ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
ツアー関係 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校生スタディーツアー 
2015.08.27.Thu / 13:34 
皆さんこんにちは!いかがお過ごしでしょうか。 
東京はそろそろ真夏日を抜けて、涼しさが感じられるようになってきた、と聞きました。
ネグロス島もここ数日は台風も無く、夜も静かです。 

英語研修センターでは、毎週新しい生徒さんがいらしています。みんなにとって刺激的な夏休みとなっているようです! 

さて、イカオ・アコでは、研修センターの事業の他に、高校生のスタディーツアーを受け入れています。
今年は3校の受け入れを予定していますが、8月2日から6日の5日間、ネグロス島に岡山一宮高校の皆様が来てくれました!

今年で第6回目となった岡山一宮高校「サイエンス・スタディーツアー」。今回は10名の生徒さんと2名の先生にご参加いただきました。 
このツアー期間中、生徒さんには地元の高校生とペアを組んで行動してもらいました。 
はじめは恥ずかしくてなかなか話せないかしら?と心配していましたが、びっくりするほどの社交性と元気さで、全てのペアがすぐに打ち解けていました。 英語でのコミュニケーションでしたが、わからない単語は調べたり絵に書くなどして、みんな一生懸命にお互いを理解しようと努力していました。 

皆さんの主なスケジュールは、

1日目 バラリン村・エコパークでの植林・シライ市内の高校訪問
2日目 兼重ファーム訪問
3日目 パタグ村で植樹

という中三日のハードなものでしたが、皆さんそれぞれの場所でいろんなことを感じ取り、学んでいる様子でした。
「日本とフィリピンの高校ってこんなにも違うんだ!」
「フィリピンの人がいつも元気いっぱいでびっくりした!」
                                       そんな声がたくさん聞こえました。 

学校交流では、一宮高校の皆さんに日本文化に関するプレゼンテーションをしていただきました。
フィリピンの生徒さんも興味津々。もともとフィリピンではアニメ好きが多いですが、アニメだけでなく、他の日本の魅力を知ってもらえたかと思います。

兼重ファームでは、バイオ・ミネラル・ウォーターの仕組みを学び、そのシステムを見学させてもらいました。
ブタの廃棄物を、環境に影響を与えないプロセスで飲み水に変えるシステムです。
ブタの廃棄物から・・と聞くと少しびっくりですが、科学を発達させることで、持続可能な社会をつくれるということを間近で実感することができました。


最後のお見送りでは、皆さんペアの高校生たちとの別れを惜しみ、涙・・・一生の思い出ですね。 
元気いっぱいなだけでなく、学びに対する好奇心が旺盛な生徒さんで、スタッフも感心を受けました。
今回のツアーでの刺激や経験を糧に、サスティナブルな未来を担う素敵な人材になってほしいと願います。 

また来年のご参加を、是非是非お待ちしています。 

バラリンでの一枚。
IMG_5446_20150827125323df6.jpg

西ネグロス州庁での一枚。
IMG_5755.jpg


―――――速報!!―――――――――――――――
イカオ・アコのスタッフである倉田が、朝日放送『世界の村で発見!こんなところに日本人』
に出演することになりました。
日時は9月4日(金)午後9:00~ です。
シライ市内はもちろん、イカオ・アコが植林プロジェクトを行っているパタッグ村も放映されます。
皆様、是非ご覧ください。





スポンサーサイト
岡山一宮高校の生徒さんからの感想文 
2014.10.01.Wed / 19:03 
8月初旬にスタディーツアーでお越し頂いた、岡山一宮高校の生徒さんから感想文が届きました!

「今回のスタディーツアーは持続可能な社会を築いていくために必要なことは何か、また、実際に活用できる技術などを多くの研修を通じて学ぶことができてすごくよい経験になりました。この経験は私の夢の実現に向けて大きな糧になったと思います。私は、これから多くの言語と世界の問題の現状について学び、将来、持続可能な社会を築いていくために国同士が意見交換できるような場を設けていける、言うなれば、世界の架け橋になりたいと思いました。」

P9200733 (640x480) (2)

 「僕のバディになってくれたヴィンセン君は、英語が堪能で、僕にいつも積極的に話しかけてくれました。マングローブは、水質浄化や、生き物のすみか、津波や高波から守る防護壁などたくさんの役割をしていることを彼が教えてくれました。2人で協力しながら、約50本植えることができました。成長し、フィリピンの環境保護に少しでも役立つことを願います。」
 
このツアーはフィリピンの高校生と1対1でペアーになり、3日間を共に過ごします。
感想文をくれたお二人にとって、文化も習慣も違う異国の友達から学ぶことは多かったみたいですね。
第72回スタディーツアー(桜丘高校) 
2014.08.28.Thu / 21:15 
8月19日~25日まで桜丘高校の皆さんがお越しくださいました!

19日の夕方バコロドーシライ空港に到着、20日からツアー開始!!
午前中は主にシライ市内観光。
シライ市長からも歓迎を受けました。

P8200011 (640x480)
P8200014 (640x480)
P8200041 (640x480)

その後お隣のビクトリアス市に移動。
ドンボスコ高校の生徒達とマングローブ植林を楽しみました。

P8200096 (640x480)
P8200127 (640x480)

ツアー2日目。
パタッグ村で植林をするはずが、早朝からの大雨で断念。
午前中は村の子供たちとのミニ運動会を楽しみました。
写真は福笑いとリレーの様子。
村の方々から美味しい昼食を提供して頂き、お腹いっぱい。

P8210163 (640x480)
P8210202 (640x480)

午後は第二次世界大戦で亡くなった方々を祭っている日本神社を訪れました。
後藤代表から当時の貴重なお話しを聞くことができました。
日本人として絶対に忘れてはいけない歴史です。

P8210264 (640x480)

ツアー3日目。
午前中はダジス小学校の生徒と翌日のためのダンス練習。

P8220314 (640x480)

お昼ご飯をフィリピンで人気NO.1のJolibeeで済ました後、ロビンソンというショッピングモールでお買い物。
特に女の子には楽しい時間だったみたいです。
ネグロスフォレスト→州都→バコロド市役所を散策しました。

P8220358 (640x480)
P8220377 (640x480)

ツアー4日目。
いよいよバラリン村でのパガパット祭りの日です!
シライ市内から7校が参加して、学校ごとのチーム対抗戦です。
パン食い競争、大縄、風船割りリレーとものすごい盛り上がり!!

P8230451 (640x480)

午後からは各学校ごとにダンスと歌の披露。
桜丘高校&ダジス小学校のソーラン節もかっこよくキマりました!!!

P8230487 (640x480)

練習の甲斐がありましたね!
それから皆でマングローブ植林。
2000本を300人で植えました。

P8230494 (640x480)
P8230501 (640x480)

ツアー5日目。
雲1つない快晴、カービンリーフへ出発!

P8240029 (640x480)
P8240054 (640x480)

夜にはカフェみどりでクロージングセレモニーが行われました。

P8240129 (640x480)

最後まで元気いっぱいの皆さんでした!
また遊びに来て下さいね!!

☆おまけ☆

大人気だったI LOVE SILAYTシャツ!

P8250155 (640x480)

カフェみどりでもたくさんお土産を買って頂きありがとうございました!
また古着と洗濯代もたくさん頂戴しました!
これからのイカオアコの活動に役立てたいと思います。
本当にありがとうございました!



岡山一宮高校 スタディーツアー 
2014.08.11.Mon / 14:53 
ネグロス島駐在員 前川です。

8月3日(日)~8月7日(木)まで岡山一宮高校の皆さんがスタディーツアーにお越し下さいました。

このツアーは、岡山の生徒と地元シライ高校の生徒がバディになって行動を共にします。
初日はシライ高校の生徒と市役所で待ち合わせをした後、マングローブのバラリンエコパークでマングローブ植樹。
IMG_9850 (640x480)

その後リサイクルバック工場見学、シライ高校訪問。
IMG_9908 (640x473)
IMG_9910 (640x480)

物理の授業を一緒に受け、日本の授業スタイルとの違いを色々実感した様子でした。
それにしても、超が付くほどの大歓迎!写真のフラッシュが止まりません!
桃太郎の歌の披露、とてもよかったですよ!!

2日目はカネシゲファーム訪問。
豚のし尿からバイオガスを発生させることで出来たBMWというバイオミネラルウォーターを試飲したり
豚小屋の見学、ランブータン(ライチに似た果物)の採集、ワークショップ&ゲームなどなど
盛り沢山!
IMG_9979 (640x480)
IMG_0027 (640x480)
有機野菜を使ったランチもとても美味しかったです!
その後The Ruins見学。昔の大地主の豪邸です。
IMG_0078 (640x480)

3日目はカービンリーフへ。
快晴の空の元、とても楽しまれていました。
IMG_0108 (640x480)
IMG_0160 (640x480)


夜に行われたお別れ会ではお互いの感謝の気持ちを英語で伝え合い、涙を流す生徒さんもいました。
その純粋な心に、見ているこちらも泣きそうでした。。。
いつかまた大人になった時に再会出来たら、とても素敵ですね。
どうかいつまでもフィリピンで出来た友達のことを忘れずにね!
岡山一宮高校の皆さん、感動をありがとうございました!!!

Tさんの感想 4月5日 
2014.04.11.Fri / 12:02 

 4月5~6日に一人でネグロスを訪れてくださったTさんから、21回目のツアー参加の感想を頂きました。

***

4月5日

 日本航空でマニラに到着し、シャトルバスでターミナル3に移動するまでは、ほぼ順調でした。マニラでのセブパシフィック航空の搭乗手続きは、機械でチェックイン後、カウンターで荷物を預ける方式でした。ただでさえ機械操作が苦手なのに、日本語表示がなく困ったなあと思いましたが、何とか自力でできて自信がつきました。次の荷物預けは、行列になっていて、待つことが明らかでしたが、予想以上でした。なかなか列が進まなかったのに、ようやく自分の順番になったら、すんなり終わってしまい、自分の前に並んでいた人たちは、なぜあんなに時間がかかったのか不思議でした。荷物預けの列に並んでから、手続きが終わるまで50分以上でした。

 保安検査を通過し、搭乗ゲート近くで待っていると40分遅れとの放送がありました。フィリピンでは、この程度の遅延は、普通だろうと思いましたが、その後更に変更になり結局1時間50分遅れで出発しました。遅れ情報の放送は、バコロドの地名と出発時刻を聞き取るのがやっとで便名や遅れの理由は、全く理解できませんでした。遅れならまだ良いですが、言葉のわからない場所でもし欠航したら大変だと思いました。朝6時50分に成田のホテルを出発しフィリピン時間の夜8時30分頃ようやく倉田さんに会えました。

4月6日

 朝から快晴の植林日和でバラリンに向かう車中では、田舎の風景を見ながら今回の旅行の成功を確信しました。現地植林団体の方達、小さな子供達、研修センターの生徒さん、倉田さんの友人達と一緒に楽しく作業しました。

DSCN8838.jpg


 以前に植えた苗木が、立派に育っている様子を見ることができて、嬉しくなりました。この景色を過去の植林参加者にぜひ見て欲しいです。

DSCN8856.jpg


 昼食後、マングローブ林の竹の橋をのんびり散歩しました。暖かい緩やかな風が、とても気持ち良く、そよ風で揺れる大きく育った木を眺め、鳥の声を聞きながらもっと長く留まっていたいと思いました。

DSCN8867.jpg


 その後、倉田さんの家でパソコンのスカイプの使い方を教わりました。パソコンがど素人の自分には、驚くことが、沢山ありました。自分のパソコンにカメラとマイクが付いていたなんて全く知りませんでした。スカイプの設定をしてもらい、更にフェイスブックの友人が少ないとのことで申請の代行までしてもらいました。

 シライ滞在は、約23時間でしたが、充実した時間を過ごし大満足です。行って良かったです。

***

 田村さんは、来週からトレーニングセンターのSkypeレッスンにチャレンジしてくださるそうです。フィリピンにはこれないけど、オンラインでフィリピン人の先生から英語を学びたいという方は、ぜひイカオ・アコに問い合わせてみてください。

(マ)
* テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報 *
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。