ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
第58回ツアー の記事一覧
第58回スタディツアー⑤ 
2010.09.27.Mon / 13:39 
■8月24日
ツアー6日目。午前中はイカオアコの事務所に訪問。
昨日、訪問したタレレスの女性たちが作った商品をお土産に買ってもらいました!

午後はジプニーに乗って、シライ市からバコロドにあるSMまで行きました。
結構、ぎゅうぎゅうですね・・・。
DSCF5199.jpg

さて、夕方まで自由時間です。
SMを楽しんでもらえたでしょうか。

この後、私は体調を崩してしまい、先に帰らせてもらいましたが、
次の日、病院へ行ったらデング熱の恐れがあると言われ、
そのまま入院です・・・。結局、デング熱でした。


さて、夕食に市長を招待し、ロンダリア(子どもの交響楽団)や、
テネクリンダンス(バンブーダンス)などをみんなで踊りました。

そして、シパライ市から来てくれたリッキーが「IKAW-AKO」ソングを披露してくれました!この歌については後ほどブログで紹介しますね!

IMG_3870-1.jpg
テネクリンダンス(バンブーダンス)

イカオアコのツアーと言えば、最後に英語でのスピーチがあるんです!
みんな夜遅くまで英語で感想文を考えていました。

IMG_3886-1.jpg

どんなスピーチだったのでしょうか。緊張しているのが伝わってきますね!

■8月25日
早朝の飛行機で桜ヶ丘高校生たちは帰国しました。
最後に会えなかったのが残念です!

IMG_3893-1.jpg
シライ市の職員、イカオアコスタッフ、ドライバーも一緒に集合写真!


終わり。

サッチー
スポンサーサイト
第58回スタディツアー④ 
2010.09.23.Thu / 17:56 
■8月23日

ツアー5日目。朝からシライ市の朝礼に参加させてもらいました!
IMG_3808_20100921012301.jpg

シライ市長と握手。

IMG_3816_20100921012302.jpg
ここでも日本で練習をしてきたダンスを披露!
職員のみなさんも一緒にダンスのまねようとしていました。

その後、イカオアコで販売しているリサイクルグッツを作っている「Talleres de Nazaret 」へ。
ジュースパックからバックやペンケースなどができるまでの工程を教えてもらいました。

シライ市では一番おいしいと言われているピヤヤ工場に訪問。
工場といっても家庭で作っている小さな工場です。
バコロドから買いに来るほど有名な工場のようです。

IMG_3820.jpg

すべて手作りなので、おいしさ倍増です!
室内はおいしい匂いが充満してます。

みんな疲れているように見えたら、あまり寝ていない人もいたので、
早めにホテルへ戻り、休憩タイム・・・

午後はシライ市のドニャモセラータ高校に訪問して高校生と交流です。
この学校は5000人ぐらい生徒がいるマンモス校です。
専攻のコースもいくつか分かれています。
DSCF5145.jpg

歌やダンスを披露してもらいました!

その後、「将来の夢」「一番大切なもの」についてお互いの意見を交換しました。
英語でうまく伝えらえない場合は絵を描いてもらいました!
ドニャモセラータ高校生の中には看護師になりたい人など、すでに夢を持っている人が多かったです。

IMG_3845.jpg

意見交換後は、おやつの時間。
フィリピンの伝統的なお菓子をご馳走になりました。
すべてが甘いです!


楽しい交流が終わった後、昨日パガパットフェスティバルがあったバラリン村へ
今度はトライシクルで移動です!

IMG_3850.jpg

トライシカットと同じように狭いですが、今度は4人乗りなのでみんなで盛り上がれたかな?

IMG_3801_20100921012302.jpg

今回のバラリン村では3000本の苗木を植林しました!(2日間)
やっぱりみんなで植えるとあっという間に終わってしまいますね!

夕方、せっかく仲良くなれたバラリン村の子どもたちと別れを惜しみながら
ホテルに帰りました。

そして、世界一おいしいと言われているチキンデリーで夕食!
味はどうでしたか?

明日は、いよいよネグロス最終日です!

続く。

サッチー
第58回スタディツアー③ 
2010.09.22.Wed / 18:00 
■8月22日
ツアー4日目。今日はバラリン村で行われるパガパットフェスティバルの日です!
午前中はBAMPAメンバーのお宅訪問をしました。
訪問した家によってはガスがなかったり、子どもがたくさんいたり、様々な家庭環境を知ることができました。

午後はパガパットフェスティバルに参加!
DSCF5061.jpg

このTシャツのデザインはマングローブの一種「パガパット」をイメージしてデザインされたものです。


最初は挨拶から始まり、パローゲームというフィリピンでよく行われているゲームをしました。
ゲームは5種類。5グループ10人に分かれて、各グループで競います。

DSCF5070.jpg

腰にひもをつけてナスをぶら下げ、マッチ棒を動かします。
結構、これは難しいです。みんな必死にゴールを目指しますが、
見ている方は大爆笑です!

DSCF5063.jpg

カラマンシーというフルーツを落とさないようにスプーンで渡しているところです。
手を使ってはいけません。

最後に一番盛り上がったパローゲームはこれです!!
IMG_3781.jpg

買い物ゲームの1コマ。みんなから「キャーキャー」と黄色い声援がありました!
おしゃれに歩かないといけないルールなんです・・・。

IMG_3791_20100921003232.jpg

もう、恥ずかしいなんて言ってられない。


各ゲームで優勝したチームにはパガパットフェスティバルのオリジナルTシャツをプレゼント!
DSCF5076.jpg

ゲームで楽しんだ後にはマングローブの植林です!
みんなで植林をしたらあっという間に終わってしまいました。
DSCF5187.jpg


さて、日が暮れて、桜ヶ丘高校生のダンス披露タイム!
DSCF5107.jpg

この日のために、夜も練習してきたんです!


そして男子生徒たちは音楽に合わせてケンダマを披露!
その後、子どもたちに囲まれて人気者に・・・

DSCF5103.jpg

ぼくにも次に貸してよ~


この他のプログラムとしては、40歳以上が対象のチャチャコンテストや、
クリーン&グリーンコンテストの表彰がありました。
「クリーン&グリーンコンテスト」とは、バラリン村でどこのプロック(地域)が綺麗かを
評価します。審査基準としては、ごみはないか、見た目はきれいかどうかなどです。

最近では、バラリン村だけでなく、シライ市としても「クリーン&グリーンコンテスト」を
始めたようです。この動きがどんどん広がるといいですね!


最後に・・・
IMG_3754.jpg

バラリン村の近くにあるレストランで、彼女たちが高校野球で踊るダンスを披露してくれました。
「恥ずかしい・・・」とは言っていましたが、見ごたえのあるダンスでした!

こうして熱い一日は終わりました。

続く。

サッチー
第58回スタディツアー① 
2010.09.20.Mon / 23:22 
8月19日~25日まで桜ヶ丘高校生のツアーがありました。
今回の参加者は先生も含めて16名。少しずつツアーの内容を紹介しますね!

■8月19日
桜ヶ丘高校生たちがシライの空港に到着!
IMG_3683.jpg

「Welcome to Silay !」
シライ市役所環境課の職員も空港まで来てみんなで出迎えました。日本語で「ようこそ!」と言ってもらおうと直前に練習をしたのですが、本番ではみんな興奮して誰も言ってくれませんでした・・・泣

気分を取り直して、ちょっと雰囲気のいいレストランで食事。

簡単な自己紹介となんでこのツアーに参加したのかをそれぞれに話してもらいました。

■8月20日
シライ市からバスで1時間ぐらい山に登ったところにあるパタグ村に行きました!
そこで、パタグ村のドニャモセラータ高校生と一緒に植樹しました!
DSCF4894.jpg

その後はみんなでバスケットボールやバレーボール、ドッチボールなどで交流。
日本とフィリピンのドッチボールのルールはちょっと違うようです。

DSCF4905.jpg

それっ!!

DSCF4909.jpg

桜ヶ丘高校生たちはパタグの人たちに、日本で練習をしてきたダンスを披露!
初めは聞きなれない音楽のリズムに戸惑いながらも、最後はみんなでダンス。

DSCF4935_20100920221452.jpg

レオも高校生のダンスについていこうと必死です!

DSCF4910.jpg

これは披露する前の練習風景。すでに先生はノリノリです!


最後に、一緒に植樹をしたパタグ村のドニャモセラータ高校の先生に
「AMD Japan」様よりいただいたボールペンを寄贈しました。
DSCF4945.jpg


夕飯の時間・・・鶏の解体に挑戦!

DSCF4947.jpg

うわぉ!血、血が・・・

ほとんどの生徒のみなさんは嫌がっていましたが、
こうして私たちはおいしい食事をいただいているんですね。。。。

ちなみに私も初体験しました!やっぱり血をみるのは怖いですね。

続く。

サッチー
フィリピンの文化(58S.K) 
2010.09.06.Mon / 12:47 
916-2.jpg 916-1.jpg
 
私は初めて行ったフィリピンの文化に凄く戸惑いました。

何故ならトイレが日本の物とは全然違ってキレイじゃないから毎日トイレを我慢したり、その日食べる鶏を自分達で解剖して食べたり…。日本とは食生活でも衛生面でも全く逆の生活でした。

それと貧富の差にとても驚きました。自分の家にはガスも電気も通ってて普通に食事を作っているのに隣の家ではガスが通ってないから木で火をおこしていたり…。日本では考えられない事だなと思いました。

子供達にもその貧富の差がすさまじく現れていたことも、とてもショックでした。SMの中ではブランドの服を着た子供もいるのに、SMの横の公園には靴も履けないストリートチルドレンが6人ぐらいいました。何の罪もない子供が何故ストリートチルドレンなんかにならないといけなかったのか。考えると胸が張り裂けそうでした。

でもそんな土地でもフィリピンの人々はいつでもフレンドリーで人柄がすごいよかったです。目が合えば顔も知らない私達に顔で接してくれました。

街で車ですれ違うと『フィリピンへようこそ』と大声で歓迎してくれる人もいました。お金では買えないフィリピンの人達の暖かさが大好きになりました。日本人にはない心の豊さをフィリピン人はもっていると思いました。

 
* テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース *
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /