ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2004年12月の記事一覧
≪12month
This 2004.12 Month All
01month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●フィリピン現地駐在員 兼 日本語TA募集 
2004.12.29.Wed / 16:41 
フィリピン ネグロス島でマングローブの植樹を進めているNGOの現地スタッフを募集します。フィリピン・西ネグロス州タリサイ市のイカオ・アコ事務所、フィリピン工業大学で勤務。植樹やスタディツアーの受け入れ、現地行政との打ち合わせなどにあたってもらいます。

フィリピン工業大学ビサヤ校で日本語クラスのティーチングアシスタントも担当してもらいます。派遣期間は2005年4月から1年程度。資格・条件はごく簡単な日常英会話ができること。日本語教師の資格があれば望ましい。今までの駐在者は資格を持っていませんでしたが、資格よりガッツだと思います。

仔細は要相談。希望者は代表の後藤順久まで連絡をください。

スポンサーサイト
●駐在員の一週間 
2004.12.29.Wed / 14:58 
Office現地(フィリピン・ネグロス島)には、2004年4月からチハルさんに駐在してもらっています。彼女で3代目の駐在員となります。彼女の典型的な一週間を再現してみました。フィリピン工業大学で日本語クラスのティーチング・アシスタントもやってもらっています。左の写真は現地事務所です。

月 7:00 起床
  8:00 Flag Ceremony (朝礼)
  9:45 日本語クラス
  12:00 昼食
  13:15 日本語クラス
  15:00 フリー (シライ市に行ったり、買い物に行くなど)
火 7:00 起床
  9:30 日本語クラス
  12:00 昼食
     フリー
  17:00 バレーボール In TUP
水 7:00 起床
     フリー (シライ市でミーティングなど)
  17:15 日本語クラス
  21:00 帰宅
木 7:00 起床
  8:00 日本語クラス
  9:45 休憩 
  10:00 日本語クラス
  12:00 昼食
  13:00 日本語クラス
  15:00 フリー
金 7:00 起床
  8:00 日本語クラス
  9:45 休憩
  10:00 日本語クラス
  12:00 昼食
     フリー
  17:00 バレーボール In TUP

●8月の26回ツアー参加者の感想から 
2004.12.28.Tue / 21:03 
Planting28月に行われた26回エコロジーツアー参加者の感想の一部を下に紹介します。

今回初めてフィリピンでの植樹ツアーに参加し、そして自分が植樹を体験することで、話を聞いていた以上のことを学んだような気がします。例えば、フィリピンの人柄、環境のすばらしさや人との協力の大切さなどです。

まず、私が一番驚いたことは、フィリピンの人柄です。植樹の後、植樹で使った泥で汚くなった靴下を洗ってくれたり、自分のことよりも相手のことをすごく思いやっていたりして、とても優しく、心が広くて、温かかったことです。

そして、みんなとてもフレンドリーで、最初は戸惑ったりしていたけど、慣れていくうちに、だんだん話せるようになってとても楽しかったです。一つ後悔することは、もっと自分から話せたらよかったなぁと思うことです。次回、フィリピンに行ったときはもっと積極的に話したいと思います。

前回植えたマングローブ林を見て、小さな苗が木に成長するのが見ることができて、私たちが植えたマングローブの苗がそのように育っていく様子を見てみたいです。今回私たちが植えたマングローブも根付く前には半分以上が台風などで流されると聞いたけれど、出来るだけ多くのマングローブの苗が木に育てばいいなぁと思います。

今回、フィリピンの人々に優しくしてもらった分、自分もフィリピンの人々のように優しく、心の広い人になりたいと思いました。今回経験したことは、忘れないで日本での生活に生かしていきたいと思います。

イカオ・アコのスタッフのみなさん、このツアーに参加したみなさん、本当にありがとうございました!!必ずまた参加したいと思います!!またみなさんに会えることを楽しみにしています!!

●次回のエコロジーツアー(2/22-3/2) 
2004.12.28.Tue / 20:45 
planting21世紀の熱帯林を考える植樹ツアーです。期間は2月22日(火)から3月2日(水)まで。行き先はフィリピン・ネグロス島です。現地の子供たちやボランティアとともにマングローブの植樹を行い、地球環境の現状を肌で感じることができます。マングローブ林と共生して養殖しているカニの収穫も行います。もちろん、試食できます。参加費は関西国際空港からの航空券と現地の食事などを含めて、10万5千円ですよ。こんなに安く行けるスタディツアーもあるんだよ。申し込み、問い合わせは、イカオ・アコ代表の後藤順久までお願いします。
●イカオ・アコの設立の話から 
2004.12.27.Mon / 23:04 
logo_small団体名のIKAW AKOは、フィリピン・ネグロス島の現地語で「あなたと私」という意味です(^_^.)
1995年に設立され、2005年は10年目に当たります。現地自治体・大学などと共にマングローブ林の再生に取り組んでいます。2005年までに10万本のマングローブを再生させる予定でしたが、台風などの被害で目標達成とはいきませんでした。「あなたと私」が植樹した苗は20万本以上ですから、環境の再生が以下に難しいか、よくわかります。
10年をひとつの区切りとして、このブログを作成していくことを決意しました。多くの人に読んでもらい、マングローブ林の現状がどうなっているのか、知ってほしいと思いました。
| BLOG TOP |
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。