ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
かにの養殖 の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カニの養殖を始めました 
2008.08.03.Sun / 12:06 
7月21日、稚ガニを購入しカニの養殖を始めました。
2002年に始まったこの事業、今回で5回目か6回目の放流となります。
今回は、イロイロにあるSEAFDECという研究機関に直接出向いて稚ガニを購入しました。
いつもよりも大きさの小さいものしか手に入りませんでしたが、価格はその分お手頃でした。
716匹の稚ガニを購入し、おまけで約200匹の規定より小さいサイズのカニをもらいました。
シライに着いたのはもう夜でした。
BAMPAのメンバーが待っていてくれたのですが、あまり小さいので養殖池に入れたらシオマネキ(小さいカニ)に食べられてしまうのではと心配していました。そこで、次の日の朝に蚊帳で小さい養殖池を作ることになりました。

私は出張で見られなかったのですが、レオの監督で3つの小さい養殖池が出来ました。十分大きくなるまでこの中で育てる予定です。

P7210192.jpg
これが稚ガニです

P7210193.jpg
SEAFDECの先生が稚ガニを数えています

P7210203.jpg
先生とスタッフの方々

P7210204.jpg
段ボール箱にカニが入っています

P7210206.jpg
SEAFDECです。私は2回目でした。

P7210209.jpg
Manong Pipingの家について、桶に移しかえているところ。

P7240322.jpg
蚊帳で即席の養殖池を作りました

P7240323.jpg
元気かな?

P7260328.jpg
餌の時間ですよ
(マ)
スポンサーサイト
バラリン村のカニ 
2008.04.09.Wed / 12:38 
イカオ・アコは、マングローブの植林と同時に、マングローブ人を破壊しなくてもできるカニの養殖事業を始めました。マングローブ林の林床を網で囲って泥を盛り、稚ガニを放流します。少し餌をあげるようですが、カニはマングローブ林の底にたまる有機物を餌にしているので、あまりたくさんいりません。

Madcrabsite.jpg

イカオアコのプロジェクトで作られたカニ養殖池

カニが育ったら、順次収穫。BAMPAのリーダー、タイソンさんはカニ取りの名人だそうです。私たちが行ったときは、タイソンさんと村の子供たちがお昼ご飯のためにカニを取ってくれました。満ち潮のためカニ穴が見えませんでしたが、網を沈めてじっと待ち乗ったカニを引き上げるという方法で10匹くらい取ってくれました。

Catching.jpg

カニ網を沈めるタイソンさんと子供たち

Children.jpg

カニを捕まえてくれた子供たち

お味は???
もちろん美味。ふっくらとした爪の部分が最高。ミソもいけます。蒸してバターとガーリックを乗せた調理法でしたが、香草と一緒に蒸すのもおいしいと思います。

CookedMadcrab.jpg

バター蒸しになったカニ

イカオ・アコがプロジェクトを始めてから、シーフードレストランがどんどん増えているらしいです。マングローブのおかげでたくさん取れるようになったからかな?採り過ぎには注意しなければなりませんが、マングローブの恵みである、おいしいシーフード料理をみんなに食べてもらえたらいいですね。

Leo.jpg

食べ終えて大満足のLeo
カニ調査で日本海へ 
2008.02.04.Mon / 21:43 
イカオ・アコは、マングローブの植樹だけじゃなく、それを活かしたかに養殖事業をやっています。

カニの研究のため、日本海にやってきました。
この季節、ズワイガニでしょう。

かに


早速、試食です。このズワイ、輪島で水揚げされたんですね。写真のようにラベルがついてます。

ラベル


あっさりしています。カニ酢が合います。

一方、フィリピンのカニは味が濃いです。カニ酢が負けてしまいます。
何もつけなくても食べられるのが特徴ですかね。

今回の調査では、おまけにいろんな魚介類を試食しました。この写真は、甘エビより、おいしいガゼエビ、寒ぶり、イカの刺身です。写真は小さいけれど、大皿です(笑)

ガゼエビ


お酒も会話も進みます。
* テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ *
日本海にやってきました! 
2007.02.05.Mon / 13:51 
 
日本海まではるばる来てしまいました。今、金沢にいます。

日本海でマングローブの植樹じゃないです。
カニの研究と試食のためです。

イカオ・アコではマングローブ林と共生しながら、カニの養殖をしています。マッド・クラブという種類です。

これと同じ種類が海外から日本に輸入されています。
われわれのカニも輸入できれば、大きなビジネスにつながります。

そこでズワイガニとマッド・クラブで味がどう違うのかを確かめに来ました。

オスのほうをズワイガニというらしい。
写真のほかに「焼きズワイガニ」もありましたが、写真を撮影する前にがっついてしまいました。香ばしくて旨かったです。

ズワイガニ



ズワイはあっさりしていますね。マッド・クラブのほうが味が濃いです。ポン酢に合うのはズワイでしょうね。

殻はマッド・クラブのほうがはるかに固いです。かなづちがないとマッド・クラブは食べられません。うーん、食べるのに苦労します。

でも金額は輸入したとしても、マッド・クラブのほうがはるかに安いかな。

● カレンダー購入でストリートチルドレン支援を
  詳細は12月3日の記事を見てください。
  購入はこちらから。

●現地駐在員を募集します。詳しくは1月6日の記事を見てください。

●第37回植樹ツアーは2007年2月18日から25日です。

詳細はこちらから。
* テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ *
ボランティア貯金の監査が終わりました 
2006.12.17.Sun / 10:26 
 
この仕事もNGOにとっては欠かせない大事な仕事です。

ボランティア貯金の助成金を受け、カニの養殖の事業を進めてきました。3年間の事業期間を終えましたので、相手方から監査を受けます。

予定通り、事業を進めたのか、チェックを受けるわけですね。

12月1日(金)に日本のオフィスで国内向けの監査が行われました。日本郵政公社の方が来られたのではなく、委託を受けた青年海外協力協会の方が来られました。

2時間弱のヒアリングを受けました。

さらに同じ方が12月16日にフィリピンの現地に視察のため来られました。現地の駐在員2名が対応してくれて、無事終了したというメールをもらい、ほっとしています。

現地駐在の二人


カニの養殖が気になる方は、過去の記事を見てください。

監査に関わった皆様、お疲れ様でした。

まずは、報告まで



● カレンダー購入でストリートチルドレン支援を
  詳細は12月3日の記事を見てください。
  購入はこちらから。

表紙 1月 11月

* テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア *
プロフィール
Ikao Ako Logo

次の世代にもすばらしい環境を残しましょう(^_^)あなたもマングローブの植樹に参加しませんか?


『イカオ・アコ まぐまぐ!メルマガ』
メルアドを入力してボタンを押すと登録できます。

イカオ・アコ

Author:イカオ・アコ

カウンター
月別アーカイブ
CopyRight 2006 星の輝く南の海へ マングローブ隊が行く   All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。