ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
第64回ツアー の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
64回スタディーツアー ③ パガパットフェスティバル 
2011.10.06.Thu / 22:08 
いよいよ26日はパガパットフェスティバル。
この日のためにさまざまな準備をしてきました。
そしてその甲斐もあって、
たくさんの高校生・村人が集まってきてくれました。

今回のパガパットフェスティバルのテーマは、イロンゴ語で
"Kabuhi ko bulig sa tourismo"
英語に直すと、
"My life helps tourism"
日本語にするとなんていえばいいんでしょう・・・?
「一人ひとりの活動が、観光を発展させる」
という訳はどうでしょうか?いまいちですが・・・

ということで、バラリン村の観光を発展させることを目的とした、4つのコンテストを開きました。

一つ目は、「コミュニティー花壇コンテスト」
村の中の地区別に、花壇を作ってもらい、その美しさを競いました。
このコンテストのおかげで、村中に花が増え、観光客の目を楽しませるというのが目的です。
どの区もたくさんの花を植えて、きれいにしてくれました。

優勝は、BAMPAのメンバーがたくさんいる、中央区でした。

二つ目は、「手作りのお土産コンテスト」
一般参加で、お土産になるような手作りの小物を作ってもらいました。
12個同じものを提出するという、結構敷居の高いコンテストだったのですが、
13人の参加者があり、テーブルをにぎわしてくれました。

CIMG0449.jpg
お土産コンテストのエントリー作品

優勝は、シライ・インスティチュート高校の高校生が作った焼き物の作品でした。

三つ目は、「バラリン村ロゴコンテスト」
桜ヶ丘の高校生2人にも参加してもらい、21名の高校生が、
バラリン村にふさわしいロゴを創作しました。

CIMG0446.jpg
絵を描いているところ。制限時間は1時間。色は、最高5色まで使用可能。

IMG_0170.jpg
エントリー作品を審査中の代表。

優勝は、ドニャモンセラータ高校の高校生の作品でした。
タイ得点で惜しくも準優勝となったのは、バラリン村のダッジス高校の高校生の作品でした。

そして四つ目は、シーフードクッキングコンテストでした。
今回いつもと違うのは、村民レベルと、レストランレベルがあることです。
村の各区対抗と、バラリン村にあるレストラン街のレストラン対抗の2つのカテゴリーを設けました。
このことによって、レストランの宣伝効果も期待できます。

村民レベルでは、村役場で調理をしてもらいました。

IMG_0151.jpg  IMG_0127.jpg
レストランレベル

CIMG0453.jpg  IMG_0135.jpg
村民レベル

どの料理もおいしそう!!
彩りもよく、飾りつけまでしてありました。

私は忙しくて、どれも試食できなかったのですが、
料理のプロに審査していただき、
村民レベルの優勝者は中央区、レストランレベルの優勝者はエッジウォーターに決まりました。

作品はみんなのお昼ご飯に!!
一石二鳥のコンテストです。

ここで、市長さんが登場。

IMG_0177.jpg
マニラから来てくださった、JICAフィリピンの次長さんと市長さん、私でプロジェクトの進行を確認しました。

食後は、今回のメインイベントのひとつ、マングローブエコパーク内に設置した「展示館」の開館式。

IMG_0189.jpg
市長婦人、JICA次長、村長、代表、プロマネでテープカット!!

中には、マングローブ内に住む生き物の写真や実物、植樹活動の道具や写真を展示しています!
お土産コンテストの優秀作品の販売もしています。ぜひ見に来てくださいね。

そして、悪天候の中何とかマングローブの植林も終え、


IMG_0196.jpg
植樹後の集合写真

終わりの会に突入。
ここでは、コンテストの表彰式や、感謝状の贈呈を行いました。

IMG_0198.jpg
参加賞を受賞したドニャモンセラータ高校の高校生たち

IMG_0202.jpg
審査員の感謝状を受け取るJICAフィリピンのエロイサさん

そして最後に、桜ヶ丘高校の高校生たちがダンスを披露。

IMG_0206.jpg
宴はたけなわに・・・

パガパットフェスティバルを閉じた後、最後のディナー、そしてお別れ会へ。

IMG_0234.jpg
1週間を振り返り、日本語とイロンゴ語でスピーチをする私。

そして、参加者の桜ヶ丘とドニャモンセラータの高校生のペアごとに一人ずつ英語でスピーチをしてもらいました。

IMG_0239.jpg
準備したスピーチを読む参加者の高校生とそのフィリピン人のペア

最後に、参加証明書を一人ひとりに配りました。

IMG_0253.jpg
証明書を受け取り、スタッフにハグをする高校生。

これで(このブログを書き終わって)私の3回目のパガパットフェスティバルが無事に終了しました。
(去年はデング熱で倒れていたため、パガパットフェスティバルに参加できませんでした・・・)
去年の夏は、ボホールのプロジェクトの安定化に一生懸命だったということもあり、
久しぶりのパガパットフェスティバル。
1年休んだだけあって、また新鮮な気持ちで新しいアイデアと、これまでの経験を生かした、お祭りにできたと思います。

また、4年目の余裕か、スタッフの充実のおかげか、準備不足の中、現地のスタッフとともにあたふたせずスムーズにツアーを進行することができました。
協力してくださった皆さん、ありがとうございました。
ブログの更新が遅くなってすみません・・・

また来年も、現地の子供たちとともに桜ヶ丘の皆さんをお迎えするのを楽しみにしています。
そして、もっとたくさんのお客さんを迎えられますように!!

これからもみんなで植樹活動、交流活動を続けていけるように、現地での地道な活動を維持していきますね。

(マ)
スポンサーサイト
* テーマ:海外ボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア *
64回スタディーツアー ② 
2011.10.04.Tue / 18:18 
3日目の23日は、パタッグ村に行きました。

まず、パタッグの高校生と出会い、パートナーを決めました。

IMG_0402.jpg

そして早速植樹地へ。坂道を登っていきました。初めての山道に戸惑う生徒さんもいました。
地元の高校生の誘導で、植樹を行いました。

IMG_0419.jpg  IMG_0409.jpg
ペアになった高校生と一緒に植樹。

植樹の後、植樹地の土地の所有者が経営するマウンテンリゾートへ。
行く途中に大雨に見舞われ、足止めというハプニングもありましたが、
無事リゾートに着き、お昼ご飯を食べることができました。

IMG_0432.jpg
地元の高校生とともにランチ。

お昼ごはんの後、晴れ間を見計らって、滝へ。
あいにくの天気のため、断念するか迷ったのですが、行ってよかった。
高校生たちも、ハイキングと迫力のある滝に感動していた様子。

滝
滝で水遊びをする高校生たち

ハイキングから戻り、次は日本神社へ。

CIMG0300.jpg  IMG_0472.jpg

日本神社を見学した後は、ホスピタルで交流会をしました。

現地の高校生や植樹グループが歌を歌ってくれました。
桜ヶ丘の高校生も負けずに、校歌を斉唱してくれました。

IMG_0480.jpg
植樹グループが自己紹介をしているところ

最後に、日本から送っていただいたジャケット等の古着をパタッグ村の住民団体に寄付しました。

IMG_0494.jpg
古着を渡しているところ

日本からの贈り物に、大変喜んでいました。
送ってくださった皆さん、ありがとうございます。

ということで、この日はシライ市の避暑地、パタッグ村で植樹と交流を楽しみました。

24日は、サガイの海に行く予定でしたが、悪天候のため船が出せず、ブエノスアイレスマウンテンリゾートというバゴ市に新しくできた施設に行きました。お昼にはバーベキューなどを食べ、ゆっくりしました。

25日は、別のNGO、OISCAさんの50周年記念イベントに参加しました。
私たちは、フードフェスティバルでたこ焼きを焼いて、フィリピンの人たちに味わってもらいました。
夜は、ディナーパーティーに参加させてもらいました。

そして、26日はいよいよパガパットフェスティバル。
今年も盛り上がりましたね。。。

つづく。。。

(マ)
* テーマ:海外ボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア *
64回スタディーツアー ① 
2011.10.02.Sun / 23:10 
2011年8月21日~27日まで、第64回イカオ・アコスタディーツアーを開催しました。
今回の参加者は、桜ヶ丘高校の1年生12名と先生でした。
また、インターンのトモトモも応援に駆けつけてくれました。

今年のツアーは、去年と似たコースで、シライ市内を中心に回りました。
あいにくのお天気で、海水浴が中止になってしまったのが残念でしたが、
植樹のほうは、何とかお天気がもってくれて、予定の本数を植えることができました。

これから、ツアーの様子を3回にわたって紹介していきます。

***

21日、マニラからの便が遅れ、予定より4時間遅れの到着、みんな疲れた様子でした。
シライ市内に新しくできたMARHABAというレストランで、夕ご飯&ツアーの説明会を行いました。

IMG_0246.jpg

22日は、さっそく朝からマングローブの植樹。
初めての海での植林に生徒さんたちは戸惑い気味でしたが、現地の小学生や住民グループに助けられ、植樹を楽しみました。

IMG_0270.jpg  IMG_0285.jpg
現地の子供たちとともに植樹

IMG_0297.jpg
集合写真

植樹の後は、小学校で交流会。
小学生たちも、お客さんを心待ちにしていた様子。
各学年ごとに練習したダンスを披露してくれました。
桜ヶ丘の高校生も負けてはいません、ええじゃないか踊りを見事に踊ってくれました。

IMG_0305.jpg
地元のローカルニュース番組のインタビューを受けました。

IMG_0320.jpg
高校生たちのダンス。この踊りもテレビに映りました!

IMG_0376.jpg
交流会の最後に、子供たちに日本から送ってもらった洋服をプレゼント。これまでに送ってもらったやつをまとめて小学生に一人1枚ずつ渡るように渡しました。送ってくださった皆さん、ありがとうございます。

IMG_0395.jpg
お昼ごはんは、バラリン村のシーフードレストランで。

午後は、シライ市内のドニャモンセラータ高校で、地元の高校生たちと文化交流会をした後、ペアになった高校生と一緒に市内観光をしました。

CIMG0231.jpg
訪問者の紹介で、まずツアーに参加してくれた高校生の紹介。

CIMG0232.jpg
ドニャモンセラータの高校生が歌やダンスを披露してくれました。

CIMG0238.jpg
集合写真

CIMG0245.jpg
最後に、ええじゃないか踊りをみんなで踊りました。

CIMG0247.jpg
そして、モンセラータ高校が用意してくれた地元の名物のお菓子をいただきました。

高校での交流会の後は、市内観光。
市内の名所3箇所を、地元の高校生の案内で周りました。
移動には、バイクタクシーのトライシクルを使いました。

IMG_0093.jpg
ペアの子とトライシクルに乗って移動

CIMG0257.jpg
一箇所目は、リサイクルグッズを作っているタレレスデナザレートへ。工場を見学しました。

二箇所目は、バライネグレンセ。残念ながら閉館日で中は見れませんでした。

CIMG0272.jpg
三箇所目はシライの教会。カトリック教徒が多いので、教会はフィリピン人のよりどころです。

ということで、2日目は充実した1日でした。

つづく。

(マ)
* テーマ:海外ボランティア - ジャンル:福祉・ボランティア *
【参加者感想文】フィリピン植樹にて 
2011.10.01.Sat / 19:00 
 
 ツアー初日。飛行機での移動だけでした。しかし、マニラからシライ行きの飛行機が天候の関係で4時間も遅れました。みんなテンションがダウンでしたが、現地の人たちが温かく迎え入れてくれて、みんなの顔に笑顔が戻りました。

 2日目。午前中に小学生の子どもたちとマングローブの植林をし、その後お互いに踊りを見せ合ったりしました。午後は高校生と踊りを見せ合い、市内観光をしました。パートナーの名前はEric。彼はクールな子でした。

 3日目。パダック村に行き、そこの高校生と果物の木を植林し、滝を見に行きました。その後、日本神社と呼ばれる場所も見に行きました。

 4日目。海に行けると思いきや、雨の影響で山のリゾートに行くことになりました。その後、たこ焼きを売る会場の下見に行き、ショッピングモールにも行きました。

 5日目。たこ焼き会場に行き、たこ焼きを最後に安値で売り捌いた後、昨日とは違うショッピングモールに参る。ここでお土産を入手。その後正装に着替えお食事会。僕達だけかと思いきや、結構たくさんの人達が来ていました。

 6日目。2日目に会った高校生たちと会う。1日中ずっと一緒にいました。余談ですが、僕のパートナーのEricはダンスが超上手いです。この6日目はかなり濃い1日でした。

 7日目。帰った。
 このフィリピンマングローブ植樹ツアーで本当にたくさんのことを学びました。そして、このツアーは良い経験になりました。この思い出はずっと僕の心の中に残ると思います。ありがとう、フィリピンマングローブ植樹ツアー。そして、フィリピンマングローブ植樹ツアーよ、永遠に!   (YO記)

 
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
【参加者感想文】フィリピンでの一週間を通して 
2011.09.01.Thu / 09:03 
 
キャンプが好き。その延長で申し込んだフィリピン・マングローブ植樹でした。

――何もないところで暮らせたのだから、低い生活水準になれるのだって簡単だ。そんな余裕は黄色のシャワーやうまく流れないトイレに初日で裏切られました。

それでも私がフィリピンを嫌いになることはありませんでした。何故ならフィリピンの人たちがみんな優しく、フレンドリーだったからです。ペアになってくれた現地の高校生の子は、英語の苦手な私にも積極的に話しかけてくれ、うまく理解できなかった私が曖昧に微笑むと、簡単な文で言い換えてくれました。滑りやすい道で転んだ時、全く面識のない人まで私を心配してくれました。そんなとき、初めてもっと英語が話せればと思いました。もっとお互いのことを話したかったし、心配してくれたことに感謝を伝えたかったからです。

展示館の館内


そしてメインイベントのマングローブ植樹。大変な作業という訳ではありませんでした。けれど、私たちが植えた苗がすべて育つわけではなく、これから現地のスタッフさんの手助けを受けても立派に育つのはどれだけ少ないのだろうと思うと自然、苗をしっかりと植えるようになっていました。

フィリピンに滞在した一週間は一日一日が濃厚で、そしてあっという間に過ぎ去ってしまいました。また情報量が多く、今では『楽しかった』という思いだけが強く胸に残っています。けれど、もう一度ゆっくりとあの七日間を振り返り、学んだことを一つずつ取り出して噛みしめ、自分自身の肥やしとし、楽しい思い出だけで終わらせないことを出会った人々への恩返しとしたいです。
(KS記)

 
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。