだ竹に余裕があるため、もう少し橋をマングローブ林の中で伸ばしてから、今度は海へ出るようにします。

新たらしいこの橋には、既に2箇所の海への出口が作られています。そして最後の出口で計3箇所になります。住民の人々の新しい海への玄関口になるでしょう。 そして私たちの植樹への入り口となりますね。

村人達の作業はとても早く、そして確実です。バインダーという硬いプラスティック紐(日本では宅急便の際などに使ったりしているものです)でしばります。釘は竹が割れてしまうので使いません。

bridge-1


写真は丁度先週お伝えしたまでの所と、今回の所の境目です。いつもは境目のない平らな状態ですが、今回のところには途中木があったので方向を斜めにしたために段差ができました。でもこの写真だけでも素敵ではありませんか???    (泉記)

このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、25位くらいでしょうか!(^^)!


●Friendship Bridge の建設状況(現地からの報告) 
2005.12.13.Tue / 11:49 

今日もまた、バラリンへ行きました。 新しい橋はカナリ順調に長さを伸ばしており、今日の段階で200mを越えただろうところまでいきました。マングローブ林の中を回遊できるようにしています。

地域外からも遊びにこられる方がぐっと増えると思います。村がますます有名になりますね。

constracture

ジャパン・ネグロス・フレンドシップ・ブリッジ、かなり完成が楽しみです。この橋によって今まで泥の中をゆっくりとしか進めなかった状況をかなり改善できますね。 
また、元気にたくましく育っているマングローブの森の中を歩くうえで、心も体も何だかリフレッシュできるような感じがします。

この橋の建設にあたり、BAMPA(現地のNPO)との絆が深まるような気もします。皆で力を合わせて作るこの橋は、これから先もバラリンに、そして私たちの心の中に深く刻まれることでしょう。ツアーで来られる方々のアトラクションになると思います。楽しみにしていてください。

この先の予定としては来週にマングローブのリプレイスメントと、マングローブに付着している藤壺のクリーニングを行いたいと思います。同時にごみ拾いもします。

さらには、シライ市のカウンセラーの一人から、バラリンの海辺で魚の保護区を作ろうという計画が持ち上がりました。

魚の保護区を作ることによって、イリーガルフィッシングを防ぐのと、魚の育成、そして同時に牡蠣の養殖ができるため、村人の生活と環境保護の両方のためにやったらどうか、というものです。

魚も確実に増やすことができ、またその魚を村人が捕ることもできます。私も以前マニラでマングローブの再生と同時にそれを行っている団体を拝見しました。来週は、 そのシライのカウンセラーの方がバラリンを視察しに来る予定です。

リスマスパーティーも皆で持ち寄ってしようじゃないかと話が出ました。ますますわれらの団結が深まっています。    (泉記)

このブログを気に入っていただければ、「人気blogランキング」に投票をお願いします。現在、50位くらいでしょうか!(^^)!

●現地の観光パンフレット 
2005.12.09.Fri / 18:32 
11月のツアーは東南アジア大会とぶつかってしまいました。

この大会は日本で言うと、東アジア大会のような、オリンピックの
ミニ版です。ネグロス島はサッカー会場となっていました。

その会場周辺に各都市が観光ブースを設けているわけですが、
サガイ市という、われわれの植樹サイトがあるブースを訪ねてみると、

「あなたたちのメンバーがパンフに載ってる」と教えられました。
事前に情報を持っておらず、その中身を見て、驚きましたよ。

2年前の写真がパンフレットに載せられていました。
写真が鮮明でないことと、縮小して分かりにくいので

Webに掲載します。映っている方は了解してください!(^^)!
下の写真は2代目の現地駐在者のYさんです。
植樹をしている一コマです。

yoshimi

さらに数人の写真もパンフに合わせて載っていました。下を見てください。
こんな形で現地に貢献できるとは考えもしませんでした。

akina

サガイ市には小さなサイトがあります。
1年に1回程度、植樹に出かけます。

その沖合いに、白砂の美しい小さな島があります。
潮に流されて移動していきます。また、形も変えるんです。

保護地域になっているので、許可なく立ち入ることはできませんが、
特別許可をもらって、島に上陸し撮影した一コマです。

●ごみを利用したロゴ作成コンテスト 
2005.12.02.Fri / 16:12 

今回のツアーでは、クッキングコンテストのほかに
子供たち向けにロゴ作成コンテストを用意しました。

海岸のごみを拾ってきて、イカオ・アコのロゴを作成する
コンテストです。各学年の縦割りで5チームが挑戦してくれました。

以下がその完成作品です。
何番が優勝したか分かりますか? 
答えは一番下に

CIMG0641

CIMG0640

CIMG0639

CIMG0638

CIMG0637


もともとはこのようなゴミだったわけですから
子供たちの想像力に脱帽です。

CIMG0565


考えてみれば、大人はリサイクルや修理などに
非常に長けており、そのあたりの遺伝子は
うまく引き継がれているようです。
(答えは4番です)

●私がグローバルな人間になりたい理由(3) 
2005.12.02.Fri / 15:39 

 私が就職活動を始めてから、いろいろな会社の
 人事の方とお会いしてきました。

 学生の私にとってはすごく刺激的な出会いばかりで
 今でもあれほどいろんな人と出会えた時期はなかった
 と思っています。

 少し話しは変わりますが、このメルマガを毎週読んで
 頂いている方の中でこれから就職活動をするという方は
 いらっしゃいますか??

 就職活動は自分が企業を選ぶ活動で、その時ほどいろんな
 会社の中を見れる機会は後にも先にもこの時しかありません。

 だから、少しでも気になる企業があれば、初めから無理だとか
 決め付けずに挑戦してくださいね。挑戦なくして道は開けません
 から。

 いろいろな人とであった中で自分が尊敬できる人にはある共
 通点がありました。それは以下の三つだったです。

 1. 常に高い志と高いモチベーションを持っていること

 2. 人並み外れた行動力があること

 3. 人とは違う着眼点をもっていること

 この三つは言われてみれば納得できることなのですが、中途
 半端に全部揃っていても駄目なんです。どれかにズバ抜けて
 いなければ・・・。

 この時、私には誇れるものが何があるのか考えてみると何も
 なかったんです。ただ、自分の特徴は何だろうと考えたときに
 何にでも熱くなれる情熱があることに気付きました。

 グローバルな人間になるためにはまず、自分自身を知ることが
 必要だと知ったのも就職活動だったのです。

 自分を知り、長所を伸ばし、目標に向かって努力を惜しまない。
 そんな姿勢が世界に通用するのではないかとこの時から思っています。

| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /